家づくり基本の「キ」

土地探しはハウスメーカーと不動産会社どっちにお願いしたらいい?

 

こんにちは!注文住宅業界歴6年、きのぴーです。

 

マイホームづくりを考え始めたときに、まずは建てる場所を用意しなければいけません。

土地を探す方法は大きく分けて次の3つです。

 

土地探しの方法

  1. ハウスメーカーの営業マンにお願いする
  2. 自分で不動産会社に行く
  3. ネットで土地情報を検索する(at homeやsuumoなど)

 

結論、おすすめなのは「①ハウスメーカーの営業マンにお願いする」です。

今回はあくまで客観的にメリット・デメリットをご紹介した上で、ハウスメーカーにお願いするといい理由をお伝えします。

 

きりん
なぜハウスメーカーにお願いすると良いんだろう…?

 

ハウスメーカーに土地を探してもらうメリット・デメリット

 

まず初めに、ハウスメーカーに土地探しをお願いするメリット・デメリットをご紹介します。

ハウスメーカーに土地探しをお願いするときは、気になっている展示場に行き土地の要望を伝えることから始めましょう。

 

ハウスメーカーはあくまでも、家を売るところですので土地探しだけをお願いせずに、展示場の説明などもしっかりと聞いてください。

 

▼展示場に初めて行く!というあなたへ。

関連記事
住宅展示場に初めて行く不安なあなたへ贈る8つのススメ

続きを見る

 

▼アンケートを書いても営業されない方法を解説しています。

関連記事
住宅展示場のアンケートは書き方さえ工夫すれば営業されない【体験談】

続きを見る

 

ハウスメーカーに土地探しをしてもらうメリット

①様々な不動産屋の情報を得ることができる

1つ目のメリットは、得られる情報量の多さです。

ハウスメーカーに土地探しをお願いすると、営業マンは1つの不動産会社だけでなく複数の不動産会社から情報を集めてきてくれます。

 

不動産会社だと自社が扱っている物件の紹介しかしませんので、何件も不動産屋を回らなければなりません。

しかし、ハウスメーカーにお願いするとその手間は省けます。

 

ぱんだ
ハウスメーカーに土地探しを依頼すれば、色んな不動産会社を回らなくて済むんだ!

 

ハウスメーカーに依頼すると情報量が多い

  • 最新の土地情報がFAX、メールなどで様々な不動産屋から送られてくる
  • 不動産業界の人が見られる不動産情報サイトがある
  • ハウスメーカーの営業マンは様々な不動産屋とつながりを持っている

 

営業マンは最新の土地情報を常に仕入れることができる環境があります。

また、不動産屋と仲良くしている営業マンは、世に売り出される前の土地情報を教えてもらっている可能性も高いです。

 

インターネットで公開されたばかりなのに既に予約が入っている土地情報を見たことはないでしょうか?

このような場合は、不動産会社が売り出す前に仲のいい営業マンにだけ情報を知らせて先行販売しているケースがほとんどです。

 

はむすたあ
本当に良い土地はネットに出回る前に決まっちゃうんだね!

 

このような理由から、ハウスメーカーにお願いするといい情報が多く手に入ります。

 

②建物の打合せも同時進行で進められる

ハウスメーカーに土地探しをお願いすると、建物や資金、銀行などの打合せも同時進行で進められます。

 

土地探しをする前に資金計画をしっかりと考えておけば、自分達がどのくらいの予算の土地を探せばいいかが分かります。

さらに事前審査をしておけば、その資金計画が実現できるという安心感を得ることもできます。

 

うさぎ
ハウスメーカーに依頼すれば、建物等のすべてを含めた費用が分かるんだね!

