間取りのアイデア

トイレの窓って必要?メリット・デメリット総まとめ

  • トイレの窓の必要性や採用率が知りたい!
  • 窓があるトイレにはどんなメリット・デメリットがある?
こんな疑問を徹底的に解消します。

 

家の中には窓がある空間と無い空間がありますよね。

リビングには窓をつける方がほとんどですが、小さな収納に窓をつける方はほぼいません。

 

トイレはどうでしょうか?

窓を採用している方が多いですが、窓無しのトイレでも不便は感じていないという方もいるようです。

 

今回はトイレの窓の必要性について考えてみましょう。

 

トイレに窓は必要?

トイレに窓は必要です。

 

あくまで筆者の意見です。

 

ただし、無いと生活していけないわけではありません。

トイレに窓が必要だなと感じる理由は次の3つです。

 

【理由1】昼間は明るいから

窓があれば昼間のトイレは明るいです。

私は単純に照明よりも自然光の方が好きなので、窓は必要だなと感じます。

 

【理由2】窓を開けたいから

換気扇がついていても、トイレは何となくこもったニオイを感じてしまいます。

来客が来る前やトイレ掃除のときなどは、窓を開けて外気を取り込みたいという個人的な意見です。

 

【理由3】窓無しの家に住んだことがないから

自分が窓無しのトイレで生活したことがないので、つけるのが当たり前と感じている点も理由の1つです。

現在は賃貸住宅に住んでいますが、全て窓の付いているトイレでした。

実際に窓無しトイレに住んでみたら「意外といらないかも!」となるかもしれません。

 

トイレに窓があるメリット一覧

まずは、トイレに窓があることのメリットについて考えていきましょう。

 

トイレに窓があるメリット一覧

  1. 昼間は電気をつける必要がない
  2. 明るいとトイレが広く感じる
  3. 急いでニオイを逃がしたいときに便利
  4. 停電時も換気ができ、昼間は明るい
  5. 窓枠にモノを置ける

 

メリット①昼間は電気をつける必要がない

窓があれば昼間は明るいので電気をつける必要がありません。

電気をつけなくていいと、次のような良いことがあります。

 

電気をつける手間が減る

子供が電気のスイッチに手が届かないと、子供のトイレの度についていかなければなりません。

窓があればその必要はないですし、明るいトイレなら子供も怖がりにくいです。

 

電気の消し忘れが無くなる

昼間は他の空間の電気もつけないので、電気を消すということを忘れがちです。

しかし、窓があれば電気をつけることが無いので、そもそも電気を消す必要性がありません。

 

電気代の節約になる

微々たる金額ですが、多少は電気代の節約になります。

 

電気を点けなくていいって楽!

 

メリット②明るいとトイレが広く感じる

窓があると同じ広さのトイレでも空間が広く見えます。

理由は次の2つです。

 

  • 窓があると奥行きがあるように感じるから
  • 明るい空間は広く感じるから

 

少しでもトイレを広く見せたい方や、1帖よりも狭いトイレを採用する方は圧迫感を無くすために窓を採用してもいいでしょう。

 

メリット③急いでニオイを逃がしたいときに便利

急な来客や自分が使ったすぐ後に他の家族が入るときに、窓を開ければ換気扇と比べて早くニオイを逃がすことができます。

特に縦滑り窓のように風を取り込みやすい窓なら、より早く換気が可能です。

 

窓の種類も大切なんだね。

 

換気扇でも換気はできますが、24時間換気を続ける機械なので急速にニオイを逃がすことは苦手です。

家族の人数が多かったり来客が多い方は、急なニオイ対策に備えて窓をつけてもいいでしょう。

 

メリット④停電時も換気ができ、昼間は明るい

窓があれば停電中も換気ができて、昼間は太陽の光で明るいです。

逆に窓が無いと、換気扇や照明が作動しなくなってしまいます。

 

災害時には窓のあるトイレがあった方が安心ですね。

 

メリット⑤窓枠に物を置ける

窓枠を利用してインテリアを飾ったり、消臭剤などのちょっとした物を置くことができます。

わざわざ棚を採用する必要が無いのでコストカットにもつながります。

 

また、窓枠は壁内に埋め込まれているので、何かを置いておいても圧迫感を与えにくいです。

窓を活用しておしゃれなトイレを作りましょう。

 

観葉植物を置いてもステキ!

