※本記事にはプロモーションが含まれます。

家づくり基本の「キ」

新築にいらない設備15選|あわせて400万円分減額できる

 

私のInstagramはこちら

 

注文住宅を建てる際、特に判断が難しいポイントともいえるのが、取り入れる設備を選ぶことです。

 

実際に家が完成して住み始めてから、「この設備は無くてもよかった」「この設備をつけておけばよかった」などと後悔するケースは少なくありません。

お金かけて採用したけど無駄だったな~なんてパターン、結構あるあるらしいよ!

 

そこで今回は、新築にいらない15の設備を厳選して紹介していきます。

これらの設備を除くことでどのくらい費用を浮かせることができるのかについても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

※あなたオリジナルの間取り・見積もり作成を無料ネットオーダーしてみませんか?

 ↑ あなただけの間取り・見積もりが届く!

無料のネットオーダーで…

  1. 注文住宅を安く建てられる!
  2. 理想の間取りが見つかる!
  3. 営業マンと会わずに済む!

\ 無料・かんたん3分・ネット完結 

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

新築にいらない設備15選

さっそく、新築にいらない15の設備を順番に紹介していきます。

 

ここで紹介する設備を把握しておくことで、無駄のない家づくりのプランを立てていきましょう。

それぞれどのくらい費用を浮かせられるかも解説していくよ!

 

新築にいらない設備15選

  1. 床下収納
  2. 防犯シャッター
  3. 和室
  4. 書斎
  5. ジェットバス
  6. ミストサウナ
  7. 浴室の窓
  8. ベランダ
  9. 電動カーテン
  10. ロフト
  11. ホームシアター
  12. 天窓
  13. 門扉
  14. 玄関前テラス
  15. 植栽

 

いらない設備①床下収納

浮く費用:10~15万円程度

 

収納スペースはできるだけたくさん確保しようと思って床下収納を取り入れる人は少なくありませんが、実際にはほとんど使われていないケースが非常に多いです。

床下収納がいらない最大の理由は、単純に使いにくいからです。

 

床下収納の扉は、頻繁にものを出し入れするには重たく、開け閉めするだけで体力を奪われます。

 

また、収納の大きさも中途半端で思ったよりも量が入らない点や、閉めておくと中身が見えないので何を入れたか忘れてしまう点なども、使いにくさを感じやすいポイントです。

頻繁に使うには使い勝手が悪いし、たまに使うにしても何を入れたか分かんなくなるんだよね…。

 

収納スペースは、床下収納をなくしてもほかのスペースで十分補えるケースがほとんどなので、わざわざ取り入れなくてもよいでしょう。

 

いらない設備②防犯シャッター

浮く費用:1か所あたり5万円程度

 

防犯面を心配してすべての窓にシャッターを取り付ける人もいますが、実際にはいらなかったと後悔しやすい設備といえるでしょう。

 

なぜなら、開け閉めが面倒なうえ、閉めていると一切外の光が入らず真っ暗になるため、結局ほとんど開けっ放しになってしまう人が多いからです。

シャッターって結構重たいし毎日開け閉めするのがだんだん面倒になってくるんだよね。

 

防犯シャッターがなくても、窓ガラス自体を防犯性の高いものにしておけば、十分しっかりとした防犯対策になります。

 

いらない設備③和室

浮く費用:10~20万円程度

 

リビングの横などに小さめの和室を設ける事例はよくありますが、実際はあまり使われないケースが多くなっています。

 

理由としては、フローリングに比べてメンテナンスの手間がかかる点や、家具を置くのも制限されてしまう点などが考えられるでしょう。

よく考えたら別になくても困らないかも!

 

和室スペースが欲しい場合は、フローリングの上に畳風のカーペットなどを敷いて代用したほうが、費用もメンテナンスの手間もかからないのでおすすめです。

 

いらない設備④書斎

浮く費用:10万円程度

 

仕事や読書などをするためのスペースとして、書斎を設けることに憧れる人は多いかもしれません。

 

しかし、書斎は思ったよりも使用頻度が低いことが多く、別の空間として活用すればよかったと後悔しやすい設備といえるでしょう。

 

実際、リモートワークならリビングや別の個室で行うことができるので、結局書斎は荷物置き場と化してしまいがちです。

 

いらない設備⑤ジェットバス

浮く費用:30万円程度

 

浴室のジェットバスは、取り付けてみたもののほとんど使っていない人のほうが多い可能性があります。

これぞ無駄になってしまう設備の典型的なパターン!

