家づくり基本の「キ」

注文住宅は世帯年収いくらから建てられる?ズバリ言います

 

>>私のInstagramがこちら

 

注文住宅を建てるにはどの程度の年収が必要なのか、気になっている人は多いのではないでしょうか?

初めて注文住宅を建てようとする人にとって、家を建てられる年収の基準は特に知りたいポイントですよね。

注文住宅は高年収じゃないと無理?

 

今回は、注文住宅を建てられる年収について、詳しく解説していきます。

注文住宅を検討中の人はもちろん、今すぐではなく将来的に注文住宅の購入を視野に入れている人も、ぜひ参考にしてみてください。

 

※あなたオリジナルの間取り・見積もり作成を無料ネットオーダーしてみませんか?

 ↑ あなただけの間取り・見積もりが届く!

無料のネットオーダーで…

  1. 注文住宅を安く建てられる!
  2. 理想の間取りが見つかる!
  3. 営業マンと会わずに済む!

\ 無料・かんたん3分・ネット完結 

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

注文住宅は世帯年収400万円から建てられます

注文住宅を実際に建てた人たちのデータから判断すると、注文住宅は世帯年収400万円から建てられるといえます。

あくまで目安ですけどね!

住宅金融支援機構が公表している利用者データによれば、実際に注文住宅を建てた世帯のうち、世帯年収400万円から600万円の世帯が最も多いという結果になっています。

(引用:2021年フラット35利用者調査データ)

全体の約4割が年収400~600万円の世帯なんだね!

もちろん、400万円の世帯年収というのはあくまでデータによる目安ではありますが、注文住宅を決断する際の1つの基準として把握しておきましょう。

 

世帯年収400万円でも建てられないことはある

しかし、世帯年収400万円だからといって必ずしも注文住宅を建てられるとは限りません。

注文住宅を建てられるかどうかは、年収だけで決まるわけではなく、ほかにもさまざまな要素が関わってくるからです。

 

ここでは、世帯年収400万円でも注文住宅を建てられないケースについて、5つの例を挙げて解説していきます。

世帯年収が400万円であるというだけで安心してしまうと、結果的に建てられず後悔する可能性もあるので、建てられないケースについてもここでしっかりと理解を深めておきましょう。

 

建てられない①高価格帯ハウスメーカーで建てる場合

高価格帯ハウスメーカーは建築費が高額であることが多いため、世帯年収400万円であっても建てられない可能性があります。

高い知名度を持ついわゆる大手ハウスメーカーなどがこれにあたり、高品質でハイグレードな家を建てられる分、建築費用も高額になりがちです。

高価格帯ハウスメーカーの一例

  • 積水ハウス
  • ヘーベルハウス
  • 三井ホーム
  • 住友林業

 

年収400万円の世帯が高価格帯ハウスメーカーで家を建てようとすると、取り入れたかった設備を諦めたり、もともとの希望よりも小さな家にしなければならなかったりと、妥協しなければならない点が複数出てきてしまうことが考えられます。

ハウスメーカーによってはあまり相手にされないかも…。

ハイグレードが特徴である高価格帯ハウスメーカーで家を建てても、結果として妥協点だらけの家になってしまえば、満足度は低くなってしまうかもしれないので、注意が必要です。

 

建てられない②住宅ローンが通らない場合

世帯年収400万円であっても、住宅ローンが通らなくて家を建てられなかったというケースは少なくありません。

注文住宅の購入では、ほとんどの人が住宅ローンを利用しますが、住宅ローンを組むためにはローン審査に通らなければなりません。

そして、住宅ローンの審査は、年収だけで判断されるものではなく、職業や勤続年数、年齢、過去の延滞履歴など、多数の項目によって審査されます。

ちなみに個人事業主は落ちやすい…。わが家もメガバンク・地銀で落ちました。

 

