間取りのアイデア

間取りで失敗する1番の原因は「間取りから考え始めちゃう」から!

更新日:

 

こんにちは!きのぴーです!

間取りで失敗したくないあなたに向けて書きました。

 

夢をカタチにするはずの注文住宅が、ついつい力が入り過ぎて、結果的に失敗してしまうということがあります。

それは、間取りばかりを一生懸命に考える人ほど起こりがちです。

快適な生活のため、もちろん間取りは重要です。

ですがその間取りを最優先に考えてしまうことで、失敗をしてしまうとはなんとも皮肉なお話です。

これから注文住宅を建てたいとお考えの方へ。また、間取りで失敗したくない人へ。

よい間取りを作るためのコツについて解説いたします。

しばいぬ
よい間取り作りたいです。よろしくお願いします。

 

注文住宅で失敗するということ

注文住宅の利点といえば、内装や外装、間取りなどあらゆる点を0からカタチにできるということです。

家族やライフスタイルに合わせて、リビング、オープンキッチン、ウォークインクローゼット、ウッドデッキ、書斎、趣味の部屋、バス・サニタリーなど、好きに間取りを取ることができます。

ですが、自由に間取りをつくり過ぎたり、デザインにこだわり過ぎたりすると、快適性や機能性が失われてしまいます。

見た目が悪くても、住み心地が悪くても、その注文住宅は失敗ということになります。

 

間取りから考えてはいけない!

注文住宅を成功させるには、外装と内装の間取りのバランスが大切であり、最初からお互いに気を配っておくことが重要です。

とはいえ、やはり一番気になるのは間取りなので、「リビングは広くて~、子ども部屋は並べて~、バスルームはゆったりとって~、小さくてもいいから書斎も必要で~」と、とにかく欲しい部屋をすべてくっつけてしまいがちです。

夢や憧れをそのまま間取りにできたら、どんなに素敵でしょうか?

これでみんなの希望どおり!と、パンパンに要望だけを詰め込んだ間取りは、本当に最高の住まいになるのでしょうか?

残念ながら、答えはノーです。

はむすたあ
ええっ!なんで?

問題は大きく分けて2つです。

  1. 間取りの利便性
  2. 外観

欲しい部屋だけをつぎはぎした間取りは、生活の動線を考慮していないため利便性に劣ることが考えられます。

例えば、

  • バスルームに行くには必ずリビングを通らないといけない
  • 玄関から、リビングやオープンキッチンが丸見え

など。

また、間取りを優先にし、そこから屋根や壁を付け足した場合は、外観や建物自体のバランスが悪くなりがちです。

  • 小さな屋根をたくさん掛けた家
  • 建物の形がガタガタで複雑

などがその例です。

 

成功のカギは間取りからではなく、建物のカタチから

本当の意味でよい間取りを考えたいのなら、まずは建物のカタチから考えましょう。

建物のカタチが悪いと、

  • 複雑なカタチの家は建築費が高くなる
  • 屋根に凸凹が増え、雨漏りの心配やメンテナンスが大変
  • 外観がごちゃごちゃしてしまう

などのデメリットがあります。

しばいぬ
間取りから考えると建物のカタチを無視してしまうことになるんだね。その結果、外観がごちゃごちゃになり、その分建築費が上がったりメンテナンスが難しくなるんだ…。

 

建物のカタチをまずシンプルにすることでうまれるメリットは、

  • 必要に応じてアレンジがしやすい
  • 外観をおしゃれにまとめやすい
  • 間取りや外観の自由度が上がる
  • 生活動線を考えやすい

などです。

 

建物のカタチは「豆腐」から

注文住宅のお話だったはずが、突然「豆腐」が出てきたので困惑されるかもしれません。

ですが豆腐こそ、建物を考えるのにベストなカタチなのです。

豆腐のようにきれいでシンプルな四角形の外観のおうちをイメージすることから、建物のカタチづくりは始まります。

はむすたあ
ひややっこをイメージしましょう。

 