 

また、気に入った土地があれば、その土地にはどのような建物が建てられるかを事前に相談することができます。

ハウスメーカーの営業マンは、お客様の理想の建物にふさわしい土地かどうかを見極めた上で、土地を提案してくれます。

 

ただ土地を紹介するだけでなく、お客様のマイホームづくりに合った土地探しをしてくれる点が、ハウスメーカーの営業マンに土地探しを頼む大きなメリットです。

 

③値引き交渉などのやりにくいこともお願いできる

ハウスメーカーの営業マンが不動産屋とのパイプになってくれることもメリットの1つです。

 

不動産屋に直接行って土地探しをしていると、不動産屋から近況を聞かれたり、契約を迫られることがあります。

また、値引きをしたくても中々できなかったり、値引いてくれた金額が妥当かどうかわからない場合もあると思います。

 

きりん
その場でゴリゴリ営業をかけられるのは嫌だなあ…。

 

しかしハウスメーカーの営業マンに土地探しをお願いすればこのような心配はいりません。

営業マンがお客様と不動産屋の間に入って話を進めてくれます。

まだ土地を迷いたいときはうまく不動産屋に説明してくれますし、他の土地で契約することになってもうまく理由を伝えてくれます。

お客様は自分達に合う土地に出会うことだけを考えていればいいのです。

 

うさぎ
不動産会社との間に入ってくれるとワガママも堂々と言えちゃうね!笑

 

また、値引き交渉も営業マンがしてくれます。

事前に値引き額について営業マンに相談しておけば、自分達の希望を頑張って通してくれる場合もありますので、存分に頼っていきましょう。

 

④プロの意見を聞くことができる

住宅のプロとしても意見を聞くことができます。

 

ハウスメーカーの営業マンは、提案した土地の現地案内をしてくれることも多いです。

営業マンと土地を実際に見に行くと、現地を見た時に素人ではわからないような情報を教えてくれます。

 

素人が見る「土地」

  • 広くていい土地だな
  • 静かに暮らせそう
  • 周りの家も新しく雰囲気もいいな
  • 近くにスーパーがあってうれしい

 

プロが見る「土地」

  • 道路と土地に高低差があるから造成費がかかるなあ
  • 電柱や水道管などのライフラインは確保できているか
  • 3方が塀に囲まれているから外構はお金がかからなそう
  • 将来南側に建物が建ちそうだから、日当たりを考えて間取りを作ろう

 

ぞう
視点が全然違う…。これがプロか…。

 

現地を見た時に確認しそうなことを少しだけ紹介しましたが、営業マンはもっとたくさんのことを瞬時に感じ取っています。

土地を購入するときは家が建っていませんので、なかなかイメージがつきにくいと思います。

 

ハウスメーカーの営業マンと現地を見に行くと、家を建てる上での注意点やアドバイスなど、プロの意見を聞くことができるのでおすすめです。

 

ぱんだ
家のプロだからこそ、良い土地の見極めが上手いんだね。

 

ハウスメーカーに土地探しをしてもらうデメリット

①担当者によって質が違う

不動産会社にも当てはまりますが、担当者によって土地提案の質は大きく変わります。

 

例えば、土地提案をするときにネットに載っている情報だけを提案してくる営業マンもいますし、様々な不動産屋から新着の情報をしっかりと探し出してきてくれる営業マンもいます。

 

また、提案する前に現地に行って写真を撮って来てくれる営業マンもいれば、グーグルマップのストリートビューを見せる営業マンもいます。

担当してくれる営業マンによっては、ハウスメーカーにお願いしてもいい土地に出会えない可能性もあります。

 

うさぎ
うんうん。担当者のレベルにはこだわりたいね。

 

そのため、どんな営業マンでも手当たり次第に土地探しをお願いしてはいけません。

必ず良い印象をもったハウスメーカーや頼りになりそうな営業マンに土地探しはお願してください。

 

▼担当者を変更したいときはどうすれば良い?

