注文住宅の「気になる!」が全部あるブログ

間取りのアイデア

シューズクロークは必要か?メリット・デメリットから冷静に判断

 

こんにちは!注文住宅業界歴6年、きのぴーです。

 

シューズクロークとは玄関の隣に作る空間で、靴などをしまえる土間のクローゼットです。

 

きりん
近年、人気の間取りだよ!

 

通常の壁に付いている玄関収納とは違い、ウォークインクローゼットのような収納の中まで入っていけるタイプが主流です。

また、収納の中に入っていけるだけではなく、そのまま室内へあがれるウォークスルータイプのシューズクロークなど様々なタイプがあります。

 

とても便利な空間ですがある程度の広さも必要ですので、採用するか迷う人も多いのではないでしょうか。

この記事を読んで、あなたにとってシューズクロークは必要かどうかを確かめてみてください。

 

らいおん
メリット&デメリットから冷静に判断してみようよ。

 

シューズクロークは必要か?メリット・デメリット一覧

 

まずはシューズクロークのメリット・デメリットについてです。

メリットに多く共感できたらシューズクロークは必要ですし、デメリットの方が共感できた場合はシューズクロークは必要ないかも。

 

シューズクロークのメリット

靴以外の物もしまうことができる

 

シューズクロークには靴はもちろん、他にも色々な物をしまうことができます。

一般的な玄関収納よりもシューズクロークの方がたくさん収納量が取れます。

 

その為、子供が外で遊ぶためのおもちゃやガーデニング用品など、様々な物を収納できます。

 

広い空間を取ることができますので、ベビーカーやコートをかける場所も作ることができ、とても使い勝手がいいです。

 

玄関をきれいに保つことができる

 

シューズクロークには、玄関に置きたいものを全て収納することができます。

傘立てや玄関用のホウキなどもシューズクロークにしまえば、玄関はいつもスッキリときれいです。

 

きりん
来客時にはスッキリとした玄関を見せたいよね。

 

ウォークスルータイプのシューズクロークにすれば、家族全員が必ずシューズクローク内で靴を脱ぐため、より玄関をきれいに保つことができます。

急な来客があった時に、玄関に靴がごちゃごちゃに広がっているということが無くなります。

 

物置を買わなくても済む場合がある

 

一般的に泥が付いていて室内に持ち込めないものは、屋外に物置を置いて収納することが多いです。

しかし、シューズクロークがあることで室内に収納できる場所ができますので、物置を買わなくて済む場合があります。

 

らいおん
物置を置かなくて済むと、外観の印象もすっきりするよ!

 

物置ですと、夜暗いときに取りに行くことが面倒くさかったり、強風で砂が吹き込む可能性がありますが、シューズクロークはそのようなことがありません。

また、物置を置かない分、土地を有効活用することができます。

 

外で使う趣味の物をしまうことができる

 

ゴルフやスノーボードや野球など、アウトドアな趣味を持っている方も多いと思います。

シューズクロークがないと、物置や室内の納戸へしまったり玄関に置きっぱなしにしてしまう場合も多いと思います。

 

はむすたあ
お子さんの習い事、旦那さんの趣味によっては、玄関がモノで溢れかえるもんね。

 

シューズクロークがあれば、そのようなこともありません。

また、使うときにわざわざ物置や納戸まで取りに行く必要がないので、出掛ける時もとても楽です。

 

シューズクロークのデメリット

 

次にシューズクロークのデメリットを解説します。

 

間取りによっては玄関が小さくなる

 

シューズクロークは1帖~2帖くらいの広さを取る方が多いです。

シューズクロークを作った分、玄関の空間を削らなくてはなりません。

あるいは、リビングなどの他の居住スペースを狭くしなければいけない場合もあります。

予算に余裕があるときは、玄関とシューズクロークどちらも広く取れますが、中々難しい場合もあると思います。

 

きりん
建てられる家の広さにも限界があるから、シューズクロークの分、どこかを狭くしないといけないんだ。

 

そのような時は、他の部屋との広さの兼ね合いや使用頻度を考えた上で、シューズクロークが本当に必要か検討しましょう。

シューズクロークがある暮らしとない暮らしの違いを具体的にイメージして、暮らしの質が上がりそうであれば採用してもいいと思います。

 

シューズクロークに玄関の物を押し込むだけの空間になりそうであれば、取り入れない方がいいです。

 

臭いが玄関へ広がりやすい

 

玄関を広く見せるためにシューズクロークに扉を付けないタイプも人気です。

その時に問題になることが「靴の臭い」です。

 

扉を付ければ解決することができますが、1日に何回も使う場所だと結局開けっ放しにしてしまうことが多いです。

そうすると、シューズクローク内だけでなく玄関にまで靴の嫌な臭いが広がってしまい、来客に不快な思いをさせてしまうこともあり得ます。

 

はむすたあ
ただでさえクサイ靴が集まってるんだもんねえ…。笑

 

シューズクロークを付ける場合は、必ず臭い対策をしましょう。

臭い対策とは窓を付けることと、脱臭効果のある物を置くことです。

 

パナソニック製のエアイーという製品は天井埋め込み型の換気扇で、ナノイー発生器も付いています。

その為、換気と脱臭もどちらにも対応しているという優れものです。

窓が取れないシューズクロークの場合は、エアイーなどの換気扇を取り付けることをおすすめします。

 

ぱんだ
換気も効果的なんだね!

