家づくり基本の「キ」

高断熱住宅で脳卒中・心臓病による死亡率が下がる!?

 

こんにちは!きのぴーです。

 

ヒートショックによる死亡事故は増加傾向にあり、住宅の改善が求められています。

ヒートショックとは?

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が一気に上がったり下がったりすることで心臓に負担がかかり、心臓病や脳卒中を引き起こすとても怖い現象のこと。毎年、交通事故よりも多くの人がヒートショックで亡くなっているんだよ。

 

ヒートショックとはどのような状況で起こる現象なのか、それは住宅の断熱性能が大きく関係してきます。

現在の住宅は省エネ性と断熱性能を高めた高断熱住宅が建てられています。

この高断熱住宅にすることでヒートショックによる死亡事故のリスクを軽減することができるため、これから家づくりをされる方には、ぜひ取り入れていただきたい要素です。

今回は脳卒中や心臓病の死亡率を下げる高断熱住宅の重要性についてお伝えしていきたいと思います。

きりん
家の断熱性を高めるだけで心臓病や脳卒中になりにくくなり、死亡率が下がる!

 

断熱がとれていない家は命の危険リスクが高い!?高断熱住宅のススメ

なぜ断熱がとれていない住宅は危険なのか

断熱施工がされていない住宅は熱が伝わりやすいため、冬は寒く、夏は暑い部屋になってしまいます。

熱が伝わりやすいということは、冬の寒い時期に暖房をかけても室内の暖かい温度は外へと逃げていき、逆に外の冷たい温度は室内に入ってきてしまいます。

また、断熱性が低い住宅は暖房をかけている部屋と暖房をかけていない部屋で温度差が生じます。

暖かい部屋から温度が下がる部屋へと移動する時に生じる温度差は、体への負担が大きくヒートショックによる脳卒中や心筋梗塞が起こる可能性があります。

このように住宅環境は人の健康と密接に関係しますので、断熱がとれていない住宅は命の危険リスクが高断熱住宅に比べて高くなっています。

らいおん
おうちの断熱性が低いと各部屋の気温差が激しくなり、ヒートショックを起こしやすくなるんだ。

 

温度差がある家はヒートショックの死亡事故が多い

上記でお伝えした通り、断熱性が低い住宅は温度差が生じやすいためヒートショックを起こす危険があります。

ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧が変動し、心筋梗塞や脳卒中などを起こしてしまう現象です。

人の体は気温が下がると体の熱を逃がさないために血管を縮めて血圧を上げます。

逆に体が温まると血管を拡張し血圧を下げていきます。

入浴や部屋への移動によって起こる温度差は体への負担が大きく、特に高齢者や体を壊した方にはとても危険な状況と言えます。

厚生労働省の人口動態統計によると、ヒートショックが原因と推測される入浴中での死亡事故は11年間で約1.7倍増加し、現在では交通事故死者数よりも多い数字となっています。

夏の時期の熱中症による死亡事故も多いですが、冬場の気温低下は熱中症よりも健康リスクが大きくなるので、家の中での温度差や低温状態をつくらないことが大切です。

ぞう
交通事故よりも多くの人の命を奪う、ヒートショック。おうちの外よりも中の方が危険なのかもね。

 

ヒートショックによる脳卒中が起きやすい時間と場所は?

ヒートショックによる脳卒中が起きやすい場所は、北側の部屋や洗面所、浴室など気温が上がりにくい場所です。

暖かい部屋と気温が下がった部屋の温度差は10℃も違うことがあります。

昔の工法でつくられたタイル貼りの浴室は断熱性能が低く寒くなりやすい場所です。

はむすたあ
気温差を少なくすれば、ヒートショックは起きづらくなるんだね。

 

そのため脱衣所で裸になった後、さらに寒い浴室に入ることは急激な温度差が生じて体への負担も大きいです。

通常よりも血圧が高い人は急な寒さにあうと血圧が200を超えて危険な状態になります。

また、トイレの場合はしゃがみ込むことで血圧が25前後上がってしまいます。

このように温度差による血圧変化が体に大きく負担をかけてしまうため、部屋間の温度差が少なくなるように断熱性能を上げる、若しくは事前に温めておいて温度差を少なくするなどの対策が重要になってきます。

【脳卒中の生じた時間と場所】
就床安静位から便所行き11.1% (25人)
就床以外の体位より便所行き13.3%(30人)
入浴中および直後12% (27人)
食事中12.9%(29人)
外出中(直前より直後まで20.9%(47人)
睡眠中および就寝中29.8%(67人)

 

脳卒中の生じた時間と場所は、便所(その直後も含む)だけで24.4%(55人)、便所と入浴を合わせると36.4%にもなります。

便所は用をすませる時に力を入れますので、血圧の上昇にもつながります。

また、便座からしゃがんだり、立ち上がったりする動作にも血圧の変動が起こる原因となっています。

 

高断熱化が進んだ北海道の住宅は死亡率が低い

このように温度差によるヒートショックの死亡事故は多くなっています。

ですが、北海道では14℃以下になると死亡率の伸びが下がる傾向にあります。

「その違いは何か」ということになりますが、北海道は他の地域とは違い寒さを意識した住宅づくりがされています。

一般的に外気温が14℃前後になると寒さを我慢するのではなく暖房をつけて部屋を温めます。

寒さ対策がされた北海道の住宅は、暖房の熱が逃げにくいばかりか、冷たい外気が室内に伝わりにくく、急激に温度が下がるということがありません。

逆に冬が暖かい鹿児島では寒さ対策がされていないせいか北海道よりも死亡率が高い傾向にあります。

きりん
北海道の死亡率が低いのは、寒い地域の方が断熱性能を重視しているからなんだね!