よい建物、よい間取りを考えるには、敷地でできるだけ大きな豆腐サイズを割り出すことから始めます。

敷地に合わせて、立方体なのか直方体なのか、豆腐のサイズを変化させていきましょう。

豆腐のサイズを考えるのに必要なことは、

  • 建ぺい率
  • 容積率

がまずはベースとなります。

この二つは法律で決められており、「敷地いっぱいにすごく大きな豆腐を作ればお得!」というわけにはいきません。

 

■建ぺい率について

敷地の面積×建ぺい率=家を建てられる面積

家を建てられる面積とは、建物を真上から見た時の面積のことです。

ただし、1階が2階よりも広い場合は1階の床面積を、2階が1階よりも張り出している場合は、張り出した面積も含めた面積で考えること。

軒やバルコニーは、突き出している長さが1m以下なら建築面積に含めません。

 

■容積率について

敷地の面積×容積率=延べ床面積

延べ床面積とは、建物すべての階の床面積のこと。地上2階だけなら、1階の床面積と2階の床面積を足したものです。

 

■具体例

敷地の面積35坪 建ぺい率50% 容積率80%の場合

家を建てられる面積は17.5坪、延床面積が28坪ということになります。

 

敷地の面積200㎡ 建ぺい率60% 容積率100%の場合

家を建てられる面積は120㎡、延床面積が200㎡ということになります。

しばいぬ
建ぺい率と容積率ってそういうことなんだなあ。

 

建物(豆腐)のサイズを失敗しないコツ

建物の最大サイズを知るには、建ぺい率と容積率が必ず必要ですが、必ずしも最大サイズ=適正サイズというわけではありません。

建物の適正サイズを誤ると、住みやすい家とはかけ離れてしまい、失敗してしまうことに。ここはしっかりと注意していきましょう。

建物のサイズを失敗しないコツは、「人数」と「予算」の2つです。

とてもシンプルなことですが、いろいろ計画が進む途中で見失いやすいので、最初に明確にしておくとよいでしょう。

もし人数をないがしろにしてしまうと、

  • 家族が少ないのに、広い家を建て過ぎて掃除や管理がたいへん
  • よく泊まりにくる娘家族を計算していなかったため、いつしか疎遠に
  • 予算を削るため小さく設計してしまい、収納が足りず全体的に物が溢れてしまっている

なんてことになりかねません。

 

また、予算を甘くみていると、

  • あれよあれよという間に予算が膨らみすぎ、ローンがたいへん
  • 思っていた金額とはかけ離れた金額になってしまい、内装が残念なことに

など、その後のライフスタイルにも大きく影響してしまいます。

しばいぬ
おうちの適正サイズを知ることで、住み心地の良い、無駄な費用のないおうちが建てられるんだね。

 

人数から面積を考えよう

日本で一般的な戸建住宅に必要な最低延床面積は25坪ほどです。

これは4人家族がギリギリ住める広さであり、2~3人家族なら少し余裕が出ます。

25坪をベースとして、1人増えるごとに5坪を目安に増やして行きます。

必要な延床面積=25坪+(人数×5坪)

例えば、5人家族なら、25坪+(1人×5坪)で30坪は最低でも欲しいところです。

趣味の部屋や自由に使える部屋が必要な場合は、ここにプラスして計算することになります。

はむすたあ
1人あたり5坪を目安に増やしていくのか~これは初めて知ったぞ。

 

予算から面積を考えよう

注文住宅となると、やはり予算が気になるところです。

家を建てるのは予算ありきです。どのくらいを考えておけばよいのかは、設計事務所や工務店ごとに異なりますが、「坪単価」を知ることで、おおまかな計算が可能です。

予算と坪単価が分かれば、最適な豆腐のサイズ(家を建てられる面積)が導き出せるというわけです。

家を建てられる面積=建築費÷坪単価

予算が大きく坪単価が低ければ、広い家が建てられますし、予算が少なく坪単価が高ければ小さい家ということになります。

▼都道府県別平均坪単価データが気になあなたへ

平均坪単価
注文住宅の平均的な坪単価と平均延べ床面積を都道府県別で公開!

  こんにちは!日本の家の広さってどんなもんなんですかね?   しばいぬ んーと犬の家の広さは大体…え…?誰も聞いてないって…?   今回は「注文住宅の平均的な坪単価と延 ...

