間取りのアイデア

天井高の基準は2400mm!天井高にメリハリをつけて魅力的な家に!

 

こんにちは!きのぴーです。

 

日本の住宅の天井高は2400mmが基準です。

そう聞いて「マイホームの天井高はどの部屋も2400mmにしよう!」と早まってはいけません。

かといって「どの部屋もなるべく高くしよう!」というのも、おすすめしません。

実は天井の高さはメリハリが大事。「どの部屋も同じ天井高の家」は、ムダな脂肪がついてメリハリがない寸胴なボディと同じです。

ムダをなくして部屋によってメリハリをつければ、あなたの家はもっと魅力的になります。

この記事では、天井高の基準とメリハリのつけ方を解説します。

きりん
平たい家じゃつまらないでしょ?

 

基準の天井高と最低限必要な天井高

日本の住宅の天井高の基準は2400mmです。

2400mmが基準になったのは、日本人の身長に合っていて、なおかつ建築材料に無駄が出にくいという理由からだといわれています。

日本人の平均身長が少しずつ伸びていることもあり、天井高2500mmや2700mmを標準にするハウスメーカーやマンションも出てきてはいますが、現在のところ多くの住宅の天井の高さは2400mmになっています。

 

しかし用途によっては、2400mmの高さが必要ない部屋があります。

最低限必要な天井高を知っておけば、無駄のない空間づくりに役立ちます。

それでは部屋の用途ごとに、最低限必要な天井高を見てみましょう。

*一般的な日本人の身長を想定しています。ご家族に高身長の方がいる場合は、それを考慮した高さにする必要があります。

 

リビングルーム・ダイニングルームの天井高 2400mm以上

広々と開放感のある空間にしたいリビングルーム。

基準の天井高2400mmを確保しておけば低くすぎると感じることはないでしょう。

みんなが集まるリビング・ダイニングですから、家の中でも特に高さを意識したい場所ですね。

 

寝室の天井高 2200mm以上

立ったり座ったりのリビングと違い、ベッドで横になって過ごす時間が多い寝室は、多少低めの天井高でも大丈夫。

低めの天井の方が、落ち着いた空間になる効果もあります。

らいおん
寝室の天井はあえて低くして、落ち着ける空間にするアイデアもあるよ!

 

水回り、廊下、収納などの天井高 2000~2100mm以上

建築基準法では「居室の天井高は2100mm以上」と定められています。

居室とは「ふだんいる部屋」のこと。

LDKや寝室は居室になり、洗面所、お風呂、トイレ、廊下、玄関、収納などは居室ではありません。

居室でない部屋は2100mm以下にしてもOKです。

水回りや廊下は長時間いる部屋ではないので、天井高は最低2000~2100mmあればいいでしょう。

 

傾斜天井の一番低い部分 2000mm以上

設計によっては最上階の部屋の天井が傾斜になる場合があります。

その場合の一番低い部分の高さも最低2000mmと覚えておきましょう。

 

天井高にメリハリをつけることのメリット

最低限必要な天井高をクリアしつつ、部屋によっては思い切って天井高を高くする。

そんな風に天井高にメリハリをつけると、いろんな効果やメリットが得られます。

 

高い天井をより高く感じる

天井が低い部屋から天井が高い部屋に入ると、頭上がすっと開けて天井が数値以上に高く感じられます。

どこでも同じ天井高だと、天井が高くてもあまり意識されない場合があります。

しばいぬ
リビングを広くするなら、廊下の天井高を下げるのもいいかも!

 

部屋の用途によって雰囲気を演出

開放感の必要な部屋は高い天井、落ち着いてリラックスしたい空間なら低めの天井、などなど部屋の用途によって色々な雰囲気を演出することができます。

 

省エネルギーで光熱費が安くなる

部屋の体積が大きいほど、冷暖房の負荷は大きくなります。

高くする必要がない部分の天井高を低く抑えれば、冷暖房の負荷が少なくなり、その分光熱費も安くなります。

 

メンテナンスがしやすくなる

天井が高いほど、窓、天井、壁の掃除や電球の交換などのメンテナンスが大変になります。

脚立などで行う作業は危険も伴い、なるべく避けたいもの。

必要な部屋のみ天井高を高くすることで、メンテナンスが楽になります。

はむすたあ
メンテナンスのことなんて考えてもなかったなあ。

 

家の高さを低く抑えられる

室内からは見えませんが、下の階の天井から上の階の床までの間には、天井の懐(ふところ)といわれるスペースがあります。

このスペースには、梁などの構造材、電気の配線や設備の配管、ダクトなどが収まっています。

例えば、廊下の天井高を低めにし、余裕ができた天井の懐部分に空調のダクトを設置するなど、天井高と天井の懐をうまく計画すると、家の階高を下げることができます。

また、1階のリビングの天井を高くした分、2階の寝室の天井高を低くするなど、上下の階で天井高を調整して家の高さを抑えることもできます。

一般的に家の高さや軒の高さなどは低めに抑えた方が、プロポーションがよくなり上品です。

建築費用を抑える効果もあり、高さ制限などの法規制への対応にも有効です。

 

天井高のメリハリのつけ方

では具体的にどのように、天井高のメリハリをつければいいのでしょう?

