予算・費用 間取りのアイデア

階段・廊下の費用を1円でも安く抑える10の衝撃テク【注文住宅】

更新日:

 

こんにちは!きのぴーです。

らいおん
こんにちはー!

 

階段や廊下は、住宅でかならずと言っていいほど必要となる箇所です。

間取りづくりによって階段や廊下はある程度の形が決まってきますが、そこからどうしたら費用を抑えていけるか、と思いますよね。

また、できるだけ費用を抑えたいという方は、どんな形の階段が適しているかと疑問に思われるのではないでしょうか。

今回は、階段や廊下の費用を安く抑えていく方法と、使用される材料の費用を比較しましたのでご紹介していきます。

らいおん
今日も今日とてコストダウン記事ですな。

 

階段素材の費用比較

種類素材1層分の参考価格      (工事費込み・円)
一般普及品既製のユニット階段(シート仕上げ)120,000~
階段にツーバイ材を使用120,000~
階段に無垢材(マツなど)を使用220,000~

階段の費用を抑えたいという方は、既製のシート仕上げユニット階段を選ぶといいでしょう。

既製品とはすでに仕上がっている製品のことで、工場で製品をつくり大量生産しています。

そのため、既製品は比較的に費用が抑えられた価格帯で販売されています。

無垢材は木の種類によって変わりますが、費用は高く設定されています。

また、階段の既製品はある程度加工された状態で届き、ほとんどの製品は組むだけで済みますが、無垢材は階段の部材ごとに加工する必要があり塗装も必要です。

製品代と階段を仕上げていく手間の費用を考慮すると、既製品のシート仕上げ階段ユニットの方が費用を安く納めることができます。

きりん
階段にかかわらず無垢材は費用が高いよ!でも気持ち良いんだよね無垢材…。

 

階段手すりの費用比較

種類素材1層分の参考価格     (工事費込み・円)
一般普及品既成の樹脂製30,000~
既成・木製(シート仕上げ)40,000~
既成・アルミ製(シート仕上げ)40,000~
ツーバイ材製30,000~
アイアン製100,000~

階段に設置する手すりの費用を安く抑えていくためには、既製の樹脂製手すりを選ぶといいでしょう。

しかし、一般的に住宅で設置されている手すりは、木製が多いです。

階段の素材が木製であるなら、手すりも木製にした方が仕上げ材の統一感がでます。

木製の手すりにする場合は、ツーバイ材を利用することで費用を抑えることができます。

手すりをツーバイ材でつくることで、既成の樹脂製と同コストで手すりを設置できます。

また、既製の木製手すりも比較的に費用が抑えられた価格帯で販売されていて、デザイン性もいいです。

アイアン製の手すりは、基本的にオーダーになることが多く、既製品でも受注生産のため費用が高くなっています。

アイアン製の手すりにしたいという方は、他の部分の費用を上手くコントロールして取り入れる必要があります。

うさぎ
手すりひとつで数万円も違うんだよ!?出来る限り安いものを選ぼう!

 

廊下の床材 費用比較

種類材料参考㎡価格(工事別・円)
一般普及品複合フローリング(突板)2,200~
複合フローリング(シート)3,000~
パイン無垢材3,000~
オーク無垢材6,000~
チーク無垢材10,000~
オーク材(ヘリンボーン仕上げ)12,000~

廊下に使用する床材は、複合フローリング、若しくは無垢材のフローリングとなります。

廊下の費用を抑えたい場合は、複合フローリングを選ぶといいでしょう。

複合フローリングは、既製品もありデザインが豊富にそろえられています。

廊下の仕上げ材を選ぶときに重要となってくるのは、階段も同じ仕上げにしないと調和がとれないというところです。

階段と廊下はつながっているので、仕上げ材が違うと統一感がなくなります。

そのため、階段と廊下の仕上げ材を選ぶときはセットとして見た方がいいでしょう。

きりん
突板のフローリングが1番安いんだよ。

 

配置する階段は4種類

階段の形も種類がいくつかあります。

1. 直階段
2. らせん階段
3. カネ折れ階段(L字型)
4. 折り返し階段(箱階段)

上記の4つが基本的な階段の形になります。

では、一つずつご紹介していきます。

 

