家づくり基本の「キ」

注文住宅はカビ対策を怠るな!家族全員がアレルギーにならないために

投稿日:

 

こんにちは、きのぴーです。

今日は「カビ」の話をするよ。

 

日本人の3人に1人が何らかのアレルギーを持っているともいわれ、年々その数は増加しています。

しばいぬ
オイラ、猫アレルギーなんだ…

その大きな原因となっているのが、家の中のカビ。

カビ自体が病気を引き起こすほか、カビはダニの餌にもなるため、カビが生える家はダニもたくさんいる可能性が高いのです。

 

新築のマイホームにカビが生えるような事態は絶対に避けたいですね。

注文住宅を建てる前に知っておきたい、カビ対策をご紹介します。

 

こんなにある!カビの種類

カビは真菌という菌の一種で、現在確認されているだけでも10万以上の種類があるといわれています。

にわとり
なんか体が痒くなってきたぁ~!!

家の中にいる主なカビは3つのカテゴリーに分類されます。

①クロカビ(学名:クラドスポリウム)

家の中で最も多く見られるのはクロカビ。

湿度90%以上で増殖するため、湿気の多い浴室や洗面所、結露の発生した壁の内外、エアコンや加湿器などに発生します。

さまざまなアレルギーの原因になります。

 

②コウジカビ(学名:アスペルギルス)

その名の通り、お酒や味噌、醤油を作る有用な種類がいる一方で、病気の原因になる恐ろしい菌もあります。

悪性の菌は喘息やアスペルギルス症(カビ性肺炎)などを引き起こします。

古本に着く茶色の斑点はこの種類の菌が原因。

ホコリがたまった本棚などは要注意です。

 

③アオカビ(学名:ペニシリウム)

結露で湿った押し入れや窓枠、壁内などに発生するカビです。

チーズに生えているような無害な種類もありますが、感染症を引き起こす毒性の強いものもあります。

 

しばいぬ
あぁあぁカビってやつは、掃除してもしてもすぐでてくるんだよなぁ。

 

カビ発生のメカニズム

カビの対策をするために、カビ発生のメカニズムを知っておきましょう。

どんな家でも、室内の空気中にはいろいろな種類のカビの胞子が浮遊しています。

この胞子が壁などに付着し、カビ発生の条件がそろえばカビが発生します。

しばいぬ
おのれェ、カビめ!!君たちが発生する条件を暴いてやる!

【カビの発生の条件】

温度

5~35℃であればカビが発生する可能性があります。

特に20~32℃はカビが発生しやすい温度です。

エアコンの普及によって、今の住宅は一年中カビが発生しやすい環境になっています。

 

酸素

真空状態ではカビは発生しません。
しばいぬ
宇宙にはカビはいない!?

 

栄養分

カビは住宅に使われている建材のほとんどを栄養にできます。

木などの自然素材に限らず、ビニールクロスや塗料などもカビの餌になります。

建材の表面に埃や汚れがあると、さらにカビの発生が増進されます。

ホコリ1gからは、10万から100万個のカビが検出されます。

 

水分

カビは増殖する湿度によって、3つに分類されます。

  • 好湿性:湿度90%以上 クロカビ、ススカビなど
  • 耐乾性:湿度80%以上 アオカビ、コウジカビなど
  • 好乾性:湿度65%以上 コウジカビの一部など

湿度50%以下ではカビは増殖できません。

しかし、室内の空気が乾燥していても、カビの胞子が付着したものの表面に水分があればカビは発生します。

 

時間

カビの胞子は、付着したものの内部に菌糸を伸ばして栄養や水分を吸収し、新たな胞子を作り空気中に拡散します。

黒や青などのカビの色が目に見えたら、すでに新たな胞子ができている状態です。

菌糸を伸ばす前に胞子を除去すれば、新たなカビは発生しません。

 

しばいぬ
一寸のチリも許さないとは、カビは手ごわい相手だ。

 

カビの生えにくい家を造るには?

カビの発生条件のうち、温度や酸素は対策が難しい条件。

栄養分、水分、時間はある程度対策が可能です。

注文住宅を新築する時にどんなことに注意すれば、カビの生えにくい家になるのでしょう。

しばいぬ
カビ対策、おしえてくださーーーーい!!

