※本記事にはプロモーションが含まれます。

家づくり基本の「キ」

西側を窓なしにして後悔したと感じる3つの瞬間

 

私のInstagramはこちら

 

注文住宅を建てるとき、西日の眩しさを気にして、西側の窓をなしにしようと考えるケースは多いのではないでしょうか?

確かに、西側の窓を思い浮かべると、強い西日が入り込み、住みにくくなるのではないかというイメージが大きいかもしれません。

 

しかし実際には、西側を窓なしにしたことで後悔したと感じているケースも多くあるんです。

西側を窓なしにしたらどんなことで後悔するんだろう?

 

そこで今回は、西側を窓なしにして後悔した瞬間について、具体的な理由を挙げながら解説していきたいと思います。

窓の付け方は、家づくりにおいてかなり重要なポイントとなるはずなので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

※あなたオリジナルの間取り・見積もり作成を無料ネットオーダーしてみませんか?

 ↑ あなただけの間取り・見積もりが届く!

無料のネットオーダーで…

  1. 注文住宅を安く建てられる!
  2. 理想の間取りが見つかる!
  3. 営業マンと会わずに済む!

\ 無料・かんたん3分・ネット完結 

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

西側を窓なしにして後悔したと感じる3つの瞬間

 

西側を窓なしにした人たちは、実際にどのような点で後悔しているのでしょうか?

ここでは、後悔したという声が特に多いとされる3つのポイントを挙げて、解説していきます。

 

  1. 午後になるとすぐに室内が暗くなってしまう
  2. 風通しの確保が難しい
  3. 冬場の冷え込みが厳しくなる

 

後悔した瞬間①午後になるとすぐに室内が暗くなってしまう

西側の窓がないと、午後になると室内が暗くなるのが非常に早くなります。

そのため、普通ならまだ部屋の照明を点けなくても自然の明るさで過ごせるような時間帯でも、部屋の照明に頼らなければならなくなってしまいます。

 

午後になってからすぐに室内が暗くなってしまうと、一日が終わっていく感覚も早く感じられてしまい、午後の時間をゆっくりとした気持ちで過ごせなくなってしまったと後悔する声も少なくありません。

確かに午後にすぐ家の中が暗くなっちゃうと、気分も下がっちゃいそうな感じがするよね。

 

後悔した瞬間②風通しの確保が難しい

西側の窓をなくしたことで、風通しの確保が難しくなってしまったと後悔するケースも非常に多いです。

 

例えば、湿気が溜まりやすくなる時期や、リビングで焼肉などをしたときなど、風通しを確保して換気をしたいシーンは多々あります。

そんなとき、西側の窓がないせいで開けられる窓の数が少なくなってしまうと、効率よく換気することができなくなってしまうでしょう。

 

西側の窓が1つあるだけでも、空気の流れの良さは大きく変わるはずです。

風通しを確保するためには、いろんな方向に窓があったほうが絶対にいいからね!

 

後悔した瞬間③冬場の冷え込みが厳しくなる

西側を窓なしにしたことで、冬場の冷え込みが厳しくなってしまい後悔したという人も少なくありません。

 

西側に窓がないと、午後の日差しが家の中まで入って来なくなってしまうため、冬場は室内が暖まりにくくなってしまいます。

太陽の出ている日中でもエアコンなどの暖房器具を使わなければ過ごせないほど冷え込んでしまい、電気代が高くついてしまうケースも多いでしょう。

 

西側を窓なしにするメリットももちろんあります

 

西側を窓なしにして後悔したという声は確かにありますが、逆に窓なしにすることで得られるメリットももちろんあります。

ここでは、西側を窓なしにすることで得られる3つのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

  1. 西日の眩しさに困ることがない
  2. 夏場でも暑くなりすぎず快適に過ごせる
  3. 床や壁などの日焼けを防げる

 

メリット①西日の眩しさに困ることがない

西側を窓なしにすれば、家の中で過ごしているときに西日の眩しさに困ることがなくなります。

 

西側に窓があると、夕方になると強い日差しが入り込んできて、眩しくて不快感を覚えるケースは非常に多いです。

西日って本当に眩しくて、テレビを観たり本を読んだりするときにとってもストレスになるんだよね!

