設備・仕様・オプション

【コンロ】ガスとIHはどっちが優秀?色んな観点から徹底比較

  • ガスとIHで迷ってるんだけど、どっちが優秀なの?
  • コスト面…安全面…調理面…。比べることがたくさんあって分からない…。
こんな疑問を徹底的に解消します。

 

こんにちは!

注文住宅業界歴6年、きのぴーです。

 

マイホームでは、ガスコンロを採用しようかIHを採用しようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

次のような考えや不安を持っている方が多いようです。

 

  • 今までガスコンロしか使ったことがないからIHが使いこなせるのか不安
  • オール電化希望だけどガスコンロも気になるな
  • IHって火力が弱そう

 

今回はガスをIHをいろいろな観点から比較してみました。

あなたにとってベストなコンロはガスとIHどちらなのか検討していきましょう。

 

ガスとIHを色んな観点から比較してみた

 

ガスとIHを比較する上での前提条件をお伝えします。

今回はLIXILの中グレードのキッチン「アレスタ」で上位グレードのガスコンロ・IHヒーターを比較しました。

 

ガスコンロ:リンナイ製 3口コンロ・スタイリッシュタイプ(R3736E1W7T)

IHヒーター:日立グローバルライフソリューションズ製 オールメタルタイプ(HT-M200XTWFW)

共通仕様:間口75㎝タイプ・無水両面焼グリル・ガラストップ

 

参考資料⇒20アレスタカタログ|LIXIL

参考資料⇒20アレスタ商品ガイド|LIXIL

 

では項目ごとに比較していきます。

 

初期費用

ガスコンロの方が安い!

 

カタログに記載されている本体価格を比べます。

 

  • ガスコンロ:36.1万円
  • IHヒーター:41万円

 

IHヒーターの方が5万円ほど費用が高いです。

商品全体を見ても全体的にガスコンロの方が価格が低いため、初期費用はガスコンロを選んだほうが安くすみます。

 

掃除のしやすさ

IHヒーターの方が掃除がしやすい!

 

どちらもガラストップのため掃除はしやすいです。

しかし、ガスコンロにはバーナーがありますので、凹凸が多く拭きあげがしにくいです。

 

さらに、ごとくも取り外して洗わなければなりませんので、お手入れに手間がかかってしまいます。

 

また、ホーロータイプのガスコンロを選ぶと価格は低くなりますが、汚れが落ちにくいので掃除のしにくくなってしまいます。

 

対してIHヒーターは凹凸が全く、取り外して洗う物もありません。

ササっと拭きあげれば掃除が終わります。

 

ランニングコスト

ガスコンロの方が安い!

 

ガスコンロのガス消費量とIHヒーターの電気消費量からランニングコストを計算します。

どちらも手前右のコンロを1時間使用したと仮定します。

 

★ガスコンロ

ガス消費量 4.2kw(LIXIL アレスタカタログ記載)

計算式 出力(kW)×3.6MJ/h×時間(h)÷ガスの発熱量(MJ/㎥)×ガス料金(円/㎥)

※1kW=3.6MJ/h,ガス発熱量は東京ガスの都市ガスで45MJ/㎥、ガス料金151.74(円/㎥)

 

4.2(kw)×3.6(MJ/h)×1(h)÷45(MJ/㎥)×151.74(円/㎥)=50.98(円/h)

 

ガスコンロの電気代は1時間で50.98円でした。

参考サイト⇒ガス代を計算して節約しよう|エネチェンジ

 

★IHヒーター

電気消費量 3.2kw (LIXIL アレスタカタログ記載)

計算式 出力(kw)×時間(h)×電気代25.8(円)

※電気代 東京電力スマートライフプラン(午前6時~翌午前1時まで25.8円)

 

3.2(kw)×1(h)×25.8(円)=82.56(円/h)

 

1つのコンロを1時間使うと、30円以上ガスコンロの方が安いことが分かりました。

料金プランや使い方によっても異なりますので、自分たちの使い方で事前にシミュレーションしてみるといいでしょう。

 

安全性

両者引き分け!