結露を防ぐ

新築時のカビ対策でもっとも重要なのが、結露を防ぐことです。

空気は気温が高いほど、たくさんの水蒸気を含むことができます。

水蒸気を含んだ暖かい空気が、冷たい面に当たって冷やされ、含みきれなくなった水蒸気が水滴になって付くのが結露です。

結露には「表面結露」と「壁内結露」の2種類があります。

表面結露

最もよく目にする表面結露は、冬に窓ガラスや窓枠に付く水滴でしょう。

外気によって冷やされた窓に、室内の暖かな湿った空気が触れると結露がおきます。

すぐに拭き取ればカビは防げますが、毎日家の窓を何箇所も拭くのは大変です。

断熱性の高い窓を選べば外気の影響を受けにくくなるので、結露はかなり防げます。

ペアガラスやトリプルガラスの樹脂窓など、高性能なサッシを選びましょう。

▼トリプルガラスについて知りたい方はこの記事をどうぞ

関連記事
窓から熱が逃げるのは性能の低いガラスのせい!トリプルガラスを選べ!

  こんにちは、きのぴーです!   冬の夜、部屋の中は暖房で暖かいのに、窓の近くだけひんやり。 誰でもそんな体験ありますよね。 しばいぬ 窓の近くは寒いからオイラ、こたつで丸くなる ...

続きを見る

また、断熱性の低い家では、壁や床、天井も外気によって冷やされ、表面結露がおきることがあります。

断熱性の高い家なら、これらの表面結露は防げます。

家の断熱性能を表す指標であるUA値(外皮平均熱貫流率)は値が小さいほど断熱性が高くなります。

温暖な地域であれば、UA=0.5以下であることが高断熱住宅のひとつの目安になります。

 

壁内結露

表面結露より怖いのは、目には見えない壁内結露です。

暖房された室内の湿った暖かい空気が壁の中に侵入し、壁内で冷やされると結露が発生します。

また、冬に比べて頻度は低いものの、夏にも壁内結露がおこる可能性があります。

屋外の湿った熱い空気が、エアコンに冷やされた壁に触れて壁内で結露をおこします。

壁の中で結露が起きると、乾燥に時間がかかり、カビが増殖しやすくなります。

カビや結露の水分によって、家の骨組みが腐ってしまうこともあります。

しばいぬ
厄介な壁内結露!!どうすれば防げるの??

壁内のカビを防ぐには、2つの対策が必要です。

ひとつは室内の湿った空気が壁内に侵入しないようにすること。

水蒸気の分子はとても小さく、多くの壁材は通過してしまいます。

またコンセントや換気扇など、壁材に開ける穴のまわりから入り込むこともあります。

これを防ぐには、室内の壁の仕上げ材と断熱材の間に防湿気密シートをすき間なく施工します。

 

防湿気密シートを確実に施工するには経験やノウハウが必要とされます。

気密工事の経験が豊富な工務店やハウスメーカーを選びましょう。

1棟ごとに家の気密性を表すC値(すき間相当面積)の測定をおこなっているかが、ひとつの目安になるでしょう。

 

もうひとつは壁内の湿度が上がらないように、水分がなるべく早く乾く構造にすることです。

防湿気密シートを施工して室内側からの湿気が入らなくなっても、外気の湿気の流入や、木の柱などからも水分が発散されます。

一般的には外壁の仕上げ材と、断熱材の間に通気層を設けて空気を通します。

また、グラスウールなどの繊維系の断熱材は吸水性があります。

濡れると断熱性が落ちるため、ますます結露しやすくなるという悪循環におちいります。

吸水性のない硬質ウレタンのような断熱材を使用することもひとつの方法です。

 

家を建てる地域や、立地条件などによっても最適な仕様は異なります。

工務店やハウスメーカーに、壁内の結露対策をどのようにおこなっているのか、壁の構造や施工方法を確認しましょう。

しばいぬ
結露対策は、内外ぬかりなくメーカーに確認しておこう!

▼「壁内結露」をもっと詳しく知りたいあなたはこちらの記事をどうぞ

関連記事
超怖い壁内結露!たった2つの対策とは?家が内側から崩壊する…?

  こんにちは!きのぴーです。   壁内結露の対策方法を知りたいけど、壁内結露ってイマイチよくわからない。 壁内結露が起きるとどんなことが起きるか、防ぐ方法はあるのかと思っていませ ...

