間取りのアイデア

子供部屋は広くするな!10年前後で全く使わなくなるぞ!

 

こんにちは!きのぴーです。

 

子供部屋の広さを考え、「どうすれば子供が快適に過ごせるか?」を吟味している方も多いでしょう。

しかし、結論から申し上げると本当に子供のためを考えるのであれば、子供部屋の広さは3畳ほどで十分です。

はむすたあ
狭くない!?

この記事では、子供部屋を最小限に抑えるべき理由を分かりやすく解説していきます。

建築費用はもちろんですが、子供の将来性を考える教育の観点からも、3畳という限られたスペースしか与えないことは非常に価値のあることと言われています。

 

一般的な解釈を紹介!子供部屋広さの目安はどのくらい?

この記事では子供部屋を最小限に抑えるべき理由を解説していきますが、一般的な解釈では4.5畳がベストと言われています。

もちろん、土地の広さが限られているため、スペースをとることができないという家庭もありますが、4.5畳の広さがあれば子供部屋に配置したい、次のような家具をバランス良く配置できるというメリットがあります。

  1. シングルベッド・・・210㎝×100㎝ 
  2. 学習机・・・120㎝×50㎝
  3. クローク・・・90㎝×60㎝

このような家具を配置し、イメージ通りの子供部屋に仕上げたいという親御さんが多いため、4.5畳の広さが一般的な子供部屋の目安とされているのです。

しばいぬ
4.5帖あればまあ普通に家具が置けるレベルなんだね。

 

子供部屋の広さが最小限の3畳が良い3つの理由

4.5畳の広さが一般的な広さの目安となっている子供部屋ですが、3畳の広さをおすすめする理由は次の3つです。

  1. 空き部屋に住宅ローンを支払うことになるため
  2. 快適さはムダになる?子供の自制心を育てるため
  3. 小さい子供が広さに興味をもたないため

レイアウトという観点からは4.5畳の広さが良いことも事実ですが、建築費を節約する・子供をしっかりと育てる・子供を喜ばせるという3つの観点からは3畳の広さのほうがメリットが多いと言えます。

 

空き部屋に住宅ローンを支払うことになるため

注文住宅を建築する際には、住まいの快適さとかけられる建築費用のバランスが非常に重要になります。

そして、子供部屋を使う期間を冷静に考えてみると、小学校へ入学する6歳くらい〜高校を卒業する18歳くらいまで10年ほどです。

毎月支払う住宅ローンを賃貸住宅の家賃と仮定すると、子供部屋にもいくらかの家賃を支払っていることは事実であり、使わなくなった後は、空き部屋に家賃を支払っている状態になるとも言えるのです。

子供のためを考えてある程度の余裕がある広さを用意したいという親心も分かりますが、これから子ども部屋の広さを決めていくという方は10年間しか使わないという事実も加味しておくことをおすすめします。

はむすたあ
なるほど…使わない部屋のためにお金を払っているとも考えられるのか~。確かにそれは嫌だなあ。

 

快適さはムダになる?子供の自制心を育てるため

子供のためを考えて4.5畳の子供部屋を用意しておくという施主がほとんどですが、残念ながら教育上はスペースを与えても無意味と言われています。

むしろ、玄関から子供部屋に向かってしまうような子供は、非行に走る確率が高いというデータがあるほどです。

親と顔を合わせる機会が減ってしまうこと、子供が自分で快適な空間を手に入れようと努力しないことが理由となり、なかなか自制心が育たないのです。

あえて思春期を迎える中学生〜高校生くらいの年頃でも、満足できる空間を与えられていないという状況におくことで、子供部屋に閉じこもってしまうという事態を避けることができ、それでも自分のスペースがほしいという子供は、自然と自発的な行動を始めます。

また、子供が良くリビングに顔を出し、TVを見たり、ゲームをしたりという時間が多いほうが、親の立場からも満足度の高い住まいと考えられるのではないでしょうか?

