家づくり基本の「キ」

気密とは?すっごく分かりやすい超シンプル解説

投稿日:

 

こんにちは!きのぴーです。

 

「気密性のある家」と言われたらどんな家を想像しますか。

現在の住宅はエアコンの使用効率など省エネでありながら効率的に室内環境を良くすることが求められています。

ハウスメーカーが「高断熱・高気密の家」と宣伝されているのを見かけたことはありませんか。

一体どんな家なんだろうと思われるかもしれません。

今回はそんな「高断熱・高気密の家」の中に含まれている「気密」についてできるだけ分かりやすくご紹介していきます。

きりん
「高気密・高断熱の家」をウリにしている住宅会社は結構たくさんあるんだよね!そもそも「気密」ってなんだ?

▼断熱とは?

関連記事
断熱とは?すっごく分かりやすい超シンプル解説

  こんにちは!きのぴーです。   「断熱」と聞いて何を思い浮かべますか。 断熱とは、快適なお住まいにする大切な要素です。 ハウスメーカーで良く目にする「高断熱・高気密の家」は、言 ...

続きを見る

 

良い家は気密が大切!

そもそも気密とは?

注文住宅で「高断熱・高気密の家」というのをお見かけしたことはありませんか。

断熱の良い家とは簡単に説明しますと「服をどれだけ厚着しているか」、つまり熱が外から室内へ通りにくく、熱が室内から外へ逃げにくいのが断熱性の良い家になります。

 

では、気密が良い家とはなんでしょうか。

大まかな部材で分けると家というのは屋根・壁・窓・床で構成されています。

この屋根と壁、窓、床の継ぎ目に隙間ができているとどうでしょうか。

もう少しわかりやすいイメージに例えますと、吹雪の中かまくらをつくって暖をとろうとしたけれど壁に穴が空いている状態を思い浮かべてください。

きっとその穴から風や雪が中に入ってきて寒い思いをするはずです。

家は天井や壁、窓などちょっとした隙間ができます。

そのちょっとした隙間から空気が出入りしますので

  • 冬は冷たい空気が中に入り、暖房の暖かい空気は外へ逃げていく
  • 夏は暑い空気が中に入り、エアコンなどの冷たい空気は外に逃げてしまう

ことになります。

つまり気密がとれている家とは、隙間を出来るだけなくして空気の出入りを減らした家のことです。

らいおん
「気密性が高い」とはすなわち、「隙間が少ない家」ということ!

 

つまり気密とはファスナーを閉めてダウンジャケットで防寒すること

「気密が良い家」と「気密が低い家」の違いについてもう少しお話ししていこうと思います。

気密を身近なもので例えますと、ダウンジャケットとファスナーです。

冬場の冷たい風が吹いているときにしっかりとファスナーを締めてダウンジャケットを着ておけば寒くないですよね。

では、ファスナーが開いていたらどうなるでしょう。

きっと風がダウンジャケットの中まで入って体が冷えてしまいます。

どんなにダウンを着ていても風の通り抜けがあれば決して暖かくはなりません。

ファスナーは隙間から暖かい空気を逃げにくくする役目があるのです。

また、ダウンジャケットの生地も風が通り抜けるような素材ではまったく暖かくはなりません。

このように暖かい空気が通り抜けていかないようにすることも気密の役割です。

高気密の住宅は気密性を取るために気密シートや気密テープを使って空気の出入りをできるだけなくしていきます。

ぞう
ジャケットを着ていてもファスナーを閉めなければ冷たい空気が入ってきて寒い。どれだけ断熱性を高めても気密性が低ければ冷たい空気が入ってきて寒い。

 

頭は暑くて足元が寒い!それは気密が関係している!

熱の移動の仕方はみなさんご存知かと思います。

暖かい熱は上に逃げていきますが、逃げていく暖気の分だけ冷たい空気を引き込んできます。

「頭は暑いのに足元が寒い」と感じたことはないでしょうか。

この現象は気密が大いに関係しています。

気密が低い家は、いくら暖房を強くして足元を温めようとしても、暖かい空気を多く取り入れた分だけ多くの冷たい空気が引き込まれてしまう、という悪循環な状態になってしまいます。

しばいぬ
頭は暑いのに足元は寒いと感じる家は、気密性が低いのです。

 

気密が良くても外から熱は入ってくる その対処法とは?

気密がとれていると熱がこもらない?

