※本記事にはプロモーションが含まれます。

間取りのアイデア

「勾配天井はやめたほうがいい」と言われる5つの理由

 

Instagramはこちらから

 

注文住宅のプランを考えるとき、勾配天井を検討するケースは多いのではないでしょうか?

 

勾配天井は、ハウスメーカーのモデルハウスで採用されていることも多く、憧れる人は多いはずです。

おしゃれで開放感もあるし、魅力的なイメージ!

 

しかし、「勾配天井はやめたほうがいい」という意見を耳にすることも少なくありません。

そこで今回は、「勾配天井はやめたほうがいい」と言われてしまうのはなぜなのか、理由を明らかにしていきたいと思います。

 

家づくりにおいて勾配天井を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

※あなたオリジナルの間取り・見積もり作成を無料ネットオーダーしてみませんか?

 ↑ あなただけの間取り・見積もりが届く!

無料のネットオーダーで…

  1. 注文住宅を安く建てられる!
  2. 理想の間取りが見つかる!
  3. 営業マンと会わずに済む!

\ 無料・かんたん3分・ネット完結 

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

勾配天井は人気が高い間取りです

 

 

実際、勾配天井は人気が高く、メリットもいろいろあります。

例えば、以下のようなメリットが挙げられます。

 

  • 開放感があり室内が広く感じる
  • 採光が取りやすく室内が明るくなる
  • ロフトを設けられる
  • 風通しがよくなる

勾配天井は、なんといっても室内に広がる開放感が特に魅力的な部分といえるでしょう。

 

勾配天井にすることで、一般的な天井に比べて天井高が高くなり、圧迫感が無くなります。

 

それにより、開放感以外にも、部屋が明るくなったり風通しがよくなったりロフトを設けて空間を有効活用したりすることもできるので、たくさんのメリットが得られるでしょう。

いろんなメリットがありそうだね!

 

このような理由から、勾配天井は非常に人気の高い間取りとなっています。

 

ではなぜ「勾配天井はやめたほうがいい」と言われるのか?

 

一見メリットが多く魅力的に感じる勾配天井ですが、なぜ「やめたほうがいい」と言われてしまうのでしょうか?

 

それは、勾配天井には、実は見落としやすいデメリットやリスクが存在するからです。

ここでは、「勾配天井はやめたほうがいい」と言われる5つの理由について、解説していきます。

 

「勾配天井はやめたほうがいい」と言われる理由

  • 高所のメンテナンスが困難
  • コストがかかる
  • 冷房や暖房が効きにくい
  • 照明の設置が難しい
  • 断熱性が低くなる

 

やめたほうがいい理由①高所のメンテナンスが困難

勾配天井にすると、高所のメンテナンスが困難になるというデメリットがあります。

一般的な天井に比べて、勾配天井はかなり高さが出るため、一番高い部分は大人が脚立を利用しても届かないケースが多くなっています。

 

高い位置に設けた窓の掃除や、溜まったホコリの除去、照明器具のメンテナンスなどが困難になる可能性は高いでしょう。

 

結局十分なメンテナンスを後回しにしてしまい、勾配天井を見上げるとホコリまみれなんてこともよくあるので、注意が必要です。

せっかく開放的できれいな空間に憧れてたのに、ホコリまみれな現実は避けたいね。

 

やめたほうがいい理由②コストがかかる

勾配天井は、一般的な天井と比較して建築コストがかかるという点も、見落としてはいけません。

勾配天井にすることで天井そのものの面積が通常よりも大きくなるため、単純に材料費が高くなってしまいます。

 

さらに、高所での作業が必要となってしまうので、足場代や人件費もかさんでしまうでしょう。

普通の天井から勾配天井にするだけで結構コストがかかっちゃうんだね。

 

勾配天井を検討するなら、高いコストをかけてでも取り入れる価値があるかどうかをよく考えたほうがよさそうです。

 

やめたほうがいい理由③冷房や暖房が効きにくい

勾配天井を取り入れた部屋では、冷房や暖房が効きにくくなってしまうので注意が必要です。

勾配天井によって部屋全体の空間が広くなると、当然ながら冷暖房はより強いパワーが必要とされます。

 

そのため、通常通りにエアコンを作動させてもなかなか全体が涼しくならなかったり温まらなかったりしてしまうという問題が生じてくるでしょう。

エアコンが効きにくいと電気代も高くなりがちだよね!