 

その点、西側の窓をなくしてしまえば、西日が直接入り込んでくることがなくなるため、眩しさに悩まされることなく快適に過ごすことができるでしょう。

 

メリット②夏場でも暑くなりすぎず快適に過ごせる

西側を窓なしにすることで、夏場でも室内が暑くなりすぎることがなく、快適に過ごすことができます。

 

西側に窓がある場合、午後の直射日光の影響により、夏場は家の中が非常に暑くなってしまいます。

夏の午後に帰宅したとき、家の中がモワッとして熱気が溜まっている感覚、分かる人も多いはず!

 

そのため、西側を窓なしにしておけば、どんなに日差しの強い夏の日であっても暑くなりすぎず、快適な室温を保ちやすくなるでしょう。

 

メリット③床や壁などの日焼けを防げる

西側の窓をなくすことで、床や壁などの日焼けを防げるという点も、大きなメリットといえるでしょう。

 

西側に窓があり、西日が直接入り込んでしまうと、直射日光があたる部分の床や壁が日焼けしてしまい、変色や劣化が進んでしまうことはよくあります。

また、床や壁だけでなく、置いてある家具が日焼けしてしまうことも多いでしょう。

全体ではなく西日があたるところだけが部分的に日焼けしてしまうと、見た目もかなり悪くなっちゃうよね。

 

西側の窓がなければ、西日による日焼けを防ぐことが可能になり、こだわりの内装や家具を綺麗なままキープすることができるはずです。

 

西側の窓の有無はどうやって判断したらいいの?

 

西側の窓に関しては、あったほうがいいという意見と、ないほうがいいという意見の両方があるため、結局どうやって判断すればよいのか分からずに悩んでしまいがちですよね。

そこで、西側の窓の有無の判断の仕方として、3つのポイントを挙げてみたので、悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

 

  1. 西側に隣接する建物があるかどうか
  2. 午前と午後はどちらの方が家で過ごす時間が長いか
  3. 冬の寒さと夏の暑さならどちらの方がストレスを感じるか

 

どうやって判断する?①西側に隣接する建物があるかどうか

西側の窓を検討する際は、自分の家の西側に隣接する建物があるかどうかという点を1つの判断基準にするとよいかもしれません。

 

例えば、西側に隣接する建物がある場合は、夕方の眩しい西日が直接室内に入り込んでくる心配がなくなるため、西側にも窓を設けたほうが良い判断といえるでしょう。

反対に、西側に隣接する建物がなく、西日がダイレクトに入ってくるような立地に家を建てる場合は、西側の窓をつけることでデメリットのほうをより強く感じることになってしまう可能性が高いため、注意が必要です。

家を建てる土地の周りの状況によって検討してみよう!

 

どうやって判断する?②午前と午後はどちらの方が家で過ごす時間が長いか

西側の窓は、家で過ごす時間帯によって判断するというのも良い方法です。

 

例えば、どちらかといえば午後の時間帯に家で過ごすことが多い場合は、午後になっても明るい空間が保たれるよう、西側の窓をありにしたほうがよいかもしれません。

反対に、仕事などで帰りが遅く、家で過ごす時間はどちらかといえば午前中のほうが重要だという場合は、西側を窓なしにしてもそこまで大きく後悔することはないでしょう。

 

どうやって判断する?③冬の寒さと夏の暑さならどちらの方がストレスを感じるか

西側の窓の有無で迷った際は、冬の寒さと夏の暑さならどちらの方がストレスを感じるかという視点で考えてみるのもおすすめです。

 

例えば、寒がりなタイプで、冬場に家の中が冷え込んでしまうのは特に避けたいという人であれば、西側を窓ありにして日差しが入るようにしたほうがよいでしょう。

逆に、暑がりなタイプで、夏場に熱気がこもってしまうのを特に嫌がる人であれば、西側の窓はなくしておいたほうが、夏でも比較的涼しく快適に過ごせるかもしれません。

気温によるストレスの感じ方は人それぞれ。自分のタイプに合わせて西側の窓の有無を検討してみよう!

 

西日が眩しくてイヤなら窓のかたちを工夫すれば解決できるかも

 

西側の窓で最も大きな懸念点とされるのが、西日が眩しいという点かと思います。

 

もし、西日が眩しくなるのを気にして西側を窓なしにしようとしているのであれば、窓の形を工夫することで解決できるかもしれません。

このような場合におすすめなのが、地窓の採用です。

 

地窓とは、床に近く低い位置に設けられる窓のことで、もともとはホコリなどを屋外へ掃き出すのを目的として和室に付けられるのが一般的だったといわれています。

 

地窓のメリットは、以下の通りです。

  1. 眩しさを感じずに採光を確保できる
  2. 外からの目線が気にならない
  3. 壁面を有効活用しやすくなる

 

西側の窓問題で悩んでいる人は、これらのメリットを知ることで、地窓の採用も検討してみてはいかがでしょうか?