 

安全性はドローという結果になりました。

一般的にはIHヒーターは安全性が高いという認識があると思います。

 

しかし、IHヒーターにはガスコンロとは別の危険性があります。

それぞれの安全性と危険性について考えます。

 

  • ガスコンロの安全性
  • 火がついているのが目視でわかる
  • 油の温度の上昇が緩やかなので油が発火しにくい

 

  • ガスコンロの危険性
  • 火が出るので衣服やこぼれた食材に着火する危険性がある
  • トッププレートではなく、側面に操作レバーがついているコンロがほとんどなので、子供がいたずらする危険性がある

 

  • IHの安全性
  • 火が出ないので衣服などに着火することがない
  • 油の温度を数値で確認・管理できるので安全

 

  • IHの危険性
  • 急激に高温になるので油の温度が370℃を超えて発火しやすい
  • トッププレートが熱いのに気づかず触ってしまう可能性がある

 

どちらも安全性と危険性を持ち合わせています。

 

どちらのコンロを採用するにしても、安全機能が多くついたタイプを選ぶようにしましょう。

 

【調理】焼く

両者引き分け!

 

ただフライパンで食材を焼くだけであれば、機能的に差はありません。

どちらも問題なくおいしく焼き上げることができます。

 

そのためドローという結果となりました。

 

【調理】炒める

ガスコンロの方が優秀!

 

ガスコンロの場合、炎が鍋を包み込むように加熱するので、食材全体をバランスよく炒めることができます。

また、フライパン自体を振ることもできるため、食材を均等に混ぜて料理することが可能です。

 

例えば、チャーハンのパラパラ感や野菜炒めのシャキシャキ感が出やすいのはガスの方だよ。

 

対してIHは、フライパンを振ることがないので、食材をバランスよく加熱することができません。

炒め物をしてもしっとりとした食感に仕上がることが多いでしょう。

 

【調理】煮る

IHヒーターの方が優秀!

 

煮る料理にはIHヒーターの方が向いています。

なぜならIHヒーターは、数値で温度管理ができるため、火力調整をしなくてもおいしく仕上がるからです。

 

また、電磁気で加熱するため設定した温度まで素早く上昇します。

そのため、食材の旨味を逃がさずに効率よく煮込むことができます。

 

単純にお湯を沸かすときでも、ガスコンロよりもIHヒーターの方が早くお湯が沸きます。

 

ガスコンロの場合は、自分の目で見て火力を調整しなければなりません。

IHヒーターと比べると、煮る料理はあまり向いていません。

 

耐久性

ガスコンロの方が耐久性は高い!

 

ガスコンロの方が耐久性は高いです。

なぜなら、ガスコンロにはごとくがついているからです。

 

ごとくがついていると、フライパンなどが直接トッププレートに触れることがないため、傷づきにくく長持ちします。

 

対して、IHは直接トッププレートに調理器具を置くので、傷がつきやすいです。

フライパンを振れない分、上下左右に動かす方も多く、IHに擦れた跡がついてしまう家庭もあります。

 

また、衝撃によって割れやすいので、重いものを落とさないように注意しましょう。

レンジフードの掃除のために、トッププレートの上に乗ることも避けてください。

 

ただ、本体の耐用年数はどちらも10年前後です。

ガスコンロもIHヒーターも使用方法を守れば同じくらいの期間使い続けることができます。

 

機能性

IHヒーターの方が充実している!

