家づくり基本の「キ」

床下暖房とは?メリット&デメリット総まとめ【床暖房じゃないよ】

投稿日:

 

こんにちは!きのぴーです。

 

床下暖房と聞いて皆さんはどんな暖房をイメージされますか。

「床暖房の間違いじゃないの?」

と疑問に思われるかもしれません。

床暖房と床下暖房はまったく違う工法です。

きりん
別物なんだ!じゃあ床下暖房ってなに?

 

床暖房はコストがかかる設備ですが、床下暖房はローコストで快適な室内環境をつくる事ができます。

では、床下暖房とは何か、床下暖房のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

 

床下暖房はローコストでとっても心地よい暖房設備

床下暖房とは?

床下暖房は基礎断熱がされた床下の空間にエアコンやストーブなどの設備を設置して、その暖かい空気を循環させて床面を暖める設備です。

これまで温度が高すぎて不快な環境にさせてしまう床暖房しかありませんでしたが、床下暖房が導入されてから心地よい室内環境をつくる事ができるようになりました。

▼基礎断熱が分からない方はこちらもどうぞ。

関連記事
基礎断熱とは?メリット・デメリット総まとめ!

  こんにちは!注文住宅業界歴6年、きのぴーです。   「家の工法はたくさんあって正直どれがいいかわからない」 そう思っている方はいませんか。 しばいぬ はーい!わかりませーん! ...

続きを見る

 

室内環境は床面、壁面、天井面が室温より0.5〜1℃前後高いと輻射熱で心地よく感じる事ができます。

温熱環境的に影響が大きいのは人体が直に接する床面ですので、温度が高く直に床に接する床暖房では快適な環境とは言えませんでした。

床下暖房は室温より0.5〜2℃高い温度に保つ事ができ、室内に設けたガラリを利用してゆるやかな自然対流を起こし室内を暖める方式です。

名称が似ていて間違いやすそうですが、床暖房と床下暖房の違いは簡単に言うと

  • 「床暖房=床を直接暖める」
  • 「床下暖房=床下空間を暖めて室内へ暖かい空気を送る」

という違いです。

らいおん
「床暖房は快適な暖めかたではない!」と。「ゆるやかに人体を暖めてこそ心地よく感じることができるのだ!」と。「だから床暖房ではなく床下暖房なのだ!」と、いうこと。

 

床下暖房が採用できる条件

床下暖房を導入するには、建てる家の仕様条件があります。

それは高断熱・高気密の家であり、基礎断熱が施行されている事です。

ぞう
床下暖房を導入できる家の条件は、高気密・高断熱であること。

 

高断熱・高気密の家とは、簡単に説明しますと「外からの熱は室内に伝わりにくく、室内の熱は外へ逃げにくい構造」になっていて、冬は暖かく、夏は涼しい環境にさせてくれます。

基礎断熱は基礎の下に断熱材を設置して、床下空間と室内空間を一体化させた方式です。

床下暖房を導入する時は「高断熱・高気密」と「基礎断熱」の仕様である事が条件ですので気を付けておきましょう。

▼高気密住宅って、すごい。

関連記事
「高気密住宅は息苦しい」なんて大ウソ!全く問題ありません。

みなさんこんにちは、きのぴーです。 今日は「高気密住宅」について学んでいきましょう。 みなさんは「高気密住宅」ってどんなイメージがありますか? 「高気密住宅」は文字通り密閉されてるイメージが強いですよ ...

続きを見る

▼高断熱住宅って、すごい。

関連記事
高断熱住宅で脳卒中・心臓病による死亡率が下がる!?

  こんにちは!きのぴーです。   ヒートショックによる死亡事故は増加傾向にあり、住宅の改善が求められています。 ヒートショックとは? ヒートショックとは、急激な温度変化によって血 ...