 

クロスが汚れる

 

シューズクロークには土の付いた靴や雨に濡れた傘をしまいますので、どうしてもクロスが汚れてしまいます。

玄関収納の場合は、収納の内部が吹き上げやすいシート材になっている場合が多い為、汚れを落としやすいです。

 

しかし、クロスの場合は汚れが落ちにくいですので、汚れが目立ちにくいデザインのクロスを選ぶことをおすすめします。

また、同じクロスでも防カビタイプや撥水効果のあるクロスもありますので検討してみてください。

 

うさぎ
何も考えずにクロスを採用すると、のちのち困るんだね。

 

シューズクロークが必要かどうかを見極める

 

次に、自分達の生活の中にシューズクロークが必要があるかないかを考えてみてください。

 

シューズクロークが必要あるのはこんな家庭

家族が多い

 

家族が多いと当たり前ですが靴の量も多いですので、シューズクロークが必要です。

 

一般的なサイズのコの字型玄関収納ですと、40~50足入ります。

しかし高い段の収納はほとんど使わなくなかったり、ブーツや長靴などの高さのある靴だと数段分の収納を使うことになりますので、実際に有効活用できる分は20足前後です。

 

靴が少ない家族であれば収まるかもしれません。

しかし、家族が多いということは傘やスリッパも人数分ありますので、そのような物をスッキリ収納するためにも、シューズクロークの採用をおすすめします。

 

しばいぬ
5人家族以上は文句なく検討しよう。

 

来客が多い

 

来客が多いと、家族以外の人が玄関に足を踏み入れる機会も多いです。

常に家族全員が玄関収納に履いた靴をしまう習慣がついていればいいですが、それができる家族は非常に少ないと思います。

 

玄関だけ入って話をして帰る来客も多いと思いますので、家族の靴がいつも脱ぎっぱなしにしてあると「この家は片付けができていないな」という印象がついてしまいます。

 

ひよこ
ご近所さんがふらっと来ることもあるもんね。

 

その為、ウォークスルータイプのシューズクロークがあれば、家族は必ずシューズクローク内で靴を脱ぎ履きしますので玄関に靴が散乱することがありません。

 

スッキリ見せる一工夫

来客を迎え入れるときにさっと下ろせるロールスクリーンをシューズクロークの入り口に付けておくと、さらに玄関内がすっきり見えますのでおすすめです。

 

シューズクロークが必要ないのはこんな家庭

玄関以外で広く取りたい空間がある

 

リビングや洗面所などの使う頻度が多い空間を広く取りたい場合は、シューズクロークを無理に取り入れなくていいでしょう。

シューズクロークがなくても玄関収納を大きいタイプにしたり、物置を買ってしまえるものは屋外の空間にしまうなどの対策が取れます。

 

きりん
結局は優先順位の問題だね。

 

リビングを広くするために天井を高くしたり吹き抜けを付けて視覚的に広く見せることはできますが、空間そのものを広げるということの解決はできません。

住んでから後悔しても中々簡単にリフォームできませんので、広さを取りたい空間の優先順位をつけてシューズクロークが必要か検討してみてください。

 

こまめに片付けができる

 

靴の数が少なく、履かない靴は玄関収納にしまうという流れが今の生活で出来ているのであれば、シューズクロークは必要ないと思います。

今できている習慣は、マイホームを建ててもそのまま継続できると思います。

親が当たり前のように靴をしまうということをしていれば、子供もそれを見て真似をして習慣になることも多いです。

 

ぱんだ
マメで、断捨離もできるご夫婦なら要らないね!

 

シューズクロークをつけて空間に余裕ができると、靴を隠せるのできれいにしまわなくなってしまったり、いらない靴を捨てられなくなってしまうという、悪循環が起こることもあります。

このような場合は無理にシューズクロークを付けなくてもいいと思います。

 

迷うくらいなら要らないかも

 

シューズクロークはあればとても便利な空間ですが、家族によっては必要がない場合もあります。

 

  • 家族の人数
  • 来客の頻度
  • 玄関内にしまいたい物

 

これらの内容を検討して、本当にシューズクロークが必要かどうか考えてみてください。

採用する場合は、住んでから後悔しないように自分達だけのこだわりのシューズクロークを作りましょう。

知っていました?毎月5,000人以上が利用する「新・賢い選択」

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業をかけられる割に、大した収穫が無いから。
  2. せっかくの休日が潰れてしまい、もったいないから。
  3. 今の便利な時代、「住宅展示場に行く必要がなくなった」から。

 

「住宅展示場に行く必要がなくなってしまった」のは、毎月5,000人以上が利用している、こんな最先端のサービスが無料で提供されているからなんです。「タウンライフ家づくり」というサービスです。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

いまはなんでもネットで手に入る時代になりました。

希望する住宅会社の「間取りプラン」と「見積もり」くらい無料一括請求でパパッと手に入る時代になっているのです。

わざわざ住宅展示場に行く必要なんて無いですよね。

新しい時代の賢い選択、それが「タウンライフ家づくり」です。

 

実際に私は希望する住宅会社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

無料で届いたモノたち

賃貸物件の間取りを見るのってすっごく面白いじゃないですか。

あれと同じで自分のために作成してくれた間取りプランを複数比較するのはとっても楽しいですよ!

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する住宅会社に一括で間取りプラン&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「タウンライフ家づくり」の評判は口コミで広がり続けていて、

「利用満足度」「知人に薦めたいサイト」「使いやすさ」で、No.1に輝いています!

「タウンライフ家づくり」は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスなんです!

 

利用する前は「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

-間取りのアイデア

© 2020 チューモンズー