しばいぬ
代わりにリビングなどを広くすることで、バランスをとるんだね。

 

小さい子供が広さに興味をもたないため

シングルベッドや勉強机などの必要なものが揃えられた、スマートな子供部屋を望む施主が多いものの、必ずしも子供が同じ感覚ではないということも事前に理解しておきましょう。

特に小学校に入学するくらいの小さい子供は、広さではなく複雑さに興味をもちます。

シングルベッドや勉強机があることよりも、ベッドと机が一体になっているタイプのほうを楽しい空間と考えるのです。

そのため、できるだけ早い段階で1人の時間を過ごせるようになって欲しいという理念のある方にも、最小限の広さしかよういされていない3帖の子供部屋がおすすめです。

ベッドと机が一体になっている自分だけの空間を気に入るだけでなく、もっと快適に過ごすためにはどうしたら良いかという能動的な発想を育てることができます。

 

子供が2人いる場合は?子供部屋は単純に6畳の広さ?

ここまでは子供部屋を3畳という必要最低限の広さにすべき理由を解説してきましたが、あくまで子供が1人の場合を想定しています。

では、すでに2人の子供がいる、これから2人目をつくる予定という方はどうするべきかと言うと、4.5畳を子供部屋の広さの目安にすることをおすすめします。

1人あたり3畳の広さが良いのであれば、2人で6畳と考えてしまいがちですが、4.5畳の広さで十分です。

子供部屋が3畳で良い理由と同様に、建築費を節約する・子供をしっかりと育てる・子供を喜ばせるという3つのメリットを生み出すことができます。

「スペースが足らないのではないか?」と不安になる方もいると思いますが、シングルベッドではなく二段ベッドにするなどの工夫をこらせば、十分に対応することができます。

はむすたあ
さすがに狭いのでは?と考える人は4.5帖の子供部屋を2つ採用してみては?

 

子供部屋の広さは決めよう!将来的に間仕切りを入れるのは危険

また、子供の数に合わせて間仕切りを入れられる設計にする方も増えていますが、実は非常に大きなリスクが隠されています。

そのリスクは子供を何人にするかというプランがない状態で、住宅ローンを利用しようとしていることです。

子供部屋の目安の広さとは一見関係のないことに思えますが、実は子供の数を決めていない状態は、どのくらいの予算が必要になるかという見通しが立っていないことと同じであり、その状態で7万円〜10万円の住宅ローンを支払い続けるのには無理があります。

経済的な観点からも子供のためを考えるのであれば、事前に子供の数を決め、子供部屋を最小限の広さに抑えることを最優先にすることをおすすめします。

しばいぬ
注文住宅を建てる段階で「子供を何人つくるか」を1度ハッキリとさせるべく話し合うのが大切なんだね。

 

まとめ

子供の将来を考え、正しい教育をしたいと考える施主が求めてしまいがちな4.5畳の子供部屋ですが、次のような理由から3帖の子供部屋のほうがメリットの多い広さと言えます。

  1. 空き部屋に住宅ローンを支払うことになるため
  2. 快適さはムダになる?子供の自制心を育てるため
  3. 小さい子供が広さに興味をもたないため

注文住宅の建築を検討している方の多くが、子供が快適に暮らせる空間づくりを目指しますが、本当に子供のためを考えるのであれば、子供部屋を必要最小限の広さに抑えることが非常に重要と言えるのです。

最近はインターネットやスマホが普及したことで、対面のコミュニケーションに悩みをもつ親御さんが増えており、実際に自分の意見を言えない・相手の気持ちを汲み取ることができない子供が育ちやすいとも言われています。

そんな時代のなかで、親はついついさまざまなものを与えてしまいがちですが、子供部屋はあえて3畳という限られたスペースに抑えることをおすすめします。

小学校に入学するくらいの年頃には親と顔を合わせる機会を増やし、中学生〜高校生くらいの年頃には多少の不満を与えるようにすることが重要です。

できるだけ建築費用を節約することも、経済的なアシストという意味でしっかりした子育てに繫げられる工夫と言えるでしょう。

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら、全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 営業マンと会う必要ナシ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

 

提携企業のほんの一部

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです。

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

 

あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなた要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを!

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-間取りのアイデア

© 2021 チューモンズー