間取りのアイデア

子供部屋4.5帖って狭い?【結論:十分な広さです】

 

子供部屋の広さを何帖にしようか迷いますよね。

 

  • 広い子供部屋は要らない!
  • 最低でも6帖は欲しくない?
  • 自分は狭い子供部屋だったから広くしてあげたい。

 

様々な意見があると思います。

 

自分が使っていた部屋の広さを元に考える親が多いみたい。

 

今回は、4.5帖の子供部屋について詳しく解説します。

 

▼子ども部屋は初めから仕切る?後から仕切る?

関連記事
子供部屋を後から仕切るなら知っておくべき6つのこと

続きを見る

 

結論:子供部屋4.5帖は狭くない

 

結論から言うと、子供部屋4.5帖は狭くありません。

 

もちろん人によって感じ方は違いますので、絶対そうと言っているわけではないです。

しかし、4.5帖は狭くないとお伝えするには理由があります。

 

子供部屋4.5帖が狭くないワケ

では、なぜ子供部屋の4.5帖は狭くないのでしょうか。

理由は次の2つです。

 

①子供部屋に置くものが段々減ってきている

昔に比べると子供部屋に置くものが減ってきています。

具体的に考えていきましょう。

 

まずはテレビです。

昔であれば、テレビを置きたいという子供もいましたが、最近はテレビよりもスマホを見ている子が多いですよね。

そのため、以前よりも子供部屋にテレビを置こうと考える家庭は少ないです。

 

テレビよりYouTubeの時代だね。

 

続いて、勉強机です。

もちろん子供部屋に置く方もいますが、他の空間に勉強スペースを作る方も増えてきました。

例えば、リビング・ダイニング空間にカウンターを設けたり、中2階に勉強スペースを作る方もいます。

そのため、子供部屋に机を置くとしても、以前より省スペースな簡易的なものを選ぶことが多いです。

 

最後は収納です。

最近では子供部屋でもクローゼットなどの収納を間取りに組み込むことが多いです。

そのため、収納棚を買い足さないという家庭も増えています。

空間としては4.5帖の子供部屋でも、収納まで足すと実は5帖以上の広さになることがほとんどでしょう。

 

0.5~1帖の収納をつける方が多いみたい。

 

昔は収納棚を買い足すことが普通でしたので、その分広い空間が必要でしたが、今はそうではありません。

収納を足したときの広さを元に、子供部屋の広さを検討してみてもいいでしょう。

 

▼収納は家全体の13%くらい必要ですよ~ってはなしがコチラ

関連記事
注文住宅の収納ってどれくらい必要?【結論:床面積の13%】

続きを見る

 

②子供部屋として使われる期間は約10年前後

子供部屋を使う期間は、約10年前後と言われています。

小学生になる6歳から子供部屋を使い始め、高校生まで使うと12年です。

 

しかし、子供が子供部屋で過ごす時間はどのくらいでしょうか。

日中は学校があり、中高生になると部活が始まるので、子供部屋は主に寝るための部屋となります。

休日も部活に遊びと忙しい日々を過ごす子供にとって、広い子供部屋はそこまで必要ないのです。

 

もし狭いと感じたら、他の友達の家に遊びに行けばいいもんね。

 

そう考えると、ずっとマイホームで過ごす夫婦の空間を広くすべきだと思いませんか?

あるいは、LDKなどの家族が集まる空間を充実させた方が、満足のいくマイホームになるはずです。

 

むしろ子供部屋は少し狭いくらいでも良い3つの理由

 

子供部屋は狭い方が、子供や親にとって良いこともあります。

 

①物が増えない

まずは、物が増えないことです。

限られた広さの部屋なので、置ける物の量が決まってきます。

小さな頃から、「この棚に入るだけしかおもちゃは買わない」などのルールを教えておきましょう。

そうすることで、自然と物が増えない部屋になります。

 

子供自身で物の量を管理する習慣がつくんだね。

 

また、物が少ないと掃除もしやすいです。

無駄な家具を置くスペースがない分、ホコリも溜まりにくく棚下などの面倒な掃除もありません。

少しの空間を掃除をすればいいので子供も手伝いやすく、自分で掃除をする習慣を身に付けやすいでしょう。

 

②リビングで過ごす時間が長くなる

子供部屋が狭いと、子供は快適なリビングで過ごす時間が長くなります。

逆に子供部屋が快適になってしまうと、自分の部屋にこもりがちになることもあります。

 

あえて過ごしにくい子供部屋を作ることも大切なんだね。

 

おもちゃ、ゲームなどの楽しめるアイテムはリビングに置き、リビングで過ごす時間を増やしましょう。

勉強スペースはリビングに作って、勉強する様子を見守る間取りも人気があります。

 

そうすることで、家族との会話が増えたり、子供のちょっとした変化にも気づきやすいです。

 

▼家族のコミュニケーションが増える間取りアイデアがこちら

関連記事
家族のコミュニケーションが増える間取りアイデア大特集!