続きを見る

 

床下暖房の2つの方式

床下を暖める暖房方式は2つあります。

  1. 床下に暖房機を置く
  2. 床下に放熱器を置く

 

【1.床下に暖房機を置く】

この方式で使う暖房機はFF式ストーブ(強制給排気)やエアコンなどがあります。

この方式はコストや生活形態に合わせて選択ができ、FF式ストーブはコストが最も安く導入できる暖房機です。

定番と言えるFF式ストーブによる床下暖房は、床下に暖房機を置くだけなので施行も簡単、低コストで導入ができます。

また、エアコンは火災の心配がないので高齢者の方や共働きのご家庭におすすめとなっています。

 

【2.床下に放熱器を置く】

この方式で使う暖房機は

  • 温水ボイラー
  • FF式ストーブ(排熱利用、ツインバーナー)によるパネルヒーター
  • 深夜電力電熱線埋め込み土間コンクリート蓄熱暖房

などがあります。

この方式の特徴は床面のみを暖めるのではなく、熱量が大きい基礎コンクリートと土間コンクリートに蓄熱された熱が輻射熱によって全体へと広がる事が期待できます。

熱容量の大きさは木造建築の欠点を補い、安定した温熱環境を維持する事ができます。

はむすたあ
どちらかと言えば床下に暖房機を置く方がポピュラーなんだ。導入コストの安さが理由だね。

 

床下暖房のメリット・デメリット

床下空間を暖めてマイルドな室内環境にしてくれる床下暖房。

しかし床下暖房はメリットだけでなくデメリットもあります。

床下暖房を導入していくためにもメリットな面とデメリットな面の両方を把握しておきましょう。

では、床下暖房のメリット・デメリットについて詳しくお伝えしていきます。

 

床下暖房のメリット

床面が快適な温度で保てる

床を直に暖める床暖房とは違って床下暖房は床下空間を暖める方式。

床面の温度は室内温度より約0.5〜2℃高く、輻射熱で心地よく感じられます。

床面と天井の温度差や平面方向の温度差がほとんどなく良好な温熱環境をつくる事ができます。

 

長時間座っていても低温やけどの心配がない

床暖房は床自体を暖めるため直に身体を暖める事になります。

そのため、長時間暖められた床に接していると低温やけどをする場合があります。

その点、床下暖房は床を直に暖めるわけではないので長く座っていても低温やけどをする心配はありません。

 

ローコストで導入ができる

床下暖房は低コストで導入できる暖房設備です。

エアコンなどの暖房機を床下に設置するだけなので簡単に施工ができるメリットもあります。

イニシャルコストは家電量販店で販売されているエアコンの使用で工事代金含めて約7万円と床暖房の導入よりもかなりの費用を抑える事ができます。

※イニシャルコストとは:設備機器や設置など導入にかかるコストのこと

 

省エネルギーで暖房費が抑えられる

床下暖房のメリットは省エネでランニングコストを下げられる事です。

床面の輻射熱が有効に働いて室温を低めに設定できるのでとても省エネルギー、床下暖房を導入する条件の一つである高断熱・高気密の家にすれば、普通の住宅よりもランニングコストは半額になります。

※ランニングコストとは:機器やシステムなどを運用・管理し続けるために必要な費用、水道代や電気代、メンテナンスにかかる費用も含む運転経費のこと

 

好きな床材を選べる

床下暖房は好きな床材を選ぶ事ができます。

床暖房は床材の下に暖房マットを設置するため、床暖房対応の専用床材を使わなければいけません。

使用できる床材の範囲もかぎられ、さらに通常の床材よりも費用が高くなっています。

床下暖房は床下空間を暖める方式で床構造自体はどの床材を選んでも問題ありません。

床材にこだわりがある方は床材の選択肢が広い床下暖房がおすすめです。

 

床下空間が乾燥状態に保てる

床下暖房の導入は基礎断熱を行う必要があります。

その基礎断熱を施工する事で床下空間を乾燥状態に保つ事ができます。

通常の床下空間は湿気が溜まりやすく、温度も低い状態となっています。

床下に湿気が溜まると家に使われている木材の腐食が起こりやすくなり、湿度が高い事でシロアリが侵入しやすい環境にもなります。

床下が乾燥しているという事は、シロアリが生息しにくく木が腐食しにくい環境と言えます。

ただし、床下が乾燥状態だとしても、基礎断熱に使われる発泡系板状断熱材(プラスチック系断熱材)、特に硬質ウレタンフォームはシロアリの食害を受けやすいリスクがありますので、防蟻処理を行う事が重要です。

▼シロアリは「食べないものはない」と言われています。

関連記事
新築木造住宅をシロアリから守れ!3つの対策と2つの誤解とは…?