気密がとれている家(隙間の少ない家)は空気の出入りが少ないということです。

となると、夏場は暑い熱がこもってしまうのでは、と思うかもしれません。

ダウンジャケットの例から見ても、ダウンジャケットは体と密着しているから夏もそのまま着ていては当然暑いです。

しかし、住宅の場合となると状況は少し変わります。

住宅はダウンジャケットとは違いかなり隙間があります。

つまり住宅の断熱材と体の間にはかなりの隙間があり、これが夏暑くなるどころか涼しくなるポイントになります。

うさぎ
気密性が高い家は、そもそも外の暑い空気を室内に取り込まないから涼しいんだぞ!

 

気密を考えるときは窓から入るお日様の熱を考えよう

夏場でも涼しい家にするには気密だけでなく断熱のことも考えなければいけません。

夏涼しくなる家とは、日射遮蔽がきちんとできていることが重要です。

日射遮蔽とは、窓から侵入する日差しを遮ることをいいます。

日射が窓を通過すると室内の壁や床の表面温度が上昇しますので、夏場は室内の温度を上げないように日射を防ぐことが重要です。

高断熱の住宅が庇を設置するなど日射遮蔽がしっかりできていると夏は涼しく快適な空間になります。

逆に冬場は日射を取り入れて表面温度を上げていくことが重要になってきます。

▼窓の断熱性能にこだわるなら、樹脂窓。

関連記事
樹脂窓の断熱性能はアルミの1,400倍!ところで樹脂窓とは?

  こんにちは!きのぴーです。   日本でおなじみの窓といえばアルミサッシ。価格も手頃で種類も豊富です。 でもアルミサッシには大きな弱点があります。それはアルミの断熱性の低さ。 ア ...

続きを見る

 

日射遮蔽とは?洞窟と地下鉄の違いを想像してみよう!

日射遮蔽についてもう少しイメージがしやすくすると、洞窟と地下鉄の違いです。

夏の洞窟は奥に行くほど涼しくなります。

これは奥に行くほど断熱性能が高くなるからです。

では、地下鉄の場合はどうでしょうか。

地下鉄は地下の洞窟とも言えますが、あまり涼しくはありません。

「洞窟は涼しいのに地下鉄は涼しくない」この違いは内部に発熱するものがあるかないかによるものです。

洞窟はどんなに奥へ行っても発熱するものがないので涼しくなります。

一方、地下鉄は照明や電車、たくさんの人など大きな熱を発しています。

そして断熱性も高いから熱がこもってしまうのです。

つまり日射遮蔽とは、この熱を発するものを防ぐということです。

日射を遮る庇や遮熱型の窓を設置するなど、窓から入る熱の侵入を防ぐことで夏でも涼しく快適な空間にすることができます。

 

気密性が高い家とは?

気密性が低いと換気の効果も低い

2003年建築基準法改正により住宅に24時間換気の設置が義務化されました。

これは気密性が高くなった家は空気の流れが少なくなってしまうため、空気を循環するためにあります。

特に空気中に浮遊するアレルギー源が室内に溜まってしまうとシックハウス症候群を引き起こしてしまう可能性があるため、換気をすることがとても重要になります。

しかし、気密性が低い家は掃除機やストローの管の途中に穴が空いているとうまく吸えないのと同じで、空気の流れが悪く換気効率が低いです。

ここで重要になってくるのが換気性能を示す単位C値です。

では、C値について具体的に下記にてお伝えしていきます。

▼シックハウスの関連記事はコチラ

関連記事
シックハウス対策は厳密には無い!?ホルムアルデヒド以外が野放しに!

  こんにちは!きのぴーです。   注文住宅を検討している方のなかには、「シックハウス症候群への対策に注意を払った家づくりをしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか? しか ...

続きを見る

 

気密性能を示す単位C値とは?

C値とは、換気性能を示す単位で相当隙間面積といい、延床面積あたりの隙間量(㎠/㎡)を表します。

C値(㎠/㎡)(相当隙間面積)=家全体の隙間の合計(㎠)÷建物の延床面積(㎡)

例えば延床面積100㎡の家の場合、C値が4㎠/㎡だと

100㎡(延床面積)×4㎠/㎡(C値)=400㎠(家全体の隙間の合計)

となります。

これがどういう状態かというと、壁に20cm角(20cm×20cm=400㎠)の穴が空いているという意味を表します。

C値は2より大きい住宅では換気はうまく働いてくれません。

想定どおり換気を働かせたい場合、C値は1以下を目指した方がいいでしょう。

まともな事業者か見分けるために「換気測定はされているか」「C値はどの程度か」聞くことをおすすめします。

気密に意識がない事業者のC値は3〜4㎠/㎡になっていることが多いです。

▼C値の関連記事はコチラ

関連記事
「C値とは?」高気密住宅と低気密住宅を見分ける便利なものさし

  こんにちは!きのぴーです。   皆さんが家を建てようと思ったら、何を基準にハウスメーカーや工務店を選びますか? 好きなデザイン、地震に耐えられる建物の強度、電気代が抑えられる省 ...