「開放感が必要なリビングやダイニングは高く、水回りや廊下など居室でない部分は低く」

これが天井高のメリハリのつけ方の原則です。

この原則に従いながら、部屋の特性や広さ、動線なども考慮して天井高を設定します。

いくつかのポイントやヒントをご紹介します。

らいおん
天井高にメリハリがあるおうちはカッコいいぜ。

 

広く感じさせたい部屋は天井を高くする

人間は部屋の広さを、空間の体積(面積×高さ)で感じています。

これを利用すれば、部屋の天井を高くすることで、狭い部屋を広く感じさせることができます。

ただし、狭い部屋の天井が極端に高いと「穴蔵」のようになってしまい、逆に違和感を感じることもあるのでバランスに注意が必要です。

 

動線を意識するとドラマティックな空間になる

人の動線をイメージして天井高を設定すると、「玄関から天井の低い廊下を歩いて行き、リビングルームに入ると急に天井が高くなる」など、ドラマティックな演出が可能です。

しばいぬ
玄関→廊下→リビング(ドーン!)

 

和室は低めの天井高が落ち着く

床に座る和室では、椅子に座る洋室より目線の高さが400mmぐらい低くなるので、和室の天井高は低めに設定します。

和室の天井があまり高いと落ち着きません。

リビングルームの一角に畳のスペースを作る場合、畳部分の床を少し高くする「小上がり(こあがり)」という方法が使われることがあります。

小上がりは、椅子に座っている人と畳に座っている人の目線の高さを揃えるのと同時に、床が上がった分、畳の部分の天井高を低く抑える効果があります。

▼和室は家のどこにプランニングする?

和室間取り
和室を配置するコツは4つ!目からウロコの間取り術!

続きを見る

 

ひとつの部屋の中で天井高を変えるのもアリ

LDKのように、いくつかのエリアに分かれた広い部屋の場合は、同じ部屋の中であえて天井高を変える場合もあります。

天井の高さの変化によって、空間に変化をつけたり、部屋のゾーニングをはっきりさせたりする効果があります。

 

シーリングファンやシャンデリアをつける部屋の天井は高めに

シーリングファンやシャンデリアなど、天井からボリューム感のあるものを取り付ける場合はその分天井が低く感じます。

シーリングファンやシャンデリアが下がってくる高さを考慮に入れて、天井高を決めましょう。

高い天井のリビングに高さのあるシャンデリアや照明を吊るせば、華やかでステイタスを感じさせる空間になります。

ひよこ
高い天井にシーリングファン…オシャレな組み合わせだよね。

 

傾斜天井にはグルニエが有効

最上階の部屋では、屋根の勾配に合わせた傾斜天井にすることがあります。

屋根勾配によっては、棟に近い部分では天井高がかなり高くなります。

この場合、天井が高い部分に収納用のグルニエ(小屋裏物置)をつけるのも、天井高の調整のひとつの方法です。

グルニエの下は天井の高さが抑えられ、変化のある空間になります。

ただし、グルニエ自体は最高天井高1400mm以下、面積は直下の階の1/2以下などの法律で決められた条件を満たさないと、グルニエではなく「階として見なされる」ので注意が必要です。

「階として見なされる」とは、例えば2階建の家の一部にグルニエを設けたせいで、3階建の家と見なされてしまうということです。

▼小屋裏の空間を使って家を広くしましょう

脱★狭い家
床面積を増やす間取りの裏ワザ!容積率不算入の丸秘テクで脱・狭い家!

続きを見る

 

構造を見せる裏ワザで天井高アップ

家の高さの制限などの条件により、希望の高さまで天井を高くすることができない場合は、天井のボードを張らずに構造材を見せてしまうという裏ワザもあります。

きりん
天井の梁を露出させるのね!それもおしゃれだよね~。

天井の懐の高さ(天井から上階の床面の下まで)は通常400mm程度。

天井のボードを張らなければ、梁が通っているところ以外は400mm天井が上がることになります。

ただし、天井の懐に隠している配線、配管、構造材の金物なども見えてしまいます。

部分的に隠す、見えても見苦しくないようにする、などの工夫が必要です。

より高度な設計が求められる方法といえるでしょう。

また、内装制限や防火の規制で天井を張らなければいけない場合もあります。

 

まとめ

天井高の基準とメリハリのつけ方をご紹介しました。

家の設計を検討するとき、つい平面図ばかりに目が行きがちです。

でも実際は平面図に高さが加わり、3Dになったときにはじめて現実の空間になるのです。

平面図と同じぐらい断面図もじっくり検討して、無駄のない魅力的な空間を目指してくださいね。

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 便利すぎてビックリ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりを使えば、あなたが気になるハウスメーカー・工務店が作成する「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」がお手もとに届きます!無料で利用できます。

 

\カンタン2STEPで完了!/

 

たったこれだけ!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

ローコストメーカー・工務店もたくさん!

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

\さあ家づくりを始めよう/

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

私は、タウンライフ家づくりで出会った素敵なハウスメーカーと契約しました!

 

★届いた間取りの一例

\ これはスゴイ!/

わたしの体験談を読む

 

自分のために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、信頼できるローコストメーカーを見つけるにはピッタリです!

直接会社に足を運ぶのは、その後でも良いでしょう。

 

★よくある質問

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。忙しい子育て家庭にもピッタリです。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

 

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを。

 

\さあ、今すぐ家づくりを始めよう!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-間取りのアイデア

© 2020 チューモンズー