設備・仕様・オプション

壁掛けテレビのデメリット総まとめ!意外な後悔ポイントとは?

  • 壁掛けテレビを検討中だけど実際どうなの?
  • 壁掛けテレビにはどんなデメリットがあるのか知りたい!
こんな疑問を徹底的に解消します。

 

スタイリッシュですっきりとしたリビングにしたいなら、壁掛けテレビがおすすです!

 

このように言いたいところですが、実は採用してから後悔している人は意外と多いです。

デメリットを理解した上で採用しないと、あなたも同じように後悔してしまうかもしれません。

 

今回は壁掛けテレビを検討してる方に知ってもらいたい、壁掛けテレビならではのデメリットを紹介します。

もちろん置き型テレビと迷っている方もぜひ参考にしてみてくださいね!

 

壁掛けテレビのデメリット総まとめ

 

では、壁掛けテレビのデメリットについてまとめます。

 

壁に穴が開く

壁掛けテレビを採用すると壁に穴が開いてしまいます。

ビスを打つ穴なのでそこまで大きいわけではありませんが、穴が開くことには変わりありません。

 

壁掛けテレビがついているときには全く気になりませんが、将来的に置き型テレビに買い替えて模様替えした時に穴が目立ってしまいます。

 

頻繁に模様替えをしたい方は置き型テレビの方が向いているね!

 

テレビの配線が見える

壁掛けテレビは工夫しないと配線が丸見えになって、かえってダサくなってしまいます。

新築の場合であれば設計士が隠ぺい配管を提案してくれることがほとんどです。

 

隠ぺい配管とはテレビ裏に穴を開けて壁の中にコードなどを隠して配管する方法です。

 

そのため、配線がきれいに隠れてすっきりとした仕上がりになるでしょう。

 

しかし、問題になるのは後からAV機器が増えた場合です。

新たな線を通さないといけないときに、配管の形状や太さによってかなり苦労すると思います。

 

隠ぺい配管に通らないと結局は配線が丸見えの状態で使用するしかありません。

住み始めたときは満足だけど、後々後悔したという声は多かったです。

 

現状の機器だけでなく将来のこともしっかり考えよう。

 

テレビ台がないとAV機器やゲームの置き場がない

壁掛けテレビを採用したい方は、テレビ台を置かないと考えている場合も多いです。

しかし、家庭によってはテレビ周辺に様々な機器を置くことがあります。

 

  • AV機器
  • テレビゲーム
  • スピーカー

 

これらの置き場がないと、住んでから困ってしまいます。

また、すっきりさせるためにテレビ台ではなくカウンターを選んだとしても、様々な機器を置いたら逆にごちゃごちゃして後悔した人もいます。

 

すっきりとしたリビングにしたいなら、浮かせるテレビ台をおすすめします。

浮いているので床の見える面積が増え、広々とした印象のリビングが完成します。

 

テレビ位置を変更できない

壁掛けテレビを1度設置してしまうと位置を移動できません。

 

置き型テレビであれば、見やすい位置に合わせて移動させることができます。

しかし、壁掛けテレビの場合は金具で取り付けてしまうため動かすことは不可能です。

 

住んでから、「もう数cm高ければ(左にあれば)」と思っても直せませんので、慎重に設置位置を決めましょう。

 

落ちる危険性がある

可能性は低いと思いますが、壁掛けテレビは落下する可能性があります。

大きな地震などが続いてネジが緩んでしまったら、何かの衝撃で落ちてしまうことは十分に考えられます。

 

落下したら床に大きな傷がついてしまったり、テレビ付近にいた人がケガをすることもあります。

 

落下してから後悔したのでは遅い!