続きを見る

 

気密・断熱・換気の3拍子が重要!

快適な住宅にするためには気密だけを重要視してはいけません。

快適な住宅は「気密・断熱・換気の3拍子のバランス」がとれていることが大切です。

換気を良くするには気密性がとれていないといけませんが、断熱性が悪いと温度差が生じて結露が発生します。

結露が発生するとカビや建物の劣化の原因となってしまいます。

結露を防ぐには温度差が出ない断熱性能が重要です。

また、気密性は高いが換気効率が悪いと熱がこもり湿度が高くなります。

そうなると結露やカビが発生してしまいますので、換気性能も快適な住宅にするための重要な要素となります。

つまり

  • 気密性が高くても換気効率が悪いと熱がこもる
  • 気密性が悪いと熱が逃げて断熱性が低下する
  • 断熱性が悪いと室内環境が安定せず、温度差があると結露が発生する

となります。

注文住宅で良く見かける「高気密・高断熱の家」というのは、この気密性と断熱性、換気効率の3拍子が揃って実現する住宅のことをいいます。

▼換気システムには3つの種類があるのをご存知ですか?

関連記事
換気システムは3種類!圧倒的おすすめは「第3種換気」…その理由は?

  こんにちは!きのぴーです。 きれいな空気吸っていますか?   人間は一日に15kgもの空気を体に取り入れているといわれ、一生のうちに体に取り込む物質の57%が室内空気というデー ...

続きを見る

 

まとめ

ここまで、「住宅における気密とは何か」についてお伝えしてきました。

今回は気密について重点的にご紹介しましたが、気密以外にも断熱性や換気効率も一緒に取り入れていくことが大切です。

気密性や断熱性、換気効率を取り入れていくとなると、専門的な計算をして数値化する必要がありますが、適正な数値を知っておくだけで業者と突っ込んで具体的な話ができます。

設計の段階では数値を元に考えていかなければいけませんので、適切な基準値だけでも知っておきましょう。

知っていました?毎月5,000人以上が利用する「新・賢い選択」

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業をかけられる割に、大した収穫が無いから。
  2. せっかくの休日が潰れてしまい、もったいないから。
  3. 今の便利な時代、「住宅展示場に行く必要がなくなった」から。

 

「住宅展示場に行く必要がなくなってしまった」のは、毎月5,000人以上が利用している、こんな最先端のサービスが無料で提供されているからなんです。「タウンライフ家づくり」というサービスです。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

いまはなんでもネットで手に入る時代になりました。

希望する住宅会社の「間取りプラン」と「見積もり」くらい無料一括請求でパパッと手に入る時代になっているのです。

わざわざ住宅展示場に行く必要なんて無いですよね。

新しい時代の賢い選択、それが「タウンライフ家づくり」です。

 

実際に私は希望する住宅会社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

無料で届いたモノたち

賃貸物件の間取りを見るのってすっごく面白いじゃないですか。

あれと同じで自分のために作成してくれた間取りプランを複数比較するのはとっても楽しいですよ!

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する住宅会社に一括で間取りプラン&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「タウンライフ家づくり」の評判は口コミで広がり続けていて、

「利用満足度」「知人に薦めたいサイト」「使いやすさ」で、No.1に輝いています!

「タウンライフ家づくり」は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスなんです!

 

利用する前は「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

  • この記事を書いた人
きのぴー

きのぴー

注文住宅にかかわる仕事に就いて7年。わたしは思います。「注文住宅に関するアレコレは難しく書きすぎ…もっとわかりやすく説明できるでしょうが!」と!当サイト「チューモンズー」は、注文住宅に関するあらゆることを動物たちと一緒に楽しく学べるお役立ち情報サイトです。記事の中にはかわいい動物たちがたくさん登場していて、分かりやすく楽しく読んでいただけます!ゆっくりしていってくださいね♪

-家づくり基本の「キ」

Copyright© チューモンズー , 2019 All Rights Reserved.