※本記事にはプロモーションが含まれます。

家づくり基本の「キ」

新築注文住宅「後悔ばかりです」|あるある後悔20選

 

私のInstagramはこちら

 

新築注文住宅を建てる際に、絶対にしたく無いのが「後悔」です。

 

人生で間違いなく一番高い買い物、合計数千万円というお金が掛かる新築注文住宅。

こんな高いお金を払って買うのですから、後悔は絶対に嫌ですよね。

 

しかし、現実というのは甘くはなく、ほぼ全ての施主さんが家を建てた後に何かしらの後悔を感じています。

そこで今回は、新築注文住宅のあるある後悔20選をお伝えしていきます。

 

合わせて、記事の後半には後悔しないための方法についてもお話ししていますので、注文住宅で後悔したくない方は、ぜひ参考にされてください。

 

※あなたオリジナルの間取り・見積もり作成を無料ネットオーダーしてみませんか?

 ↑ あなただけの間取り・見積もりが届く!

無料のネットオーダーで…

  1. 注文住宅を安く建てられる!
  2. 理想の間取りが見つかる!
  3. 営業マンと会わずに済む!

\ 無料・かんたん3分・ネット完結 

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

新築注文住宅で後悔ばかり…あるある後悔20選

 

それでは早速、新築注文住宅のあるある後悔20選を発表します!

20選のうち15選は、いろんな施主さんが後悔しているみんなのあるある後悔を、残りの5選は私自身の後悔ポイントをお伝えします。

 

みんなのあるある後悔15選!

まずは、多くの施主さんが共通して感じているあるある後悔15選です。

こちらの項目は本当に良くある失敗事例なので、同じ後悔をしないように気をつけてください。

 

みんなの後悔①土地選びの失敗

注文住宅で最も危険な後悔は、土地選びの失敗に関する後悔です。

 

注文住宅は、一度建てると簡単には引っ越しできません。でも、土地に関する失敗は真剣に引っ越したいと思うレベルの後悔につながります。

 

そのため、土地選びは決しておろそかにせず、全力で取り組む必要があります。

 

土地選びの失敗・後悔事例はこちらからCHECK!
関連記事
土地選びでやってしまった失敗・後悔|取り返しのつかない落とし穴20選

続きを見る

 

みんなの後悔②返済計画の失敗

土地の次に危険な後悔が、返済計画の失敗です。

 

注文住宅を買う際は、やはり自分の思い通りの家を建てたいという思いが強いので、ついついやりたいことを詰め込んで予算オーバーになりがちです。

 

そして予算オーバーのままおうちの契約を結ぶと、毎月のローンの支払いが苦しくなって後から後悔することになります。そんなことにならないように、余裕を持った無理のない返済計画にすることが大事です。

 

なんと先輩施主さんの9割が予算オーバーしており、その平均額は644万円!詳しくは、こちらの記事で。
関連記事
【注文住宅】予算オーバーの平均額は644万円【90%が予算オーバー】

続きを見る

 

みんなの後悔③メンテナンス費用が高額

注文住宅は建てて終わりではなく、住み始めてからも色々とメンテナンス費用が掛かります。

住んでから10年も建てば、屋根や壁なども傷んでくるので、修理や再塗装が必要な場面も出てきます。

 

また、大抵の家電製品は耐久年数10年くらいで設計されているので、10年経ったらエアコンや給湯器、トイレなども身銭を切って買い換えなければなりません。

 

そのため、想像以上に家のメンテナンスにお金が掛かり、後悔してしまうことがあります。

おうちの維持にもお金が掛かる!

 

みんなの後悔④固定資産税がきつい

またまたお金の話にはなってしまいますが、家を買うと毎年固定資産税というものがかかります。

こちらも金額にすると毎年10万円を超えるかなり大きな出費になります。

 

この固定資産税があるかどうかは、賃貸と持ち家の大きな違いです。

維持費も掛かる上に毎年の固定資産税の支払いも必要となり、お金関係の悩みは尽きません。

 

みんなの後悔⑤隣人トラブル

注文住宅は簡単に引っ越せないので、隣人トラブルも大きな後悔の原因になります。

 

例えば、下記のような点がトラブルにつながりやすいです。

  • 家の工事中の作業の仕方や騒音
  • 土地の境界に関するトラブル
  • 騒ぎ声、楽器、室外機などの騒音
  • 車や駐車場に関する問題
  • ペット関係のトラブル
  • 近所の住人がクレーマー体質
正直、運要素かなり多めだよね。

