住友林業マイホーム

LDKを広く見せる小ワザ・アイデア集【狭く感じさせない】

こんなお悩みを解消します

  • LDKが理想より少し狭いから広く見せたい!
  • 実際よりも広く感じさせるアイデアが知りたい!

 

住友林業で建てました!きのぴーです。

>>チューモンズーのInstagramはこちら

 

我が家のLDKは20.6畳!

約20畳LDK

当初の計画(というか願望)ではもう少し広いLDKにするつもりだったのですが、予算の都合で約20畳というサイズになりました。

もう少し広くしたかったのですが、その代わりに実際よりも広く見える小ワザ・アイデアをLDKにたくさん詰め込みました!

きのぴー妻
おかげでゲストには「広いね!」と言ってもらえてます。笑

 

LDKが広く感じられると、過ごしていて気持ちが良いです。

皆さんも本記事の内容を実践して、広く感じるLDKを実現してください!

 

LDKを広く見せる小ワザ・アイデア12選

すべてを実践するのは難しいので、何か1つでも実践してみてくださいね。

きのぴー妻
たくさんありますが、1つ1つ写真付きでご紹介していきますよ~!

 

①床材の向きは長手方向に

長手方向とは、長方形の距離が長い方向を指す用語です。

距離が長い方向に向けて床材を貼ることで、奥行きが感じられるようになり、広く感じられます。

きのぴー妻
目の錯覚を利用した手法だね!

床材の向きを指定していない人は、今すぐ確認してみてくださいね~!

 

②キッチンの立ち上がり壁は無し

立ち上がり壁とは、キッチンの手元を隠すように少しだけ壁を立ち上げる手法のことです。

立ち上がり壁のあるキッチ

(引用:LIXIL リシェルSI商品ページ)

LDKを広く見せるためには、「視線の抜け」を意識することがとっても重要です。

立ち上がり壁は「視線の抜け」を邪魔する仕様なので、LDKを広く見せたいなら立ち上がり壁は無しの方が良いです。

きのぴー
手元を隠せるのは魅力的なんだけどね~!

…立ち上がり壁のないフラットなキッチンは丸見えになるので、常に清潔に保たなくてはいけないというプレッシャーを感じます。笑

 

③家具は壁沿いに配置する

例えば、ソファが空間の真ん中に置いてあるよりも、空間の端に置いてあった方が部屋は広く感じますよね。

このように、家具はできるだけ壁沿いに配置できるよう、間取りを考えてみましょう。

特に重要なのがテレビの位置。テレビの前にはソファを置くことがほとんどだと思うので、テレビの位置次第でソファの位置も決まります。

きのぴー妻
ソファを壁沿いに置けるような場所にテレビを配置しましょう。

 

④スリムな吊戸棚 or 吊戸棚なし

吊戸棚は圧迫感が出てしまうので、空間が狭く感じられてしまいます。

広く見せたいなら吊戸棚は無しにするか、スリムなタイプの商品を選びましょう。

我が家は吊戸棚なしだと収納力に不安があったので、スリムなタイプを選択。

スリムな吊戸棚は視線の抜けが生まれて広く感じられるし、吊戸棚の上をディスプレイとして活用できました。

吊戸棚上を活用

きのぴー妻
スリムな吊戸棚にして、吊戸棚の上の部分を窓にしても気持ちが良さそうですね~!

視線の抜けが生まれて開放感を感じられるし、明るいダイニングキッチンになりそうです。

 

⑤ハイドア・ハイサッシを採用

天井の高さまであるサッシ・ドアを採用することで、視線の抜けが生まれ、広く感じられます。

きのぴー
ハイドア・ハイサッシは開けるとさらに開放感が生まれるよ!

ぜひぜひ採用してほしいのですが、ハウスメーカー・工務店によっては構造の制約上、ハイドア・ハイサッシが採用できない場合もあるので注意してください。

採用したい場合は、早めの段階で確認しておきましょう。

 

⑥カーテンボックスをつくる

カーテンボックスとは、カーテンの上部を1部折り上げて、カーテンやロールスクリーンを隠してしまう仕様のことです。

我が家もカーテンボックスを採用しました。

ロールスクリーンを上げきったときにすっぽりと隠れるので、ハイサッシの気持ち良さを最大限に引き出してくれます。

ロールスクリーンを下げているときもすごくスタイリッシュなので、個人的にはかなり推したい仕様です!好きです。

きのぴー妻
工事費用もそこまで高くないので、確認してみてくださいね!

 

⑦視線の抜けを意識した窓の配置

どんなに狭い空間でも、視線が遠くまで抜ける位置に窓を採用すれば広く感じられます。

LDKの中で視線が抜けそうな方角があれば、積極的に窓を採用してみましょう。

「隣家が近いから窓を採用しても視線が遠くまで抜けない!」という場合は、高窓を検討してみましょう。

高窓とは天井にピッタリついた高い位置の窓のことで、視線が抜けやすく、光を採りこみやすいのが特徴です。

きのぴー妻
高窓は前面道路を歩く人と目が合わない点も魅力です!