関連記事
ハウスメーカーの担当営業マンを変更したい!具体的な手順とコツ

続きを見る

 

②違うハウスメーカーで契約したいときに気まずい

A社は土地を一生懸命探してきてくれましたが、建物はB社と契約することになったケースです。

A社には土地を探してもらった恩がありますので、断るのに気まずい思いをすることがあります。

 

しばいぬ
確かにこれは気まずい…。

 

しかし、あまり気にする必要はありません。

ハウスメーカーは家を売ることが本来の仕事です。

 

土地を一生懸命探しても、自社の建物の魅力を理解してもえらえなければ意味がありません。

建物のアピールがうまくできなかった、営業マンが悪いのです。

 

らいおん
そう言われれば納得!笑

 

お客様はただ魅力に感じたハウスメーカーを選んだだけですので、悪いことをしているわけではありません。

そのため、気まずい思いをする必要はないのです。

 

また、土地を探したけれど建物は契約できなかったケースはよくありますので、営業マンも慣れています。

そこまで気を遣わず、自分達がいいなと思うハウスメーカーで契約しましょう。

 

ただし、最初から候補にないハウスメーカーに土地探しの依頼をすることだけはやめましょう。

営業マンがかわいそうですし、お互いに時間の無駄になっていしまいます。

 

▼ハウスメーカーへ断りを入れるときの手順やコツを解説しています。

関連記事
ハウスメーカーの断り方は電話?メール?元住宅営業マンが解説

続きを見る

 

③情報を手に入れるまでに時間がかかる

ハウスメーカーにも土地情報はストックしてありますが、最新の要望の土地を探してもらうには時間がかかります。

 

ハウスメーカーでは要望を伝えて土地探しをお願いし、1週間後の打合せで土地提案をされる流れが多いです。

不動産屋に行けばその場で土地情報を渡してくれることも多いですが、ハウスメーカーでは不動産屋と比べると少し時間がかかります。

 

しかし、時間がかかるといっても1~2週間ほどです。

どんな土地情報があるかなと楽しみに待っていれば、すぐに打合せの日はやってきますので、そこまでデメリットにはならないでしょう。

 

うさぎ
まあちょっとだけ瞬発力に欠けるかな?ってくらいだね。

 

④建物の予算上げるために、安い土地をおすすめされることがある

ハウスメーカーは家を売るために、家の予算を確保しなければなりません。

営業マンは資金計画をしたときに、建物にお金をかけるために、土地の予算を落とすことがあります。

 

安い土地で気に入る土地があれば問題ないですが、土地の予算を下げたことで、土地探しが難航してしまうケースもあります。

土地の価格にはある程度相場がありますので、提案された土地資料で相場を確認した上で再度資金計画を練り直しましょう。

 

それでも安い土地をおすすめしてくる営業マンは、ご縁がなかったと見切りをつけてもいいと思います。

 

はむすたあ
営業マンも大変だなあ。笑

 

⑤希望するエリアの土地勘がない場合がある

大手ハウスメーカーでは営業マンを全国転勤させている場合があります。

 

全国までとはいかなくとも隣の県くらいであれば、ほとんどのハウスメーカーの営業マンは転勤を経験しています。

すると、自分が全く生活したことのない場所で営業をさせられることも多いです。

 

土地探しでは、人気の小学校やみんなが使うスーパー、治安、抜け道などの、土地勘がなければわからない情報が大切です。

希望するエリアに自分が住んでいる場合は問題ありません。

 

ぞう
周辺環境に詳しくない可能性も大いにあるってことね。

 

しかし、住んだことないエリアにマイホームを建てたいと考えている方は、土地勘のある営業マンかを見定めて土地探しをお願いしましょう。

 

不動産会社に土地を探してもらうメリット・デメリット

 

続いて、不動産会社に土地を探してもらう場合のメリット・デメリットをお伝えします。

不動産会社は総合展示場のようにまとまって建っていませんので、自分で希望エリアの土地がありそうな不動産屋を探すことが必要です。

 

不動産会社に土地探しをしてもらうメリット

①最新の情報が手に入る可能性がある

不動産屋に行くタイミングによっては、まだ出回っていない土地情報にありつける可能性があります。

新しい情報を得るメリットは、分譲地の1番いい区画を購入できる点です。

 

きりん
良い条件の土地を最速で押さえられるかも!