 

隣人トラブルに関してはこちら側の努力で100%回避することは難しいですが、こちらもお隣さんへの配慮を忘れないようにするなどして、できる限りトラブルに巻き込まれないように注意しておく必要があります。

 

みんなの後悔⑥外観がイメージと違った

注文住宅で意外と多いのが、外観に関する後悔です。

やはり人間は見栄えも気にする生き物なので、外観が平凡だったり安っぽく見えると、後悔につながります。

 

ここは気になる人にとっては思いのほか精神的にダメージを受けるところなので、外観を重視したい人は妥協しない方が良いです。

 

みんなの後悔⑦庭・外構の手入れが大変

庭が広かったり植栽が多かったりすると、庭・外構の手入れがとても大変になります。

家の周りに植物があると見た目はとても良くなりますが、雑草や落ち葉など掃除が大変ですし、将来的には剪定も必要になります。

 

暑い時期や寒い時期の外での作業は特に辛いので、庭・外構の手入れが大変なことも後悔ポイントの一つになります。

 

我が家も天然芝のお手入れが手間で…。夏はすぐに伸びる。
関連記事
【外構】天然芝VS人工芝|どっちが優秀?徹底比較してみた

続きを見る

 

みんなの後悔⑧空調関係の失敗

空調関係の失敗も、注文住宅のあるあるです。

 

例えば、下記のような失敗があります。

  • 家の断熱性能が悪く電気代が高い
  • 吹き抜けにしたらエアコンの効きが悪い
  • エアコンのない場所が暑い・寒い
  • 全館空調システムがイメージほど快適ではなかった

 

空調の効き具合はなかなか想像するのが難しいので、暑い時期や寒い時期にハウスメーカーの宿泊体験をして確認するのがオススメです。

空調関係は、体感が一番!

 

みんなの後悔⑨設備関係の失敗

日常生活に欠かせないおうちの設備も、後悔しやすいポイントです。

 

設備関係の失敗は、例えば下記のような例があります。

  • 海外製の食洗機が使いづらい
  • 照明の色がイメージと違う
  • エコキュートの水圧が思ったより弱い
  • コンロの数が2口だと少なかった

 

高い設備で失敗すると簡単に買い替えとはいきませんので、設備選びも慎重に行いたいです。

 

みんなの後悔⑩オプションの採用・不採用

注文住宅は自由に家を建てられるので、オプションを採用して自分好みに仕上げることが可能です。

 

しかし、このオプション選びは結構難しく、下記の2つの後悔が混在しています。

  • これはいらなかった、無駄なお金だった
  • これはいれといた方が良かった、安い買い物だった

 

このように、自分の思った通りのオプションにするのは想像以上にハードルが高いので、いるもの・いらないものを真剣に吟味しながら選んでいく必要があります。

 

私が採用して良かったと思うオプションは以下にまとめているよ!
関連記事
【注文住宅】オプションおすすめランキングBEST10【費用も公開】

続きを見る

 

みんなの後悔⑪生活動線の失敗

日々の生活動線に不便な点があると、地味にストレスを感じてしまいます。

 

生活動線の失敗事例は、下記のようなものがあります。

  • キッチンと洗濯機が遠く家事の両立が大変
  • 玄関からリビングが丸見え
  • 水回りを2階にしたら、帰宅後の手洗いが大変
  • 玄関とキッチンが遠く、荷物を運ぶのが大変
  • リビングを通らないとお風呂にいけない

 

生活動線は毎日のことなので、より良い生活動線になるよう、しっかりと間取りを考えていきたいです。

 

みんなの後悔⑫生活音の配慮不足

家の中での生活音の配慮不足も、後悔の原因に繋がります。

特に後悔につながりやすいのが、寝室に他の部屋の音が聞こえることです。

 

寝室とトイレやリビングが隣だったりすると、音関係の後悔をしやすくなります。

家族間の生活音もストレスの原因になりますので、生活音への配慮も要チェックです。

特に2世帯住宅は生活リズムが合わないから注意だよ。

 