 

トイレに窓があるデメリット一覧

続いて、トイレに窓があることによるデメリットをお伝えします。

 

トイレに窓があるデメリット一覧

  1. 費用が高くなる
  2. 間取りに制限が出る
  3. 壁面が少なくなる
  4. 掃除の手間が増える
  5. 外気の影響を受けやすい

 

デメリット①費用が高くなる

単純に窓があると費用が高くなります。

大きさや窓の種類などによって価格は異なりますが、窓をつけると大体2~3万円の費用追加になってます。

 

デメリット②間取りに制限が出る

窓をつけるということは、トイレを建物の外周面に配置しなければなりません。

そのため、思った通りの間取りにならなかったり、他の空間の広さや窓の大きさを狭めてしまうことがあります。

 

どうしても外周面にトイレが配置できなければ、必然的は窓はなくなります。

 

窓が欲しいならトイレの配置を優先的に決めよう。

 

デメリット③壁面が少なくなる

窓があるとその分壁面が少なくなります。

壁にカレンダーや写真をかけたかったり、飾り棚を施工したい人は壁が必要ですよね。

 

たくさん飾るものがある方は短辺の壁に窓と扉を施工し、長辺の壁を有効利用するといいでしょう。

 

デメリット④掃除の手間が増える

窓があると掃除の手間が増えます。

 

窓枠にホコリが溜まりますし、窓ガラスにも汚れが付着します。

窓が無ければ室内側だけの掃除でいいですが、窓ガラスは外側も掃除をしないといけません。

 

2階の外側の窓ガラスは中々掃除できない!

 

掃除の手間を少しでも減らしたい方は、窓無しトイレを選んでもいいかもしれません。

 

デメリット⑤外気の影響を受けやすい

窓ガラスがあると外気の影響を受けやすいです。

トイレが外周面に配置されていても、窓が無ければ断熱材で覆うことができます。

しかし、窓があるとその部分には断熱材を施工することができません。

 

いくら断熱性能の高い窓を使ったとしても、断熱材入りの壁に断熱性能は勝てません。

 

窓ガラスは熱が伝わりやすい!

 

夏場は強い日差しが差し込む西側、冬場は日差しの差し込まない北側のトイレは窓が無い方が快適に過ごせます。

 

トイレに窓を採用する人は何%?

トイレに窓を採用する人は90%くらいです。

ほとんどの家庭の方がトイレに窓をつけています。

 

ただし、あくまで私の営業時代の経験での数値ですので、必ずしも正しい割合という訳ではありません。

 

ご了承ください。

 

トイレに窓をつけたい人が多いというよりも、ハウスメーカーサイドが窓ありトイレの間取りを提案することが多いので、結果的に窓の採用率が高いのではないかと思います。

 

私自身も間取りのヒアリングの時点でお客様から「トイレの窓はいらない」と言われたら窓無しトイレにしていましたが、その様な意見が無いなら初回は無難に窓ありのトイレを必ず提案していました。

 

窓ありトイレが当たり前だと思っている方にとっては、「トイレに窓付けられない=設計ミス」と捉えられてしまうケースもありますので‥。

 

どうしてもトイレの窓の優先度よりも他の空間の窓の優先度が高い場合は、打合せの途中で窓無しのトイレを提案することもありました。

すんなりと窓無しを受け入れる方もいれば、窓は必要という意見の方や2階のトイレなら窓無しでもいいという方もいましたので、人それぞれですね。

 

とにかく、トイレの窓の採用率は非常に高い。

 

トイレの窓は必ず必要ではないがあるといい

トイレの窓は必ず必要ではありません。

私自身は採光や換気のことを考えると、あったらいいのかなと感じます。

しかし、もちろん窓が必要ないという人もいるでしょう。

 

感覚は人それぞれ!

 

トイレの配置場所や自分の中での必要性を考えながら、トイレの窓の有無を検討してみてください。

 

▼2階にトイレは必要なのか?徹底的に考えてみた

関連記事
2階トイレは必要?メリット・デメリットから冷静に判断してみた

続きを見る

 

▼トイレは引き戸+横向きトイレが最強である説について

関連記事
トイレは横向き&引き戸の組合せがオススメ!使い勝手MAX

続きを見る

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら、全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 営業マンと会う必要ナシ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

 

提携企業のほんの一部

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです。

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

 

あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなた要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを!

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-間取りのアイデア

© 2021 チューモンズー