続きを見る

 

③集中力が上がる

狭い空間の方が人間の集中力は上がります。

カフェや図書館などで集中したいときに、人は真ん中よりも端の席を選ぶという研究結果も出ています。

 

広い空間だと子供は集中できず、すぐに他の物へと目移りしてしまいます。

しかし、狭い空間であれば目の前の物に没頭しやすいのです。

 

確かに自習室だと集中できるのに、広い試験会場だとソワソワしてたなあ。

 

また、前項でもお伝えした通り、狭い部屋は整理整頓しやすいです。

きれいに片付いた部屋も集中力が上がると言われていますので、狭い部屋は子供の学習にぴったりです。

 

逆に子供部屋が広いと3つのデメリットがある

 

とはいっても、子供部屋は広いほうがいいよね!と思っている方もいると思います。

しかし、部屋が広いと実はデメリットがあるのです。

 

しっかりと確認していこう。

 

①部屋が汚くなりやすい

部屋が広いと汚くなりやすいです。

広い空間があると子供は何でも床に置く習慣がついてしまいます。

なぜなら、床に置きっぱなしにしていても、まだ快適に過ごせる空間が残っているからです。

 

また、空間が広いとたくさんの家具や物を買いがちです。

たくさんの物を買ってしまうと、逆に部屋が狭く見えて汚く感じることもあります。

 

部屋が広いと単純に掃除をする範囲も増えるから大変だね。

 

②友達との溜まり場になる可能性がある

中学生や高校生になると、広い部屋は友達との溜まり場になってしまう可能性があります。

子供がどんな友達と遊んでいるのか知りたいので構わないという方もいると思います。

 

子供の様子がわかるリビング階段も人気だもんね。

 

しかし、自分がいない間に子供が大勢の友達を呼んでいたらどうでしょうか。

自分の家で大勢の友達がどのように過ごしているのか不安になりますよね。

 

共働きの家庭は特に家を空ける時間帯が長いので、溜まり場になる可能性が高いです。

そのような場合は、子供部屋を狭くして溜まり場にならないようにしましょう。

 

③電気代がかかる

当たり前ですが、子供が子供部屋で長い時間過ごすと電気代がかかります。

照明はもちろん、夏場・冬場はエアコンもつけます。

狭い部屋ならすぐに冷暖房が効きますが、広い部屋だとそうはいきません。

 

子供がリビングで長く過ごしてくれれば、照明もエアコンもLDKだけつけておけばいいので、節約につながります。

家計を助けるためにも、狭い子供部屋を選択しましょう。

 

▼光熱費が安い家を建てるコツがこちら

関連記事
光熱費が安い家を建てるための節約になる間取り術10のワザ!

続きを見る

 

4.5帖の子供部屋にしてメリットのある空間づくりを

 

4.5帖の子供部屋は決して狭くなく、たくさんのメリットを持ち合わせています。

 

  • きれいな子供部屋を保てる
  • 子供とはコミュニケーションをたくさんとれる
  • 家族や夫婦の空間を広く採れる
  • 集中できる環境づくりができる
  • 子供部屋が友達の溜まり場にならない
  • 電気代の節約につながる

 

広い子供部屋を作ろうと思っている方は、今一度必要性を考え直してみましょう。

また、4.5帖が狭くないかと迷っている方は、「4.5帖の子供部屋は最適な広さだ!」と考えを改めましょう。

 

子供部屋の広さに悩んでいる方にとって、少しでも役立つ記事になることを祈っています。

 

▼子ども部屋は初めから仕切る?後から仕切る?

関連記事
子供部屋を後から仕切るなら知っておくべき6つのこと

続きを見る

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら、全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 便利すぎてビックリ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

 

提携企業のほんの一部

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです。

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

 

あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

色んなハウスメーカーの間取り・見積もりを見比べるのって、ほんとに楽しい!

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを!

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

「間取り・見積もり依頼の前に、まずは各社のカタログ集めがしたい!」

という方には、無料のカタログ請求サイトホームズがおススメです。

 

テレビCMなどでもお馴染みの超大手サイトなので、安心して利用できますよ。

あなたの予算にあったハウスメーカー・工務店が一覧表示されるので、とっても使いやすいです。

 

\ 注文住宅のはじめの一歩 /

無料でカタログをGET

 

-間取りのアイデア

© 2021 チューモンズー