続きを見る

 

家中をくまなく換気

家の中でカビが発生しやすい場所は、「水蒸気の発生する水まわり」と、「風通しが悪くジメジメしやすい押し入れや収納」などです。

家中の空気をきちんと換気して風通しの悪い場所を作らなければ、カビが生えにくくなります。

室内の空気を新鮮な空気に入れ替えることで、空気に含まれるカビの胞子の数も抑えられ、過剰な湿度も排出できるので、結露の対策にもなります。

住宅のリビングや寝室などの居室は、機械による24時間換気が義務付けられていますが、法律で定められた換気量を満たしているだけでは安心できません。

納戸や玄関なども含めて、きちんと家中の空気が換気できる設計になっているかが重要です。

 

カビを生やさない暮らし方

カビを生やさないためには、新居に入居した後の暮らし方も重要です。

「カビには根がある」というように、一度カビを生やしてしまうと完全に除去するのは大変。

日頃から予防につとめましょう。

しばいぬ
カビは予防が大切!!!

 

 こまめに掃除をしてハウスダストをためない。

特にエアコンにホコリがたまっていると空気中にカビの胞子をまき散らしていることになる。

 

 過剰な水蒸気を発生させず、きちんと換気や除湿をおこない、室内の湿度を60%以下にコントロールする。

湿度が高いと結露しやすい上にカビが繁殖しやすく、ダブルで危険。

 

 カビの発生しやすい浴室などの水まわりは、使用後は水分を拭き取るなど、なるべく早く乾燥させる。

 

 万が一表面結露が起きたら、結露水はすぐに拭き取る。

 

 換気システムをつけても、止めてしまったら意味がない。24時間きちんと運転させる。

 

まとめ

注文住宅のカビ対策、いかがでしたか?

しばいぬ
カビは生えたらしつこい!!カビが生えない環境づくりで予防するべし!

高断熱化、高性能の窓、高気密化による壁内結露の防止、換気システム…いずれも導入すればコストアップにはなりますが、家族の健康を考えれば安いものです。

せっかく建てたマイホームが家族の健康を害することにならないように、しっかり対策しましょう。

▼シックハウスの知識もゲットしたいあなたはコチラの記事をどうぞ!

関連記事
シックハウス対策は厳密には無い!?ホルムアルデヒド以外が野放しに!

  こんにちは!きのぴーです。   注文住宅を検討している方のなかには、「シックハウス症候群への対策に注意を払った家づくりをしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか? しか ...

続きを見る

理想の注文住宅を1円でも安く建てる方法

家づくりって難しいし、すっごく大変ですよね…!

でも一度きりで人生最大の買い物…妥協しない理想のマイホームを建てたい!

そう思いませんか?

 

理想の注文住宅を1円でも安く建てるために絶対に外せない重要なポイントが2つあります。

  • 出来るだけたくさんの間取りプランを見て素敵な間取りアイデアを盗むこと。
  • 必ず複数の住宅会社の見積もりを比較して、1円でも安い費用を追求すること。

何から始めれば良いのか分からず、家づくりに行き詰まった私が利用したのは
「タウンライフ家づくり」でした。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

実際に私は複数社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

 

しばいぬ
こんな素敵な間取りアイデアが!知らなかった!

はむすたあ
似たようなプランなのにハウスメーカーが違うだけで約400万円も差が出るの!?

 

などなど…たくさんの気付きがあったし、家づくりが一気に進みました。

そして利用していなければ、数百万円近く損していたかもしれませんでした。

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する会社に一括で間取り&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

  • この記事を書いた人
きのぴー

きのぴー

注文住宅にかかわる仕事に就いて7年。わたしは思います。「注文住宅に関するアレコレは難しく書きすぎ…もっとわかりやすく説明できるでしょうが!」と!当サイト「チューモンズー」は、注文住宅に関するあらゆることを動物たちと一緒に楽しく学べるお役立ち情報サイトです。記事の中にはかわいい動物たちがたくさん登場していて、分かりやすく楽しく読んでいただけます!ゆっくりしていってくださいね♪

-家づくり基本の「キ」

Copyright© チューモンズー , 2019 All Rights Reserved.