みんなの後悔⑬トイレの場所と数

トイレの場所と数も、後悔ポイントになりやすいです。

先ほどの話とは逆ですが、寝室とトイレが遠すぎると、寝ている時にトイレに行きたくなった時に不便ですし、途中に階段などがあれば寝ぼけている状態で通るので危険です。

 

また、リビングとトイレが近いと、来客時にトイレに行きづらいということもおきます。

トイレはプライバシーにも関わる最も繊細な場所なので、どこに配置するかはしっかりと考えるようにしましょう。

 

みんなの後悔⑭収納関係の失敗

収納関係で失敗すると、家の中が散らかる原因になります。

なので、収納スペースの位置・場所をしっかりと考えて、使い勝手の良い収納にしていきたいです。

 

ちなみに収納関係では、ファミリークローゼットがトレンドになっており、採用している人が増えています。

ファミクロに関しては実際に使用している方の評価も高く、便利との声が多数上がっています。

 

そのため、ファミクロを付けなかったことを後悔している人が結構いるので、ファミクロはぜひ検討したい間取りの一つです。

ファミクロのメリット・デメリットはこちらの記事で!
関連記事
ファミリークローゼットの広さは何帖が良い?メリット・デメリットも解説

続きを見る

 

みんなの後悔⑮コンセント関係の不満

コンセントの不足や位置など、コンセントに関する不満も良くある後悔ポイントです。

住み始めてから思った場所にコンセントがないとかなり不便で、後から増やすのも難しいです。

 

また、部屋の模様替えなどにより、当初の予定とは違った位置にコンセントが必要になることもあります。

コンセント関係の後悔の大半は足りなくて困ることなので、コンセントは余裕を持って多めに付けておくことをオススメします。

 

私の後悔5選…

 

ここからは、私の後悔ポイント5選をお伝えします。

後悔0を目指したんだけど、パーフェクトは難しいね。笑

 

わたしの後悔①洗面室にエアコンがない

わが家は洗面室を約5畳と広くして何でもできるようにしたのですが、洗面室にエアコンを付けなかったことを後悔しています。

冬はお化粧など長時間使用するシーンでは寒く感じますし、夏のドライヤーは汗だくになります。

 

広い洗面室はメリットがたくさんあって良かったと思っているのですが、空調もできる部屋にしておけば完璧でした!

 

広い洗面所のメリットはこちらの記事でお話ししていますので、良かったらどうぞ!
関連記事
我が家の洗面所は約5畳|広い洗面所にして良かったこと一覧

続きを見る

 

私の後悔②和室が一部屋欲しかった

わが家は和室なしの家を建てたのですが、やはり和室は一部屋欲しかったと後悔しています。

 

その理由が、こちらです。

  • 子育て中に使いたいシーンが多い
  • 3人目ができた時に子供部屋が足りない
  • 老後の寝室にできた
  • 来客対応に使えた

このように和室はいろいろな用途で使えるので、あったらとても便利だったのになと良く思っています。

 

和室なしの後悔ポイントについてはこちらで詳しくお話ししています。
関連記事
和室なしで後悔したこと4選|すべて洋室の家で暮らしてみて

続きを見る

 

私の後悔③LDKの明るさが足りない

わが家ではLDKを暗めのムーディーな感じにしたかったのですが、その夢が叶った反面、少し明るさが足りなくて後悔している部分があります。

 

明るさが足りなくなった原因は、主に下記の3つです。

  • ハウスメーカーの提案を採用せず、ダウンライトをつけなかった
  • 照明の色を電球色にした
  • LDKのクロスの色が白ではなかった

 

やはりプロの提案を採用しないことは、それなりのリスクを伴います。

また、LDKのクロスの色を白以外にすると思ったよりも暗くなるので、白以外の色を採用する場合も注意が必要です。

 

私の後悔④壁掛けテレビのアーム固定

スッキリさせるためにLDKのテレビを壁掛けにしたまでは良かったのですが、アームを固定にしたのが失敗でした。

アームを固定にするとテレビの角度が変えられないので、ダイニング方面から見たときにかなり斜めの角度から見る状態になってしまいました。

 

アームはプラス2万円で角度調整ができるタイプに変えれたのですが、それをしなかったことが後悔ポイントとなりました…。

 

テレビの角度を変えれないと想像以上に不便ですので、壁掛けテレビを検討中の方は角度調整できるタイプのものをオススメします。

2万円の節約が大きな後悔に……。

 