 

勾配天井の部屋で冷暖房をしっかり効かせるためには、シーリングファンを利用して室内の空気を循環させるなどの対策を考えたほうがよいかもしれません。

 

▼勾配天井は全館空調との相性が抜群です

関連記事
全館空調をウリにしているハウスメーカー厳選おすすめ5選!

続きを見る

関連記事
【全館空調VS個別エアコン】超比較!あらゆる観点から勝負させてみた

続きを見る

 

やめたほうがいい理由④照明の設置が難しい

勾配天井で見落としがちなのが、照明をどのように設置するかというポイントです。

一般的な天井よりも天井の位置が高くなることから、通常の照明器具をつけるだけでは、明るさが足りなくなってしまう可能性があります。

 

また、天井が斜めになっているため、そのまま天井に照明器具を取り付けると、室内の明るさにムラができてしまう可能性もあるでしょう。

 

ワイヤーで吊るすタイプの照明器具を設置するケースも少なくありませんが、ホコリがたまりやすかったり、地震のときのことを考えると不安になってしまったりという問題も無視できません。

確かに天井が高くて斜めになってると、どうやって照明をつければいいか悩んじゃいそう。

 

このように、照明の設置の仕方で悩んでしまうという点も、「勾配天井はやめたほうがいい」と言われる理由の1つとして挙げられるでしょう。

 

やめたほうがいい理由⑤断熱性が低くなる

勾配天井にすることで、家の断熱性が低くなってしまう可能性もあるので、事前に理解しておいたほうがよいでしょう。

 

本来なら、天井の裏側に断熱材を取り入れるケースが一般的ですが、勾配天井では天井の裏側に十分なスペースが確保できず、十分な断熱材が取り入れられなくなってしまう可能性が高くなります。

 

そのため、取り入れる断熱材の量や厚みが制限されてしまい、家全体の断熱性に影響してしまうということです。

前述の通り、勾配天井の部屋では冷房や暖房も効きにくくなるという特徴もあるので、夏は暑く冬は寒いといった最悪のコンディションになってしまうかもしれません。

 

勾配天井にするなら、これらの問題をカバーできる建築技術を持っているところに依頼することが、後悔を防ぐためには重要となってくるでしょう。

 

▼断熱性能が高いハウスメーカーランキングBEST5

関連記事
ハウスメーカー断熱性能ランキングBEST5!1位はあの会社…!

続きを見る

 

勾配天井の具体的な費用

 

勾配天井を検討する人にとって、どのくらい費用がかかるのかということも気になるポイントでしょう。

 

勾配天井の費用相場は、実際に施工するメーカーによっても大きく異なりますが、だいたい坪単価プラス3~5万円程度であることが多いようです。

 

例えば、勾配天井にする部分がだいたい8坪である場合、24~40万円程度の費用がプラスでかかると思っておくとよいでしょう。

ちなみに我が家は、勾配天井ではなく折り上げ天井を採用して60万円もの費用がかかりました…!

 

1階リビングで勾配天井って可能?

 

勾配天井に関してよくある疑問が、「1階リビングを勾配天井にすることは可能かどうか」というものです。

結論を述べるとすれば、平屋ではない限り1階リビングを勾配天井にするのは難しいといえるでしょう。

 

なぜなら、上の階が存在する状況で1階リビングを勾配天井にするためには、傾斜をつけるため天井の厚みが必要となるからです。

そのため、開放感が得られるほどの傾斜を1階の天井につけるのは現実的ではありません。

 

どうしても1階リビングの開放感が欲しいなら、吹き抜けを設けたり、リビングを2階に配置して勾配天井にしたりするなどの工夫を検討してみましょう。

勾配天井以外の方法を考えてみよう!

 

まとめ:開放感VS費用面・光熱費|どっちをとるか

 

人気が高まりつつある勾配天井は、確かにメリットも多々あり魅力的に見える人は多いかと思います。

しかし、「勾配天井はやめたほうがいい」という声を耳にすると、本当に勾配天井にするべきか悩んでしまう人も多いでしょう。

 

今回は、「勾配天井はやめたほうがいい」と言われる理由について、5つの項目を挙げて解説してきました。

これらのデメリットを把握したうえで、もう一度改めて勾配天井にするか考えてみるとよいでしょう。

 

良い面・悪い面をしっかり考慮し、後悔しないマイホームを完成させてくださいね。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約1,000社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

 

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ家づくり

-間取りのアイデア

© 2024 チューモンズー