続きを見る

 

ここでも、失敗しないためにはいくつかの注意があります。

まずは、広告やチラシに出ている坪単価の出し方は設計事務所や工務店などメーカーによって異なることです。

メーカーによっては、建物の価格に電気・ガスの配管費用照明やエアコンや照明などの費用が含まれている場合やそうでない場合があるからです。

エアコンや照明などの設備機器費用は、建築費の3割ほどにもなると言われているので、坪単価から計算をする場合はその中身をしっかりとチェックしましょう。

 

豆腐を作ってみよう

建ぺい率や、容積率、住まう人数、予算からいよいよ豆腐を作ります。

まずはシンプルな直方体である豆腐型に落とし込みましょう。

間取りはまだです。焦ってはいけません。

 

1.シンプルな四角形を描こう

まずは、敷地の形に合わせて、長方形か正方形を描きます。

延床面積が25~40坪なら、長方形の長辺を4.5間以上、短辺を3間以上に、正方形は、一辺を3.5~4.5間にするとよいでしょう。するとそれぞれ、2部屋、3部屋と間取りの納まりがよくなります。

 

2.平面を立体へ 高さの目安は7,500㎜を目安に

シンプルな四角形が描けたら、次は立体にします。高さは仮に7,500㎜を目安としましょう。1階2階をそれぞれ2,700㎜、床下600㎜、小屋裏1,500㎜と考えるとよいでしょう。

これで豆腐の完成です!

 

豆腐の縦横の比率は、1:2までがおすすめです。

1:3など細長い立方体になった場合は、どうしても間取りが制限されてしまいます。

また、建築費も高くつきやすいです。

 

豆腐が出来上がれば、いよいよ間取りを考える時です。

自由な発想で、家族が快適に暮らせる間取りをカタチにしましょう。

 

まとめ

注文住宅における究極のカタチとは、四角形の2階建て、屋根がゆるい片流れ。とてもシンプルですが、これぞ究極のカタチです。

豆腐がシンプルであればこそ、間取りの失敗もありません。

憧れや夢をカタチにするのなら、まずは間取りよりも、豆腐作りから。

そうすることで、予算も立てやすく、間取りの自由度も増し、外観もスタイリッシュで家全体が機能的になります。

注文住宅を失敗しないための最大のコツは、まさしく「豆腐作りから」と言えるでしょう。

理想の注文住宅を1円でも安く建てる方法

家づくりって難しいし、すっごく大変ですよね…!

でも一度きりで人生最大の買い物…妥協しない理想のマイホームを建てたい!

そう思いませんか?

 

理想の注文住宅を1円でも安く建てるために絶対に外せない重要なポイントが2つあります。

  • 出来るだけたくさんの間取りプランを見て素敵な間取りアイデアを盗むこと。
  • 必ず複数の住宅会社の見積もりを比較して、1円でも安い費用を追求すること。

何から始めれば良いのか分からず、家づくりに行き詰まった私が利用したのは
「タウンライフ家づくり」でした。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

実際に私は複数社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

 

しばいぬ
こんな素敵な間取りアイデアが!知らなかった!

はむすたあ
似たようなプランなのにハウスメーカーが違うだけで約400万円も差が出るの!?

 

などなど…たくさんの気付きがあったし、家づくりが一気に進みました。

そして利用していなければ、数百万円近く損していたかもしれませんでした。

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する会社に一括で間取り&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

  • この記事を書いた人
きのぴー

きのぴー

注文住宅にかかわる仕事に就いて7年。わたしは思います。「注文住宅に関するアレコレは難しく書きすぎ…もっとわかりやすく説明できるでしょうが!」と!当サイト「チューモンズー」は、注文住宅に関するあらゆることを動物たちと一緒に楽しく学べるお役立ち情報サイトです。記事の中にはかわいい動物たちがたくさん登場していて、分かりやすく楽しく読んでいただけます!ゆっくりしていってくださいね♪

-間取りのアイデア

Copyright© チューモンズー , 2019 All Rights Reserved.