 

また、不動産屋に行ったタイミングではいい土地が無くても、新しい情報が入ると連絡をくれる丁寧な不動産屋もいます。

当然、不動産屋はハウスメーカーよりも早く土地情報を仕入れていますので、最新情報が知りたい方は不動産会社に土地探しをお願いしてみてもいいかもしれません。

 

ぷぅどる
「情報のスピード」という点では、ハウスメーカーを上回っているのね。

 

②土地の詳細な情報を知ることができる

不動産会社は自社で扱っている物件であれば、直接売主と話をして土地を販売しています。

そのため、資料や現地を見ただけではわからないような情報を知っている場合が多いです。

 

知られざる「情報」

  • 土地が以前はどのように使われていたのか
  • この土地は問い合わせが多いのか
  • 近所にはどのような人が住んでいるか

 

このような情報を不動産会社は持っていて、教えてくれることが多いです。

もちろん、ハウスメーカーの営業マンに頼んで聞いてもらうこともできますが、直接聞いたがより詳しい情報を教えてくれる可能性は高いです。

 

はむすたあ
ひとつひとつの土地に対する「情報量」は不動産会社の方が持っているんだ。

 

③そのエリアについて詳しい場合が多い

一定の地域で長く活動している不動産会社であれば、エリアに関してはたくさんの情報を持っているはずです。

例えば、このような情報が事前にわかるといいのではないでしょうか。

 

不動産会社はその地域に詳しい

  • 大雨の時に冠水する道路
  • 通勤時間に混む道
  • 希望のエリアが人気な理由

 

長い間、同じエリアにいる人ならではの情報はとても貴重です。

家を建てたエリアのことを何も知らずに生活を始めるのと、エリアのことを理解した上で購入した土地で生活するのでは、生活の質が変わります。

また、デメリットについては建築の段階から対策できることもあるかもしれません。

 

はむすたあ
「前もって知っていたら買わなかったのに!」ということが少なくなるかも。

 

しかし、不動産会社は土地を売ることが仕事ですので、デメリットには触れずメリットだけを教える場合も多いです。

すべての言葉を信用せずに、積極的にデメリットを聞いておくようにしましょう。

 

④打合せ時間が短い

不動産会社で土地を紹介してもらう場合、基本的に打合せ時間は短いです。

 

ハウスメーカーは土地探しに加えて、建物や資金など決めることがたくさんありますので、1回の打合せがとても長いです。

しかし、不動産会社がやることはいま売り出されている土地を買うか買わないか判断してもらうだけです。

 

そのため、不動産会社に行って長時間打合せをしたということは聞いたことがありません。

 

しばいぬ
時間が取れない人には良いかも!でもそういう人は注文住宅大変だと思うけどね…。

 

長い打合せが苦手という方は、不動産会社で土地探しはお願いしてもいいかもしれません。

逆に丁寧に説明を受けたい方は、ハウスメーカーをおすすめします。

 

不動産会社に土地探しをしてもらうデメリット

①敷居が高い

不動産屋は行きにくいという意見を、お客様からよく聞きます。

 

ぷぅどる
なんか怖いわ!

 

ハウスメーカーでは営業という話す専門家がいますので、どのハウスメーカーでもお客様には丁寧にわかりやすく説明をしてくれます。

対して不動産会社は、個人で営業している場合も多く、対応も様々です。

 

大きな不動産会社だと売買担当の営業マンがいますので丁寧に担当してくれることも多いですが、おじいちゃんが1人でやっているような不動産会社だとすごく冷たくあしらわれてしまう場合もあります。

 

にわとり
「この人大丈夫かよ…」とか思っちゃいそう。笑

 

しかし、地元の小さな不動産屋は限られたエリアの情報には飛び抜けて優れている可能性がありますので、行ってみる価値はあります。

不動産会社は対応が悪いかもしれないという考えを持って上で、勇気を持って行ってみましょう。

 

②自社の土地を押し売りされる

不動産会社は自社が専属で扱っている土地を売ることで大きな利益を上げることができます。

 

自社の土地以外にも、他の不動産屋から預かって販売しているケースもありますが、こちらを売っても大きな利益にはなりません。

そのため、多少要望が当てはまらなくても、自社の土地をアピールしてくる場合も多いです。

 

らいおん
そこはお客さんのことを第一に考えてほしいよね!ね!