 

強固な金具で留めているため落ちないはずですが、落下のリスクがあることは理解しておいてください。

また、定期的に金具が緩んでいないかチェックするように心がけましょう。

 

施工・設置費用がかかる

壁掛けテレビは置き型テレビに比べて施工費用と設置費用がかかります。

 

まず施工費用についてです。

建物施工中に壁掛けテレビの位置に下地を入れる必要があります。

下地の範囲にもよりますが、5千円~2万円くらいかかるでしょう。

 

続いて設置費用についてです。

もちろん自分で設置してもいいですがかなり大変です。

重さがあるのはもちろん、水平につけたり適切な高さに設置しなければならないので、置き型テレビに比べて難易度は格段に上がります。

 

自分でやったらうまくいかず、結局業者に頼んでやってもらったと後悔している人もいました。

 

テレビの大きさなどにもよりますが、一般的には業者に頼むと5万円前後の金額がかかることが多いです。

 

買い替えのときに好きなテレビを選べないことがある

買い替えのタイミングで、壁掛けテレビを選ばなければよかったと後悔している人もたくさんいます。

なぜなら、壁掛けテレビの金具はメーカーや商品によって異なるため、すべて買い直して取り付けなければならないのです。

 

同じメーカーだと、金具は変えないまま取り付けられることもありますが、専用の金具ではないので落下の危険性は高まります。

 

また、買い替えたときに大きなテレビを購入したら、下地からは金具がはみ出てしまい取り付けできなかったと後悔した人もいます。

 

将来のことも考えて下地は広めに入れておこう。

 

もちろん壁掛けテレビにはメリットもあります

 

壁掛けテレビのメリットも紹介します。

 

見た目がすっきりする

壁掛けテレビにすると部屋がすっきりとして見えます。

壁にかかっているのでテレビすらもインテリアの一部のように感じられて素敵です。

 

シンプルやスタイリッシュな内装を考えている方にはぴったりの家電です。

 

▼生活感のない家したい人には壁掛けテレビがおすすめ!

関連記事
「生活感のない家にしたい!」注文住宅でできる工夫13選

続きを見る

 

部屋が広くなる

単純に部屋が広くなります。

置き型テレビはテレビ台を置かなければいけないので、その分どうしても部屋が狭まってしまいます。

すると、住んでみたらイメージしていた広さと違ったと、後悔してしまうかもしれません。

 

大きなテレビ台は圧迫感もすごいよね!

 

壁掛けテレビは実際の空間も広くなり、視覚的にも広く感じられるような優れた家電です。

 

掃除がしやすい

壁掛けテレビはテレビ台を置く必要がないので掃除がしやすいです。

床掃除も楽ですし、テレビ台の上に溜まるホコリを取る必要もないのです。

 

テレビ台裏のもすぐにホコリが溜まる!

 

テレビ周辺機器が少ない家庭はテレビ台の必要性があまりないので、掃除が楽な壁掛けテレビが向いているでしょう。

 

▼ルンバも活躍しやすくなりますよ!

関連記事
ルンバが大活躍する間取りのポイント11選【注文住宅】

続きを見る

 

転倒の危険性がない

壁掛けテレビは落下の危険性があるとお伝えしましたが、置き型テレビには転倒の危険性があります。

置き型テレビはどこにも連結させていないので、地震などのときに転倒する可能性は十分に考えられます。

 

また、置き型テレビは子供がつかんで揺らしただけでも転倒してしまいます。

 

安全性は壁掛けテレビの方が優れているかも!

 

将来性を考えた上で壁掛けテレビを選ぼう

壁掛けテレビのデメリットの内容を見ると、住んですぐよりも住んでしばらく経ってから後悔するものばかりでした。

特に買い替え時に後悔したという意見が圧倒的に多かったです。

 

見た目はスタイリッシュでかっこいい壁掛けテレビですが、メリットよりもデメリットの方が多そうです。

壁掛けテレビを採用する方は、デメリットに対しての対応策をしっかりと考えてから購入するようにしましょう。

 

また、採用を決めたら早い段階で設計士に伝えることも大切です。

 

高さや配線について詳細な打合せを行おう。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約900社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

きのぴー
これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

きのぴー妻
すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

きのぴー
憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

きのぴー妻
こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ株式会社

-設備・仕様・オプション

© 2022 チューモンズー