 

LIXILアレスタのカタログに記載されている、ガスコンロとIHの機能をお伝えします。

どちらも様々な機能がありますが、機能性の多さと内容の充実度で、IHヒーターの勝利としました。

 

ガスコンロの代表的な機能

  1. 音声ガイド
  2. 感震機能
  3. 自動料理機能(おかゆ・炊飯・湯沸かし)
  4. 揚げ物温度調節機能
  5. 早切れ防止機能
  6. コンロ調理タイマー
  7. 鍋なし感知機能
  8. 天ぷら油過熱防止機能
  9. 焦げ付き消火機能
  10. 立ち消え安全装置
  11. コンロ消し忘れ消火機能
  12. コンロ点火確認表示

 

★ガスコンロの機能の特徴

目を離した際に吹きこぼれなどがないような安全機能が備わっています。

また、消し忘れや子供のいたずらでの着火を防ぐように、コンロ消し忘れ消火機能も付いています。

 

IHヒーターの代表的な機能

  1. 光・温度センサー
  2. 光・揚げ物温度調節
  3. 4熱源同時使用
  4. 4色LED火力表示
  5. 音声ガイド
  6. ワンタッチ火加減操作
  7. 丸洗い排気口カバー
  8. 独立式タイマー
  9. 節電モード
  10. 自動調理機能(煮込み・炊飯・湯沸かし・保温)
  11. フライパン焼き物温度調節機能
  12. 鍋なし自動OFF機能
  13. 切り忘れ防止機能
  14. 小物探知機能
  15. 揚げ物そり鍋探知機能
  16. 過熱防止機能
  17. 空焼き自動OFF
  18. 高温注意表示
  19. チャイルドロック

 

★IHヒーターの機能の特徴

電気家電の分、光で火力や温度をお知らせしてくれる機能がついています。

また、火が目で見えないので、切り忘れや空焼きに備えた安全機能がついています。

さらに、自動調理機能に煮込みや保温もついている点もガスコンロより優れています。

 

私のおすすめはIHヒーターです

 

私はIHヒーターをおすすめします。

理由は次の2点です。

 

  • 温度管理がしやすい

私は料理が得意な方ではないため、温度の管理などがよりしやすいIHの方が使いやすいです。

また、IHヒーターでは煮込みの自動調理機能があるので、他の家事とも並行しやすく使い勝手がいいです。

 

  • 掃除がしやすい

IHヒーターのお手入れの楽さも大きな魅力です。

トッププレートが平らなIHヒーターでは、サッと拭くだけでお手入れが完了するので、毎日掃除をする習慣が身についています。

 

私の場合は、ガスコンロのごとくの清掃がとても手間に感じてしまいました。

ズボラ女子はIHヒーターの方が清潔に保ちながら使うことができるでしょう。

 

ガスとIHはどっちが良い?徹底比較まとめ

 

比較結果をまとめます。

 

ガスコンロ IHヒーター
初期費用
掃除のしやすさ
ランニングコスト
安全性
【調理】焼く
【調理】炒める
【調理】煮る
耐久性
機能性
結果 4勝3敗2分 3勝4敗2分

 

非常に接戦でしたね!

 

結局、どちらが優秀なのかを決めるのはあなた!あなたが重視するポイントはどこですか?

 

IHを使ったことがないので慣れないという方もいますが、毎日使っていればすぐに慣れます。

自分が重視したい項目がより優れている方を選んで、毎日楽しく料理をしましょう。

 

キッチン関連の記事

▼キッチンの高さを身長で計算すると失敗する!「身長÷2+5」は間違い

関連記事
キッチンの高さを身長で計算すると失敗する!「身長÷2+5」は間違い

続きを見る

▼キッチンの通路幅で後悔する人が続出!90cm~120cmが鉄板

関連記事
キッチンの通路幅で後悔する人が続出!90cm~120cmが鉄板

続きを見る

▼キッチンの立ち上がり壁の高さは何cmくらいがちょうどいい?

関連記事
キッチンの立ち上がり壁の高さは何cmくらいがちょうどいい?

続きを見る

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら、全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 営業マンと会う必要ナシ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

 

提携企業のほんの一部

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです。

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

 

あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなた要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを!

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-設備・仕様・オプション

© 2021 チューモンズー