 

自分達の要望を満たしていない土地資料をもらっても、意味がありません。

なるべくこのデメリットを避けるために、不動産会社に行くときは自分達が探しているエリア内や近くにある不動産会社に行くようにしましょう。

 

③1つの不動産会社だけだと情報量が少ない

インターネットを見ると様々な土地情報が掲載されていますが、実際はその情報は多くの不動産会社がバラバラに扱っています。

 

そのため、1つの不動産会社に行っただけでは、多くの情報を得ることができない場合も多いです。

中には、せっかく勇気を出して不動産屋に行ったのにも関わらず、そのエリアは今出てないよと追い返されてしまうことまであるのです。

 

きりん
せっかく行ったのに報われないわ…。

 

闇雲に不動産会社を回って土地探しをすることは時間の無駄です。

少なくても1つはそのエリアの土地を持っていることをインターネットなどで確認してから行くと、効率的に土地資料を集めやすいでしょう。

 

④建物のことを考えた提案はしてくれない

不動産会社は土地を売ることが仕事です。

そのため、お客様の建物の要望を活かした提案まではしてくれない場合が多いです。

 

しばいぬ
ハウスメーカーにお願いすれば大丈夫だよ!

 

例えば、外観にこだわった家を建てたかったとします。

しかし、不動産会社ではそのようなヒアリングをされることはありません。

 

いざ提案された土地を見てみると、奥まったところにある土地や、北道路の土地ばかりでした。

奥まったところに家を建てたのでは、かっこいい家を建てても全然人目につきません。

 

また、北道路ではそもそも自分達が希望しているような家が作りにくくなってしまいます。

このように、土地自体はよかったとしても建物と組み合わせると購入はしないなと感じる土地は意外と多いです。

 

ぱんだ
土地だけ見れば良くても、建物のことを考えると良くない。そんな土地も多いのね。

 

不動産会社が紹介した土地で気に入ったならば、契約する前に1度ハウスメーカーの営業マンに相談して意見をもらいましょう。

 

ハウスメーカーにお願いした方が良い理由

 

ハウスメーカーと不動産会社それぞれに土地探しをお願いしたときの、メリット・デメリットをご紹介しました。

 

皆様はどちらにお願いしたいと感じたでしょうか。

私自身はやはり、ハウスメーカーに土地探しをお願いした方がいいなと感じました。

 

理由は、以下の3点です。

 

①効率よく情報収集ができるから

 

土地購入は早い者勝ちですので、マイホームを建てたいと思ったタイミングで素早くたくさんの情報を集める必要があります。

 

ハウスメーカーにお願いして1週間も待てば、様々な不動産屋が出している情報を確実に手にすることができます。

対して不動産会社は行っても必ず情報があるかわかりません。

 

はむすたあ
ハウスメーカーなら確実に手に入る!

 

不動産会社の場合、良い土地がなかったら、新しく土地が出てきたら紹介するというような曖昧な回答が多いです。

あるかわからない情報を求めて何件も不動産会社を回っていては、精神的にも疲れてしまいます。

 

さらに、時間をかけて新しい土地が出るのを待っていては、自分達の建てたいタイミングを逃してしまいます。

建てたいタイミングで最善な土地と出会うためには、ハウスメーカーの営業マンから情報を得ることをおすすめします。

 

②土地購入よりも建築が大切だから

 

ハウスメーカーでは土地探しをしていても建物について考えながら進めてくれます。

対して、不動産会社で建物のことまで考えてくれる会社はほとんどありません。

 

しばいぬ
この違いはめちゃめちゃ大きいと思う。

 

土地探しがうまくいってもそこに希望する建物が建てられなければ意味がありません。

マイホームづくりをするのであれば、土地探しから住宅のプロに任せることをおすすめします。

 

また、営業マンに色々なことをたくさんお願いすれば、営業マンがどのようなタイプなのか、どのくらいの知識があるのか、対応はいいかなどを見定める期間も増えます。

 

本来土地探しはハウスメーカーの営業マンの仕事ではありません。

しかし、お客様のために本職以外のことをどこまで頑張ってくれるかによって、その営業マンの性格が見えてきたりもします。

 

うさぎ
頑張ってくれると信頼しちゃうよね!