1. 直線階段

直線階段は、言葉通り直線的に階段が延びていく形になっています。

階段を設置する面積が狭く、階段下のスペースを有効活用できます。

しかし、階段の勾配が急になりやすく、踊り場がないので万が一階段で転倒してしまうと途中で止まることなく下まで転げ落ちてしまう危険があります。

らいおん
シンプルなカタチだからスペースの有効活用がしやすいんだね。

 

2. らせん階段

らせん階段は、らせん状に上り下りする階段です。

設置面積も比較的にコンパクトでデザイン性が優れています。

しかし、らせん状に上り下りするので、家具などを持って利用するのは避けた方がいいでしょう。

基本的にらせん階段は手すりを利用して上り下りしますので、両手がふさがれた状態での上り下りは非常に危険です。

そのため、大きな物の搬入時は階段以外の場所から上に運ぶ経路の確保が必要です。

きりん
おしゃれだけど安全面ではどうなのかな…?

 

3. カネ折れ階段(L字型)

カネ折れ階段とは、階段の途中で90度に折れ曲がる形の階段です。

直線階段よりも設置面積を広くとる必要はありますが、踊場ができるので階段の上の方から転倒しても踊り場のところで止まることができます。

 

4. 折り返し階段(箱階段)

折り返し階段、若しくは箱階段とも呼ばれ、U字型に登っていく形の階段です。

カネ折れ階段と同様に踊り場があり、勾配もゆるやかになるため安全性のある階段形状となります。

 

階段・廊下の費用を1円でも安く抑える10の衝撃テク

階段・廊下費用テク①:階段は既製品を使うこと

既製の階段ユニット材は、ほとんど加工の必要がないため施工にかかる費用が抑えられます。

多くの建材メーカーで階段部材は販売されていて、デザインや機能性に優れた製品を豊富にそろえています。

階段の費用を抑えたいという方は、既成の階段ユニット材を選ぶといいでしょう。

うさぎ
既製品を使うことはコストダウンの基本だよ!

 

階段・廊下費用テク②:仕切り壁がないスケルトン階段

スケルトン階段とは、蹴込板をなくした開放性のあるデザインの階段です。

ユニット階段を使わないで階段設置を行うときは、材料費用と手間の費用を減らすことができるスケルトン階段にするといいでしょう。

きりん
スケルトン階段は光を遮らないから、その空間を明るく保つことができるよ。

 

階段・廊下費用テク③:仕切りを省くリビング階段

リビング階段は、間仕切り壁を設けずオープンな階段になるので解放感のある空間にすることができます。

出入口に設置する建具も必要がないので、階段設置の費用を抑えることができます。

階段がリビングにあるため、家族とのコミュニケーションもとりやすい間取りとなります。

らいおん
リビング階段はメリットがたくさんあるね!

 

階段・廊下費用テク④:安く仕上げるなら箱階段

壁に囲まれて設置されている箱階段は、他の壁と同じ仕上げ材を使うことで統一感をだすことができます。

壁の仕上げ材に量産品のクロスを使えば、材料と手間の種類も減り、階段設置の費用を抑えることができます。

 

階段・廊下費用テク⑤:ツーバイ材で階段をつくる

ツーバイ材で階段をつくることも可能です。

廊下が無垢材のフローリングで仕上がっている場合、既成のユニット階段だと見た目が調和しない可能性があります。

階段も廊下と同じ無垢材で仕上げるとなると、かなりの費用がかかってしまいます。

そんな時は、同じ無垢材でもツーバイ工法で使う構造材で階段をつくるといいでしょう。

針葉樹の無垢材でもツーバイ工法の構造材は、費用も安くなっています。

階段の段板にツーバイ材を使うことで、既成のユニット階段と同等の費用で仕上げることができます。

 

階段・廊下費用テク⑥:階段を上りきった部分はおしゃれに仕上げる

階段を上りきった部分はかなり目立つ場所です。

そのため、この部分はこだわって仕上げるといいでしょう。

少し費用をかけた照明やガラスタイルを貼って柱を装飾するなどの工夫をすると、毎日の階段の上り下りも楽しくなります。

ちょっとした飾りつけなので、費用もそれほど上がることはないでしょう。

うさぎ
ここはコストダウンを惜しまないことをおススメするよ!