 

ショールームなどでジェットバス付きのお風呂を見るとついつい欲しくなってしまいがちですが、実際に電気代や掃除の手間を考えるとやめておいたほうが無難かもしれません。

 

また、しばらく使わずにいて久しぶりに使おうとすると、大量に汚れが発生することもあるので、そうなるくらいなら初めから付けないほうがよいでしょう。

 

いらない設備⑥ミストサウナ

浮く費用:30万円程度

 

浴室内のミストサウナも、結局使われなくなる可能性が高いので、いらない設備として挙げられるでしょう。

 

実際のところ、ミストサウナを毎日使うほどお風呂に時間をかけられる人は少なく、使えばその分電気代もかかってしまいます。

 

たまに使う程度なら、自宅にミストサウナを付けるよりも、時々外のサウナに出かけたほうが満足感を得られるかもしれません。

 

いらない設備⑦浴室の窓

浮く費用:10万円程度

 

浴室関係の設備が続きますが、浴室の窓もいらない設備として挙げられます。

なぜなら、浴室の換気のために窓を設けるのであれば、換気扇や浴室乾燥機などがあれば十分で、結局窓を閉めっ放しにしてしまう人が多いからです。

 

さらに、浴室に窓を設けると、窓の手前やサッシにホコリが溜まりやすくなり、掃除の手間も増えてしまいます。

 

いらない設備⑧ベランダ

浮く費用:50万円程度

 

意外に思う人も多いかもしれませんが、ベランダは必ずしも設置しなければいけない設備ではありません。

 

洗濯物なら浴室乾燥や室内干し設備を活用すれば十分ですし、雨や風によってすぐに汚れるため衛生面においてもないほうが無難でしょう。

 

ベランダをなくせばその分家の中を広くできたり、ほかの設備を充実させたりできるので、メリットはたくさんあります。

外観の見た目もスッキリするよ!

 

いらない設備⑨電動カーテン

浮く費用:1か所あたり5万円程度

 

リモコンを使って自動で開け閉めすることができる電動カーテンは、いらなかったと感じる人が多いでしょう。

 

なぜなら、カーテンの開け閉めは手動で行っても大して大変な作業ではないからです。

 

カーテンは軽いので片手で一瞬で開け閉めできますし、電動カーテンのない家に住んでいる人が「電動にすればよかった」と感じるケースはほぼありません。

 

いらない設備⑩ロフト

浮く費用:50万円程度

 

何かと便利そうなロフトですが、意外とデメリットが多いということを知っておいたほうがよいでしょう。

 

例えば、物置きスペースとして活用しようとしても、実際には上るのが大変で物を運びにくくて結局あまり使わないといったケースは少なくありません。

 

また、趣味などを楽しむスペースにしようとしても、ロフトはエアコンが効きにくく、全然快適に過ごせなくて後悔したという人も多いでしょう。

天井も低いし何に使おうとしても不便!

 

いらない設備⑪ホームシアター

浮く費用:80万円程度

 

大画面で映像を楽しめるホームシアターは、自宅で映画館気分を味わえることから憧れる人も多いかもしれません。

 

しかし、実際のところ住み始めてからしばらく経つとだんだん使わなくなるケースは多く、しまいには邪魔になってしまう可能性すら考えられます。

 

ホームシアターを導入すると簡単に家具の配置を変更することもできなくなってしまうので、いずれ後悔することになるくらいなら初めからなくしておいたほうがよいでしょう。

 

いらない設備⑫天窓

浮く費用:30万円程度

 

家の中に外の光を取り込み明るい空間にすることができる天窓は、一見よさそうに見えますが、なくても後悔する可能性は低いでしょう。

 

実際のところ、天窓を設けると日光が直接室内に入りすぎて眩しかったり、位置が高すぎて掃除ができなかったりと、デメリットが多くあります。

 

そのため、天窓はなくしておいたほうが快適に過ごせるかもしれません。

 

いらない設備⑬門扉

浮く費用:30万円程度

 

家の敷地に出入りする位置に設ける門扉は、いらなかったと感じやすい設備といえるでしょう。

なぜなら、毎回出かける度に開け閉めするのが面倒に感じてしまうケースが少なくないからです。

 

荷物をたくさん持っているときや、子供と一緒に出かけるときなど、両手がふさがっているときは特に、玄関ドアとは別でもう1つ扉を開け閉めするのは大変に感じてしまいます。

せっかく取り付けてもいらないどころか邪魔な存在に…。

 

防犯面が気になる場合は、玄関ドアに防犯性の高い鍵を設置したり玄関前に防犯カメラを設置したりするだけでも、同じくらいの効果は期待できるはずです。

 

いらない設備⑭玄関前テラス

浮く費用:30万円程度

 

玄関前のスペースを利用して、ちょっとしたテーブルやイスを置けるようなテラスを設けるプランはたまにありますが、実際に使っている人はかなり少数なので、やめておいたほうがよいでしょう。

 

玄関前テラスは、人が通る道に面しているケースも多いので、通行人からの目線が気になりゆっくりくつろげるような空間にするのは難しい可能性がかなり高いです。

確かによく考えると玄関前テラスでゆっくりコーヒー飲んでる人、あんまり見たことないかも。

 

そのため、玄関前テラスはやめてその分家の中を広くしたほうが、より充実感のある仕上がりになるでしょう。

 

いらない設備⑮植栽

浮く費用:1か所あたり5万円程度

 