 

▼地窓のあるある後悔5選|意外と多い地窓の失敗

関連記事
地窓のあるある後悔5選|意外と多い地窓の失敗

続きを見る

 

地窓のメリット①眩しさを感じずに採光を確保できる

地窓なら、足元付近の低い位置に設けられるため、眩しい西日の光が直接目に飛び込んでくることがなくなります。

西日による眩しい光を防ぎつつも、採光をしっかりと取ることができるため、室内が暗くなってしまうという心配もありません。

眩しさに関する悩みと、部屋が暗くなるという悩みが、地窓ならいっぺんに解決できちゃうね!

 

地窓のメリット②外からの目線が気にならない

低い位置にある地窓は、外からの目線が気にならないというメリットもあります。

 

一般的な位置の窓では、家の外を歩く通行人の目線と高さがちょうど合ってしまうケースが多く、カーテンを開けておくと気になってリラックスして過ごせないといったことはよくあります。

その点、地窓を採用しておけば、通行人の目線よりも低い位置となるため、外からの目線にストレスを感じることはなくなるでしょう。

 

地窓のメリット③壁面を有効活用しやすくなる

地窓を採用することで、窓より上の部分の壁面を有効活用しやすくなるというのも、メリットの1つといえるでしょう。

 

例えば、地窓の上の部分に壁面収納を取り付けたりお気に入りの絵画やポスターなどを飾って楽しんだりすることができるようになります。

窓を設けても壁を広く使うことができるようになるのは、地窓ならではの魅力かも!

 

まとめ

 

家づくりにおいて、西側の窓をどうするかで悩むのは珍しいことではありません。

 

実際、西側を窓なしにして後悔したという人もいれば、逆に西側を窓なしにしてよかったと感じている人もいます。

そのため、まずは西側を窓なしにすることのメリットとデメリットの両方を理解し、その上で自分はどちらのほうが合っているかをよく考えることが非常に大切です。

自分にとっての正解を見つけることが何より大切だよ!

 

今回は、迷ったときに判断するポイントや、地窓を採用することで解決できる可能性などについても解説してきました。

西側の窓問題で悩んでいる人は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね。

低年収の我が家が、大手ハウスメーカーで建てられたワケ

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約1,100社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

 

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかがとても分かりづらいです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!かんたん・3分・ネット完結。0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約1,100社!

大手ハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

サービス開始から11年・累計利用者数40万人超えの大手サイトなので、安心して利用することができます。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです。

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。本来、打合せを何度も重ねてようやく提案してもらえる間取りプラン・見積もりですが、タウンライフ家づくりなら3分でネットオーダーできちゃいます!

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

【PR】タウンライフ家づくり

 

  • ズバリ私にピッタリのハウスメーカーを1社教えてほしい!
  • 優秀な営業さんに担当になってほしい!

というあなたにはおうちキャンバスがおすすめ!

 

おうちキャンバス

おうちキャンバスなら、独自のハウスメーカー診断であなたにピッタリの住宅会社1社がズバリ分かります。また、普通に問い合わせても出会えない優秀な営業さんが担当になってくれます。

 

「こんな営業さんが良い!」というリクエストも可能で、

  • 人柄タイプ(人柄の良い営業マンが良いという方)
  • 知識タイプ(性能やスペックに特化した細かい営業マンが良いという方)
  • 誠実タイプ(誠実な対応をしてくれる信頼感のある営業に任せたいという方)
  • サポートタイプ(自分で決めて行きたいので、自己決定をうまくサポートしてほしいという方)
  • ベテランタイプ(建築実例豊富なベテラン営業マンに対応してほしいという方)

などなど、あなたの好みの営業さんを選べるよ!

 

ハウスメーカーへのお断りや営業担当の変更もおうちキャンバスが代行してくれるし、一切営業されないので安心して利用できます。利用者の94.9%が「友人に紹介したい」と回答している点からも、満足度の高さがうかがえますね。

あなたにピッタリのハウスメーカーずばり1社、知りたくない?

 

\ すべてのサービス無料 /

あなたにピッタリの1社を知る

>>利用したわたしのレビュー読んで!

 

おうちキャンバス

 

 

-家づくり基本の「キ」

© 2024 チューモンズー