 

⑧ペンダントライトは小さめを選ぶ

ダイニングテーブル上にペンダントライトを採用される方、多いと思います。

その際は小ぶりなペンダントライトを選ぶと、視線の抜けを邪魔せず、LDKが広く感じられますよ。

きのぴー
大きめでオシャレなモノを採用したい欲をぐっとこらえて…。

小さめのペンダントライトは安いし、掃除もササっと終わるので楽ちんです。

 

⑨ウッドデッキで外との繋がりを

ウッドデッキを採用するとLDKと外とのつながりが生まれ、まるでLDKが広くなったように感じられます。

きのぴー
床が続いているように見えるんだね!

広く見せるためのポイントは…

  • 床とウッドデッキの高さを合わせる
  • 床材の向きとウッドデッキの向きを合わせる
  • できるだけ床材と見た目の近いモノを選ぶ
きのぴー妻
そしてウッドデッキが大きいほど効果UPです!

 

⑩天井を上げる

費用はかなり高額になってしまうのですが、天井を上げれば空間が広く感じられます。

きのぴー
広く感じられるというか、事実、広くなってるよね。笑

「開放感のためならお金をかけてもいいよ!」という人は、検討してみましょう。

我が家のように、あらわし梁と組み合わせるのもおすすめです!

 

⑪長方形の1直線LDK

1直線の長方形LDKが、もっとも広く感じられるカタチです。

長方形LDKは視線の抜ける距離が長いので、実際の広さよりも広く感じられます。

我が家はL字型のLDKですが、やっぱり同じ畳数の長方形LDKと比べると狭く感じますね~。

L字型のLDK

 

⑫クロスは白系をベースに選ぶ

白に近い、明るい色の方が空間が広く感じられます。

黒やグレーは圧迫感が出るほか、空間が狭く感じられてしまう色なのです。

きのぴー妻
我が家はグレー中心のLDK…確かに白の方が広く感じられたと思う…。

グレー中心LDKの我が家

白系のクロスは光をよく反射するので、部屋が明るくなるというメリットも魅力です。

黒・グレー系クロスを採用される方は「少し狭く感じる」「白に比べて部屋が暗い」というデメリットを承知の上で採用しましょう。

 

まとめ:とにかく「視線の抜け」を意識しよう

LDKが広く感じる12の小ワザ・アイデア

  1. 床材の向きは長手方向に
  2. キッチンの立ち上がり壁はなし
  3. 家具は壁沿いに配置する
  4. スリムな吊戸棚 or 吊戸棚なし
  5. ハイドア・ハイサッシを採用
  6. カーテンボックスをつくる
  7. 視線の抜けを意識した窓の配置
  8. ペンダントライトは小さめを選ぶ
  9. ウッドデッキで外との繋がりを
  10. 天井を上げる
  11. 長方形の一直線LDKにする
  12. クロスは白系をベースに選ぶ
きのぴー妻
お金を掛けずにできることはすぐに実践してみましょう!

 

本文中で何度も繰り返しましたが、とにかく「視線の抜け」を意識すること!

視線の抜けを邪魔する要素をできるだけ排除し、視線が抜ける仕様・間取りを積極的に採用しましょう。

 

以上、LDKを広く見せる小ワザ・アイデア集でした。

 

Instagramでも注文住宅のお役立ち情報を発信中!

住友林業で建てた我が家のすべてを公開しています!

きのぴー
ぜひぜひフォローよろしくお願いします!

>>チューモンズーのInstagramはこちら

 

きのぴー妻
我が家のWEB内覧会もやっています!

>>住友林業2階建て32坪3,000万円の注文住宅が見たい人はこちら

まだ契約前のあなたへ

 

全く同じ間取り・同じオプションの家でも、ハウスメーカー・工務店によっては数百万円もの差が出ることをご存じですか?

 

複数社から相見積もりを取ることで…

  1. 同じ間取り・オプションでも安い会社を見つけることができる
  2. 結果、相見積もりをしただけで数百万円安くなる場合がある!
  3. さらに値引き交渉にも使える!

数千万円の買い物をするのに、見積もりを1社しか取らないのは危険かも…!

相見積もりを取ることで、安く建てられる会社が分かり、数百万円の損を回避できるかもしれません。

きのぴー
車1台分以上の差があることなんてザラです…!

 

しかし、相見積もりを取るのは楽ではありません。

複数社と打合せを重ね、見積もりを出してもらうまでには大変な労力と時間がかかります…。

きのぴー妻
そこで、我が家も利用した以下の無料サービスがおすすめです。

 

「タウンライフ家づくり」なら相見積もりが3分で取れる!

\ 便利すぎてビックリ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国800社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

きのぴー
間取りプランも無料で作ってくれるんだ!

 

提携企業のほんの一部

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

きのぴー妻
すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです!

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

きのぴー
あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

きのぴー妻
こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国800社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

きのぴー妻
見積もりでは、月々の返済額などもイメージできましたよ~。

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

【PR】タウンライフ株式会社

-住友林業マイホーム

© 2022 チューモンズー