 

温度差が少ないことが快適な住まいになる

急激な温度差は体への負担が大きくヒートショックのリスクも高いことがお分かりいただけましたでしょうか。

死亡事故につながる可能性が家の中にあるということは、決して見逃せない問題です。

その問題を解決するには断熱性能を高めた家づくりを行うことです。

高断熱住宅は温度差を少なくし、ヒートショックによる心筋梗塞や脳梗塞の危険リスクを軽減させることができます。

このように各部屋の温度管理が適切に行える住宅として高断熱住宅は極めて有効な家づくりと言えます。

 

夏は涼しく・冬は暖かい高断熱住宅のススメ

高断熱住宅は冷暖房の効果が高く光熱費の負担を減らす

断熱施工がされていない住宅は、エアコンの熱が外へ逃げてしまうので、高断熱住宅よりも温度を下げたり、風力を上げたりしなければ快適な室温になりません。

逆に高断熱住宅は、外側からくる熱が室内に伝わりにくく、室内の熱は外側に逃げていかない構造になっていますので、エアコン効率は高くなります。

そのためエアコンのエネルギー消費が節約され、光熱費の負担も減らすことができます。

▼光熱費をカットするテクニック集がこちら

光熱費CUT
光熱費が安い家を建てるための節約になる間取り術10のワザ!

続きを見る

 

さらに快適!高気密化と換気効率を上げる

快適な住宅にするためには断熱性能を上げるだけではありません。

断熱以外に気密化と換気効率を上げることが大切です。

気密化とは簡単に説明しますと家の密閉性です。

家は多少なりとも隙間があり、その隙間から熱の移動があります。

熱の移動があるので冬の時期は冷たい熱が、夏の時期は暑い熱が家の中に入ってきてしまいます。

▼気密性を測るものさし、C値とは?

関連記事
「C値とは?」高気密住宅と低気密住宅を見分ける便利なものさし

続きを見る

 

そこで熱の移動を少なくするために隙間をなくしていくのが気密化です。

気密化された住宅はさらに室内温度が安定し快適な環境になりますので、断熱化と一緒に取り入れていくことが大切です。

また、気密性が高くなると空気の流れが悪くなってしまうので空気の循環ができるように換気ができる状態にしなければなりません。

現在の住宅は気密性が高まったことで、空気が滞留しないように24時間換気を設けて換気効率をあげる義務付けがされています。

高断熱・高気密の家とはこの断熱・気密・換気の3つの性能を高めた住宅のことです。

この3つの性能を高めた住宅は、室内温度が安定するのでエアコン効率も良く経済的で快適な住まいとなります。

▼換気には3つの種類があることを知っていますか?

関連記事
換気システムは3種類!圧倒的おすすめは「第3種換気」…その理由は?

続きを見る

 

バランスの良い設計が大切!結露には気をつけて!

快適な住まいにするには断熱・気密・換気の3つの要素が大切だと上記でお伝えしました。

ここで気をつけていただきたいのがバランスです。

例えば、断熱性能だけ上げてしまうと外気と室内に温度差が生じて結露が起きる可能性があります。

結露とはどんな現象かというと、氷を入れた飲み物をイメージしていただけると分かりやすいです。

氷を入れた飲み物はしばらくするとコップの外側に水滴がつきます。

あれはコップの中に入っている冷たい飲み物の温度とコップの外側の温度に差ができて起こります。

家でも同じ現象が起き、暖房を効かせた部屋の窓などに水滴が付いているのを見かけたことはないでしょうか。

これは室内温度と外気温度の差によって起きた結露です。

 

そして、窓に水滴がついてしまう結露よりも厄介なのが壁内結露です。

これは壁の中にある断熱材と柱の温度差によって起こる結露で、壁の中で結露が発生してしまうと柱や土台などの木に水気を含んでしまい腐らしてしまう可能性があります。

また、水気を含んだ木や湿気が多い環境にしてしまうとシロアリ被害に合う原因にもなります。

快適な住まいにしていくためには、偏った性能にしないでバランスをとることが大切です。

高断熱・高気密の住宅は専門的な計算で設計されますので、依頼する設計士の方に計算をしてもらい具体的な数値を出して結露など問題が起きないようしてもらいましょう。

▼恐ろしすぎる壁内結露…

関連記事
超怖い壁内結露!たった2つの対策とは?家が内側から崩壊する…?

続きを見る

 

まとめ

ここまで高断熱住宅の重要性についてお伝えしました。

人の健康は住まいの環境と密接に関係し、予期しないところで命を落とす危険があります。

断熱性が低いと温度差によるヒートショックが起こる可能性があり、死亡事故も増えています。

このような危険リスクを少なくするためにも、住宅の高断熱化が必要となっています。

高断熱住宅にすることは命を守ることにつながりますので、これから家づくりをされる方はぜひ住宅の高断熱化を取り入れていきましょう。

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 便利すぎてビックリ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりを使えば、あなたが気になるハウスメーカー・工務店が作成する「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」がお手もとに届きます!無料で利用できます。

 

\カンタン2STEPで完了!/

 

たったこれだけ!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

ローコストメーカー・工務店もたくさん!

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

\さあ家づくりを始めよう/

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

私は、タウンライフ家づくりで出会った素敵なハウスメーカーと契約しました!

 

★届いた間取りの一例

 

自分のために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、信頼できるローコストメーカーを見つけるにはピッタリです!

直接会社に足を運ぶのは、その後でも良いでしょう。

 

★よくある質問

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。忙しい子育て家庭にもピッタリです。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

 

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを。

 

\さあ、今すぐ家づくりを始めよう!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-家づくり基本の「キ」

© 2020 チューモンズー