  こんにちは!きのぴーです。   みなさんは昔の家よりも今の新築木造住宅のほうが、シロアリ対策においては気をつける必要があると言われていることをご存知ですか? 強度や気密性が高ま ...

続きを見る

▼シロアリ被害を受けづらい断熱材も存在します。

関連記事
9種類の断熱材をあらゆる観点から超比較した結果…おすすめは?

  こんにちは!きのぴーです。   快適に生活していくには室内環境がとても大切です。 では、室内環境をよくするにはどうすれば良いでしょうか? それは、家の断熱性能を上げていく事が重 ...

続きを見る

 

床下暖房のデメリット

点検口や取り出し口を設ける必要がある

床下暖房のデメリットは、メンテナンスを行うための点検口や取り出し口を設ける必要があります。

また、床下はホコリが溜まるので人が腹這いになって掃除機で掃除ができるほどの床下空間を確保しなければいけません。

 

快適な温熱環境をつくるには経験が必要になる

床下暖房の優れた温熱環境をつくるには経験が必要です。

ストーブや蓄熱暖房機の場合は、押し入れの下部空間を利用しガラリ戸を手前に設置する、階段室やボイラー室に設置して床下空間に温風を吹き込むなどの工夫をして導入する事が大切です。

 

立ち上がりに時間がかかる

床下暖房のデメリットは急な温度の変更ができない事です。

長い時間使用しない場合は、立ち上がりに1時間以上かかります。

また、蓄熱効果を感じられる安定した熱環境にするには6時間ほど必要です。

ただし、床下暖房は連続暖房(24時間暖房)で使用する事が前提なので急な温度変更は必要ないでしょう。

 

まとめ

ここまで床下暖房とは何か、床下暖房のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

床下暖房は床面を室内温度の0.5〜2℃ほど高い温度で保ち、快適な室内環境にしてくれる工法です。

さらに導入するコストも安く、施工も容易、省エネでランニングコストも減らす事ができるメリットもあります。

これから家を建てようと計画していて、床下暖房を採用しようか迷っている方に、今回の記事が床下暖房を知る参考になりましたら嬉しく思います。

知っていました?毎月5,000人以上が利用する「新・賢い選択」

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業をかけられる割に、大した収穫が無いから。
  2. せっかくの休日が潰れてしまい、もったいないから。
  3. 今の便利な時代、「住宅展示場に行く必要がなくなった」から。

 

「住宅展示場に行く必要がなくなってしまった」のは、毎月5,000人以上が利用している、こんな最先端のサービスが無料で提供されているからなんです。「タウンライフ家づくり」というサービスです。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

いまはなんでもネットで手に入る時代になりました。

希望する住宅会社の「間取りプラン」と「見積もり」くらい無料一括請求でパパッと手に入る時代になっているのです。

わざわざ住宅展示場に行く必要なんて無いですよね。

新しい時代の賢い選択、それが「タウンライフ家づくり」です。

 

実際に私は希望する住宅会社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

無料で届いたモノたち

賃貸物件の間取りを見るのってすっごく面白いじゃないですか。

あれと同じで自分のために作成してくれた間取りプランを複数比較するのはとっても楽しいですよ!

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する住宅会社に一括で間取りプラン&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「タウンライフ家づくり」の評判は口コミで広がり続けていて、

「利用満足度」「知人に薦めたいサイト」「使いやすさ」で、No.1に輝いています!

「タウンライフ家づくり」は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスなんです!

 

利用する前は「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

  • この記事を書いた人
きのぴー

きのぴー

注文住宅にかかわる仕事に就いて7年。わたしは思います。「注文住宅に関するアレコレは難しく書きすぎ…もっとわかりやすく説明できるでしょうが!」と!当サイト「チューモンズー」は、注文住宅に関するあらゆることを動物たちと一緒に楽しく学べるお役立ち情報サイトです。記事の中にはかわいい動物たちがたくさん登場していて、分かりやすく楽しく読んでいただけます!ゆっくりしていってくださいね♪

-家づくり基本の「キ」

Copyright© チューモンズー , 2019 All Rights Reserved.