 

ぜひ、建築するハウスメーカーを見定めるためにも、土地探しはハウスメーカーの営業マンにお願いしましょう。

 

③ハウスメーカーの営業が間に入ってくれるから

 

土地探しのベストな方法は、ハウスメーカーの営業マンに土地探しをお願いして、一緒に候補地を絞り込むこと。

その後、営業マンと一緒に現地や不動産屋に行って詳細な情報を手に入れて検討するという方法です。

 

営業マンがついてきてくれれば、不動産屋にも行きやすいですし直接必要な情報を得ることができます。

営業マンに相談すれば、不動産屋と話す場を快くセッティングしてくれると思います。

 

ぞう
一緒に不動産会社に行ってくれるのは安心だ!

 

土地探しはハウスメーカーの営業マンにお願いして、必要があれば不動産屋に話を聞きに行くという方法が、効率よくいい土地を購入できる1番の方法です。

 

土地探しもハウスメーカーにお願いしよう

 

土地探しをするときはハウスメーカーの営業マンにお願いしましょう。

ハウスメーカーに土地探しをお願いするときのポイントは3つです。

 

お願いするときのポイント

  • 気に入っているハウスメーカーの営業マンにお願いする
  • 土地の要望だけでなく、建物の要望も聞いてもらう
  • 営業マンと一緒に土地を見に行く

 

何よりも土地探しをお願いした営業マンを信頼することが1番大切です。

直接自分では不動産会社と連絡を取らず、営業マンに任せましょう。

 

住宅のプロのアドバイスを聞きながら、自分達の要望を叶える土地で理想のマイホームを建てましょう。

マイホームを夢見るあなたへ伝えたいたった一つのこと

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業をかけられる割に、大した収穫が無いから。
  2. せっかくの休日が潰れてしまい、もったいないから。
  3. 今の便利な時代、「住宅展示場に行く必要がなくなった」から。

 

「住宅展示場に行く必要がなくなってしまった」のは、毎月5,000人以上が利用している、こんな最先端のサービスが無料で提供されているからなんです。「タウンライフ家づくり」というサービスです。

 

タウンライフ家づくり

 

便利すぎてビックリ! /

タウンライフ家づくりをのぞいてみる

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  1. あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  2. 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  3. 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  4. 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

いまはなんでもネットで手に入る時代になりました。

 

希望する住宅会社の「間取りプラン」と「見積もり」くらい無料一括請求でパパッと手に入る時代になっているのです。

 

わざわざ住宅展示場に行く必要なんて無いですよね。

令和の賢い選択、それが「タウンライフ家づくり」です。

 

私、実際に利用してみました!

要望がしっかりと取り入れられたプランと見積もりが届いて、感激しましたよ。

 

無料で届いたプランや見積もり

 

賃貸物件の間取りを見るのってすっごく面白いじゃないですか。

あれと同じで自分のために作成してくれた間取りプランを複数比較するのはとっても楽しいですよ!笑

 

かんたんに各社の見積もりが勢ぞろい。

総額や月々の支払い額も分かるから、めっちゃイメージしやすい!

 

最大手ハウスメーカーもほとんどが提携しているので、安心して利用できました。

 

以下の画像の中で気になるハウスメーカーがあれば、無料で間取りプランと見積もりを依頼できますよ!

 

提携企業の一部(全国で600社以上が提携)

 

「タウンライフ家づくり」の評判は口コミで広がり続けていて、

「利用満足度」「知人に薦めたいサイト」「使いやすさ」で、No.1に輝いています!

 

「タウンライフ家づくり」は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスなんです!

 

 

住宅会社選びのサービスとしては、もはや「定番」と言っても良いほど知られているサービスです。

 

サイトは8年以上前から運営されていて、口コミでどんどん有名になったみたいですね!

今では、毎月5,000人以上が利用する大手サイトに成長しています。

 

利用する前は「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

 

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

あなたの憧れのハウスメーカーに気軽に依頼しちゃいましょう!無料だもん!

 

忙しい子育て家庭にもピッタリ /

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

-家づくり基本の「キ」

© 2020 チューモンズー