例えば、転職を繰り返していて勤続年数が極端に短い場合や、ローン完済時の年齢が定年を超えている場合、過去に公共料金や家賃の延滞履歴がある場合などは、年収が400万円あったとしても住宅ローンの審査に通りにくくなってしまいます。

住宅ローンを組んで注文住宅を購入しようとする場合は、年収以外の面も重要となることをきちんと理解しておきましょう。

 

建てられない③首都圏で土地なしから検討する場合

首都圏で土地なしの状態から注文住宅を検討する場合は、土地の購入費用が高額になることが考えられるため、世帯年収400万円でも家を建てられない可能性が高くなります。

世帯年収400万円という基準は、あくまで全国的なデータによるものです。

首都圏はとにかく土地代が高い!

 

土地代が比較的高額になる首都圏においては、必要となる世帯年収もより高くなると捉えておいたほうがよいでしょう。注文住宅の費用について考えるとき、家そのものの建築費用をイメージしがちで、土地に関する費用を見落としてしまう人は多いかもしれません。

既に土地を所有していない場合は、土地代も必要であることをしっかりと把握しておきましょう。

 

建てられない④平屋や二世帯住宅などを希望する場合

平屋や二世帯住宅などを希望する場合は、世帯年収400万円では建てるのが厳しい可能性があります。

平屋を建てる場合、通常よりも広い敷地が必要となるため、土地代が高額になってしまうためです。

二世帯はそれなりの広さや設備にお金がかかるよ!

 

平屋や二世帯住宅のように、やや特殊な家を希望する場合は、世帯年収400万円という基準は当てはまらないケースが多いので、注意が必要です。

 

建てられない⑤こだわりポイントが多い場合

理想の家に対するこだわりポイントが多い場合は、世帯年収400万円ですべてを実現することは難しいと思っておいたほうがよいでしょう。

あれもやりたい・これもやりたいでは、費用がかかりますからね。

 

例えば、趣味である音楽のために防音設備を整えた部屋を作りたい場合や、愛車を室内から眺められるガレージを作りたい場合のように、それなりの費用を要するこだわりが多ければ、それらを実現するための建築費用が高くなってしまいます。

年収400万円で家を建てる場合は、実現可能なこだわりポイントを予め絞り込んでおくようにしましょう。

 

世帯年収400万円以下は諦めるしかないの?

注文住宅を建てられる年収が400万円~となると、年収400万円未満の世帯は注文住宅を諦めるしかないと思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、世帯年収400万円未満でも、実際に注文住宅を建てられたケースは多くあります。よって、年収が基準に満たないからといってすぐに諦める必要はありません。

実際に、住宅金融支援機構が公表している利用者データによると、全体の約2割の世帯は年収400万円未満での注文住宅を実現しています。

(引用:2021年フラット35利用者調査データ)

この章では、年収400万円未満の世帯はどのようにすれば注文住宅を実現しやすくなるのか、5つのポイントを挙げて解説していきます。

「年収は高くないけれど注文住宅を諦めたくない!」と感じている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

年収400万円以下でもOK①間取りを工夫して建築費を抑える

間取りを工夫して家の建築費用を抑えることができれば、年収400万円未満の世帯でも注文住宅に手が届きやすくなります。

例えば、全体の部屋数を最小限にして壁を減らしたり、水回り設備を一箇所にまとめて配管工事の費用を抑えたりすることで、建築費を削減してみましょう。

間取りの工夫次第で、建築費用は大幅に削減できるはずです。

この辺りは住宅メーカーにもよく相談してみて!