▼壁掛けテレビは高さを失敗してしまう人がとても多いです

関連記事
壁掛けテレビの高さ|65インチは床から100cmがおすすめ【ブログ】

続きを見る

 

私の後悔⑤深く考えずに植えたシンボルツリー

外観の見栄えを良くしたくてシンボルツリーを植えたけど、完成直前に引っこ抜いて撤去する事態になりました。

撤去した理由は、植えた位置が隣との境界付近で、落ち葉で迷惑を掛けてしまうと判断したからです。

 

このようにシンボルツリーは思わぬリスクがありますので、採用の際には注意が必要です。

 

シンボルツリーで大後悔した詳細は、こちらの記事で。
関連記事
シンボルツリーで大後悔|工事完了直前に引っこ抜いてしまった話

続きを見る

 

あなたが後悔しないためにできること・すべきこと

 

ここまで、注文住宅に関する様々な後悔を確認してきました。

どれも、絶対にしたくない後悔ばかりですよね。

 

そこで最後に、家づくりで後悔しないためにできること・すべきことを、3つほどあなたにお伝えします。

 

後悔しないためにできること①絶対に妥協しないと決意する

まず一番始めにやってほしいのが、「自分は絶対に後悔しない家を建てる」と決意することです。

 

長く厳しい注文住宅の完成までの道のり、途中、あまりの大変さに気持ちが折れてついつい妥協したくなることがたくさんあります。

しかし、初めての注文住宅の場合、絶対に後悔しないと決意して家を建てても、必ず何かしらの後悔が出てきます。

 

絶対に後悔しないと決意してもこうなるので、そこに妥協の気持ちが入ると本当に後悔だらけの家になりかねません。

そのため、後悔しない家づくりにするとしっかり決意して、注文住宅完成までの道のりを歩いていくことが大事です。

 

後悔しないためにできること②先輩施主さんの後悔事例を徹底チェックする

最近はインターネットのお陰で、先輩施主さんの後悔事例を簡単に知ることができるようになりました。

 

私自身もこのブログやインスタグラムでたくさん後悔事例をお話ししていますし、他にもたくさんの先輩施主さんがその事例をネットにアップしてくれています。

 

そのため、超貴重な情報である先輩施主さんの後悔事例を徹底チェックして、どんなところでみんなが後悔しているのかを把握することが大切です。

先輩施主さんの貴重な情報を、無駄にしないようにね。

 

後悔しないためにできること③複数社を比較検討する

後悔しない家づくりをするためには、複数のハウスメーカーを比較検討することも大事です。

一社検討だけだと、本当にそれで良いのかどうか分かりません。

 

金額面でも仕様面でも、複数社を比較検討することによって、より自分に最適なプランが見つかります。

 

いろんな会社を比較しながら、自分にとってぴったりのマイホームに辿り着きたいですね。
関連記事
【注文住宅】相見積もりを取らないことで発生するリスクとは

続きを見る

 

まとめ:先人たちの後悔ポイントをたくさん知ることが大事

本記事のまとめです。

 

みんなのあるある後悔15選!

  1. 土地選びの失敗
  2. 返済計画の失敗
  3. メンテナンス費用が高額
  4. 固定資産税がきつい
  5. 隣人トラブル
  6. 外観がイメージと違った
  7. 庭・外構の手入れが大変
  8. 空調関係の失敗
  9. 設備関係の失敗
  10. オプションの採用・不採用
  11. 生活動線の失敗
  12. 生活音の配慮不足
  13. トイレの場所と数
  14. 収納関係の失敗
  15. コンセント関係の不満

 

私の後悔5選!

  1. 洗面室にエアコンがない
  2. 和室が一部屋欲しかった
  3. LDKの明るさが足りない
  4. 壁掛けテレビのアーム固定
  5. シンボルツリーを植えたけど抜いた

 

後悔しないためにすべきこと

  1. 後悔しない家を建てると決意する
  2. 先輩施主さんの後悔事例を徹底チェックする
  3. 複数社を比較検討する

 

たくさんの熱い気持ちと時間とお金をかけた夢のマイホームなのに、住んでから後悔するようなことになったら本当に嫌ですよね。

このページでお伝えした後悔ポイントをしっかりとチェックして、後悔のない家づくりを進めていってください。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約1,000社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

 

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ家づくり

-家づくり基本の「キ」

© 2024 チューモンズー