 

階段・廊下費用テク⑦:上り框をなくして廊下の費用を抑える

廊下の費用を安く抑えるには、思い切って上り框をなくすという方法もあります。

上り框は玄関口の横に通す板ですが、2万円ほどの材料と別途工事費用がかかります。

この上り框を省き、フローリングの断面を見せることでシンプルな仕上げになり、廊下の費用も安くすることができます。

 

階段・廊下費用テク⑧:玄関から直接リビングで廊下をなくす

玄関ホールから直接リビングにつながる間取りにすると、廊下がなくなるため費用も安く済ませることができます。

また、廊下に使う面積もなくなりますので、リビングを広くとることも可能です。

狭小地で広くリビングがとれない住宅に適した間取りとなります。

しかし、玄関から直接リビングとなるので、プライバシーの確保がとれず、玄関からくる外気も通りやすくなるデメリットがあります。

そのため、家の断熱性能と部屋が見えない位置に玄関を設けるなどの計画が必要になります。

らいおん
最近は廊下をつくらない人も増えているんだって!

 

階段・廊下費用テク⑨:ニッチを設けておしゃれな階段スペースに

壁の一部をくぼませて設置するニッチは、工事手間もさほどかからず、費用もほとんど変わりません。

壁をくぼませているので、場所もとらずに階段スペースの飾り付けができます。

ニッチがあることで、ただ通過するスペースをギャラリー風な楽しい階段にすることができます。

 

階段・廊下費用テク⑩:構造材で手すりを造作・塗装で仕上げ

手すりの費用を安くする方法で、構造材を利用して塗装で仕上げる方法があります。

ツーバイ材などの家の構造に使う木材は、内装材で使う無垢材よりも費用が安いです。

家の構造材で使う木材に余裕があれば、大工さんに加工してもらい手すりにすることで材料費用も抑えることができます。

構造材は、表面が粗くなっているので塗装して仕上げると見た目も良くなります。

 

まとめ

ここまで階段や廊下の費用を安くする方法や材料費用の比較についてご紹介しました。

階段や廊下は住宅にほぼかならず必要となってくる箇所です。

階段の形や配置の場所、廊下の広さなど間取りづくりでも費用は大きく変わってきますが、基本的に階段や廊下に使う材料を既製品にすることで費用を安く抑えることができます。

また、階段や手すりを構造材でつくれば、既成の階段ユニットと同等の費用で無垢材のような仕上がりにすることが可能です。

もし、階段や廊下の費用を抑えたいという方は、使用する材料に注意して選んでいきましょう。

知っていました?毎月5,000人以上が利用する「新・賢い選択」

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業をかけられる割に、大した収穫が無いから。
  2. せっかくの休日が潰れてしまい、もったいないから。
  3. 今の便利な時代、「住宅展示場に行く必要がなくなった」から。

 

「住宅展示場に行く必要がなくなってしまった」のは、毎月5,000人以上が利用している、こんな最先端のサービスが無料で提供されているからなんです。「タウンライフ家づくり」というサービスです。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

いまはなんでもネットで手に入る時代になりました。

希望する住宅会社の「間取りプラン」と「見積もり」くらい無料一括請求でパパッと手に入る時代になっているのです。

わざわざ住宅展示場に行く必要なんて無いですよね。

新しい時代の賢い選択、それが「タウンライフ家づくり」です。

 

実際に私は希望する住宅会社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

無料で届いたモノたち

賃貸物件の間取りを見るのってすっごく面白いじゃないですか。

あれと同じで自分のために作成してくれた間取りプランを複数比較するのはとっても楽しいですよ!

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する住宅会社に一括で間取りプラン&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「タウンライフ家づくり」の評判は口コミで広がり続けていて、

「利用満足度」「知人に薦めたいサイト」「使いやすさ」で、No.1に輝いています!

「タウンライフ家づくり」は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスなんです!

 

利用する前は「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

  • この記事を書いた人
きのぴー

きのぴー

注文住宅にかかわる仕事に就いて7年。わたしは思います。「注文住宅に関するアレコレは難しく書きすぎ…もっとわかりやすく説明できるでしょうが!」と!当サイト「チューモンズー」は、注文住宅に関するあらゆることを動物たちと一緒に楽しく学べるお役立ち情報サイトです。記事の中にはかわいい動物たちがたくさん登場していて、分かりやすく楽しく読んでいただけます!ゆっくりしていってくださいね♪

-予算・費用, 間取りのアイデア

Copyright© チューモンズー , 2019 All Rights Reserved.