 

年収400万円以下でもOK②旗竿地などの安い土地を選ぶ

旗竿地(はたさおち)などの安い土地を選ぶことで、土地代を安く抑える方法もあります。

旗竿地とは、道路に面した入口部分が狭く、家を建てる部分まで少し距離がある土地のことで、一般的な四角い形状の土地に比べると安く購入することが可能です。

車の出入りなどがやや不便にはなりますが、安く土地を手に入れることができれば、年収400万円未満でも注文住宅を建てられる可能性がぐっと高まるので、検討してみましょう。

▼良い土地と悪い土地の見極めポイント22

関連記事
良い土地か悪い土地か見極めるための超重要ポイント22選

続きを見る

 

年収400万円以下でもOK③都市部から離れたエリアに建てる

年収400万円未満の場合、都市部から離れたエリアに家を建てることで土地代を安く抑えるのもおすすめです。

交通の便がよい都市部ではどうしても土地代が高くなってしまいますが、エリアを都市部から遠ざけることで、土地代を大幅に抑えることが可能になります。

例えば、東京都内にこだわらず近隣の県も検討する、バスの利用も選択肢に入れて駅から遠いエリアも検討するなど、エリアの条件を広げることで、注文住宅をより実現させやすくなるでしょう。

場所に縛られない働き方をしている人には実現しやすいポイントですね!

 

年収400万円以下でもOK④地場の工務店を選ぶ

有名なハウスメーカーではなく、地場の工務店を選ぶことで、建築費用が安くなるケースは少なくありません。

大手ハウスメーカーでは、サービスに関するルールがきっちりと決められていることが多く、費用を抑えるのにも限度があります。

大手はブランド物と同じで、ある程度高額なのは避けられません。

 

地場の工務店は、費用に関する細かいルールなどが少ないため、最大限費用を抑えて欲しいという要望に柔軟に応えてくれる可能性が高くなります。

地元に根付いた工務店で家を建てることにはメリットも多くあるので、年収400万円未満で注文住宅を建てたい人は一度検討してみるとよいでしょう。

大手ハウスメーカーよりも、地域の工務店の方がほぼ間違いなく費用が安いです。場合によっては1,000万円以上の差が出ることも。

 

年収400万円以下でもOK⑤頭金を多めに貯めておく

年収400万円未満で住宅ローンを組んで注文住宅を建てるには、頭金を多めに貯めておくことも大切です。

年収が少ない世帯にとって大きな壁となるのが、住宅ローンです。住宅ローンの借入可能額は、年収に応じて制限されてしまいます。

年収が低いと、どうしても借りられる額も少なくなってしまうんだ。

 

しかし、頭金を多めに用意できれば、借入れる金額を少なくすることに繋がるため、住宅ローンを組みやすくなります。

年収を上げるのが難しい場合でも、頭金のためにコツコツと貯金しておくことで、憧れである注文住宅の実現に近づけるでしょう。

 

まとめ:目安はあくまで世帯年収400万円だけど条件次第

あくまで目安として、注文住宅は世帯年収400万円から建てられます。

しかし、注文住宅を建てられるかどうかは、年収だけで決まるものではありません。

世帯年収400万円でも建てられないかもしれないケース

  1. 高価格帯ハウスメーカーを検討した
  2. 住宅ローンが通らない
  3. 首都圏で土地なしからの検討
  4. 平屋や2世帯住宅の検討
  5. こだわりがたくさんある

世帯年収400万円未満でも建てられるかもしれないケース

  1. 間取りを工夫して建築費を抑える
  2. 旗竿地などの安い土地を選ぶ
  3. 都心部から離れたエリアを選ぶ
  4. 地場の工務店を選ぶ
  5. 頭金をしっかり貯めてある

結局は住宅メーカーに見積もりを出してもらい、実際に建てられる金額なのかどうか?を具体的に検討するしかありません。

見積もりを出してもらわないことには、注文住宅以外の選択にするのかどうかすら判断することができないです。

見積もり額次第では「今すぐに建てても問題ない」と、すぐに憧れの家づくりが進むかもしれません。

頭で考えていても解決しないことなので、どうか勇気を出してあなたの家づくり計画を前に進めてみましょう。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約900社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ株式会社

-家づくり基本の「キ」

© 2023 チューモンズー