家の外観をおしゃれに見せるために植栽を設けるケースもありますが、メンテナンスが大変になるため、よほどのガーデニング好きでない限りいらないでしょう。

 

初めは家をおしゃれにする効果を発揮していても、メンテナンスに手が回らず枯らしてしまえば、家全体がみすぼらしい見た目になってしまいむしろ逆効果になってしまうかもしれません。

自分でしっかり管理しなきゃいけないことを忘れてはいけないよ。

 

植栽をなくしても、あとからプランターなどを外に置いて植物を育てることは十分できるので、初めから家の敷地自体に植栽を設ける必要はないでしょう。

植栽をなくすと、5万円程度の費用は浮かせられるはずです。

 

本当に満足度が高かった設備5選【我が家の実例】

 

いらない設備がある一方で、実際に取り入れてみて本当に満足度が高かった設備ももちろんあります。

 

ここでは、特に採用してよかったと強く思った設備を5つ厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

▼個人的に採用して良かったオプションランキングBEST10

関連記事
【注文住宅】オプションおすすめランキングBEST10【費用も公開】

続きを見る

 

採用して良かった設備①海外製食洗機

キッチンでの作業でかなり重宝しているのが、海外製食洗器です。

日本製のものに比べて入れられる食器の量が多いので、家族全員分の食器に加えて、フライパンやまな板などの調理器具もすっぽりと入ります。

 

仕事に子育てに忙しい中、海外製食洗器のおかげで洗い物の手間が一気に軽くなると、気持ちにもゆとりが生まれますよ。

もう海外製食洗器のない生活には戻れない!

 

▼ボッシュ食洗機を1か月使ってみたのでレビューします

関連記事
ボッシュ食洗機レビュー|愛用している私が語るリアルな口コミ

続きを見る

 

採用して良かった設備②乾太くん

ガス衣類乾燥機の代表ともいえる乾太くんを採用したことで、洗濯物の家事ストレスがすべて解消されました。

 

乾太くんがあれば、いつでも好きな時間に洗濯物を乾かすことができるので、時間帯や天候を気にする必要がありません。

 

どうしても夜間に洗濯物を乾かしたいときや、梅雨のように雨が何日も続いているときなどは特に、乾太くんを採用してよかったと強く感じます。

自分の都合で洗濯物を乾かせるから超快適!

 

▼乾太くんは結構ちぢむよビフォーアフター|でも採用して良かった

関連記事
乾太くんはめっちゃ縮むよビフォー&アフター【写真あり】

続きを見る

 

採用して良かった設備③床暖房

床暖房をつけるかどうかで悩む人は多いかもしれませんが、個人的には床暖房があって本当によかったと思っているので、採用することをおすすめします。

 

部屋の面積が広くなるリビングなどでは特に、エアコンだけではなかなか部屋全体が温まりません。

そこで、床暖房があれば足元がすぐにポカポカと温まるので、体感温度が全然変わります。

実際に使ってみると快適さを実感できるはず!

 

冬の寒い時期でも快適に過ごしたいのであれば、床暖房を採用して後悔はないでしょう。

 

採用して良かった設備④防犯ガラス

防犯ガラスは、リアルに採用してよかったと思える設備です。

 

いらない設備で防犯シャッターを挙げましたが、シャッターや雨戸では家の中が真っ暗になってしまいます。

 

防犯ガラスを採用し、窓そのものの防犯性を高めれば、家の中が真っ暗になることもないですし、わざわざ開け閉めする手間もかかりません。

 

防犯面における安心感と、家の中での快適な空間づくりの両方を実現できる優れものなので、防犯ガラスは非常におすすめできます。

 

▼防犯ガラスとシャッター|どっちが優秀?

関連記事
防犯(強化)ガラスとシャッターをあらゆる観点から徹底比較!

続きを見る

 

採用して良かった設備⑤タッチレス水栓

手を触れずに水道から水を出せるタッチレス水栓は、実際に使ってみて改めてその利便性を実感した設備です。

 

特に、料理をしている途中で手を洗いたいとき、汚れた手で蛇口に触れなくてもよいのでとても使いやすさを感じられます。

料理中のちょっとしたストレスがなくなるよ!

 

また、コロナの影響により感染対策がより気になるようになった現代において、蛇口に触れずに手洗いを完結できるのは衛生的で、ますます魅力的に感じる人が増えているかもしれません。

 

まとめ:予算オーバーにならないよう思い切って「不採用」

 

今回は、注文住宅を建てる際に悩みがちな「いらない設備」について、15の例を挙げて解説してきました。

 

いらない設備は思い切って外すことで、大幅なコストダウンに繋がります。

そのため、必要性が低いと判断できそうなものは、プランから外す勇気も必要です。

 

迷ったときは、実際に新築住宅に住んでいるシーンを思い浮かべて、設備の必要性をリアルにイメージしてみましょう。

憧れだけではなく、今こそ冷静な判断ができるように意識してみてくださいね。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約1,000社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

 

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ家づくり

-家づくり基本の「キ」

© 2024 チューモンズー