家づくり基本の「キ」

注文住宅取得のための贈与税は最大3110万円まで非課税になるぞ!

 

こんにちは!きのぴーです。大丈夫です。難しくないですよ。

しばいぬ
嘘ですよ。難しいですよ。

 

注文住宅を取得するために、親や祖父母から資金援助を受けるという方も多いのではないでしょうか?

そしてそんな方々は、贈与税の制度を詳しく理解しておくことが重要です。

一昔前までは暦年課税や相続時精算課税など、注文住宅の取得には不向きな制度しかありませんでした。

しかし、住宅取得等資金贈与の特例が平成33年12月31日まで延長・拡充されたことで、多くの方が手軽に親や祖父母からの資金援助を受けることができるようになりました。

この記事では住宅取得等資金贈与の特例が一般的な相続制度と比べてどのくらいお得なのか、また、どのような手続きをすることでそのメリットを手にできるのかを解説します。

はむすたあ
「家を建てる」という建前があればお金もらっても贈与税がかからないぞ!っていう内容です。

 

そもそも注文住宅の贈与税はなぜ非課税になるの?

さまざまな買い物のなかでも注文住宅は人生で1番高価な買い物と言われ、不動産業界は税制の変化による市場動向に合わせた特例が用意されています。

不動産業界は特に消費税の動向によって、実績が変動しやすい業界であり、住宅取得等資金贈与の特例のような制度を用意することでその裾野を広げることが必要となります。

その結果として、親や祖父母からの贈与税を非課税とする特例が用意されることになったのです。

しばいぬ
国民がお買い物をしないと経済が回らないからね。注文住宅という非常に高価なお買い物を、少しでもしやすくしているんだなあ。

 

住宅取得資金贈与の特例とは?

住宅取得等資金贈与の特例は平成27年1月から12月末までの期間で1,500万円を限度額に、その後平成28年1月から平成31年3月末までを消費税増税前の駆け込み需要を見込めることを理由として1,200万円に引き下げられました。

そして、平成31年4月から平成33年12月31日までを増税対策と考え、限度額を3,000万円に暦年課税の110万円を合計した3,110万円と定めるに至ったのです。

はむすたあ
3,110万円までならお金をもらっても贈与税がかからないってこと!もちろん、「住宅取得のための資金として」もらったお金に限るよ。

 

また、次の条件を満たしていれば、どんな家庭でも利用することができます。

  • 贈与を受けた翌年の3月15日までにその家屋に居住すること。
  • 2009年分から2014年分までの贈与税の申告において、住宅取得等資金贈与の特例を利用していないこ
  • 親族などの一定の関係性のある方との請負契約や増築ではないこと。
  • 贈与を受けた翌年の3月15日までに住宅取得等資金の全額を利用して住宅用家屋の新築等をすること。
しばいぬ
ウン。全然難しい条件ではないよね。

 

ほかの贈与税が非課税になるケースと比べて住宅取得等資金贈与の特例おトク?

親や祖父母から資金援助を受けることで注文住宅の取得を計画している方は、ほかの贈与税が非課税になるケースもご存知でしょう。

詳細についてはのちほど解説しますが、2,500万円というまとまった贈与を非課税にしてくれる制度も存在します。

そんな制度と比較した際に、住宅取得等資金贈与の特例はどのくらいおトクなのでしょうか?

 

暦年贈与と住宅取得等資金贈与の特例を比較した場合

暦年贈与と住宅取得等資金贈与の特例を比較した場合は、住宅の取得への応用のしやすさが異なります。

暦年贈与とは毎年の非課税額を最大110万と定め、分割して贈与することで贈与税額を抑えられる仕組みの制度です。

3,000万円もの金額を贈与する場合は、毎年100万円ずつ30年間に分けて贈与し続けることで、すべて非課税で贈与することが可能になります。

ただし、注文住宅は頭金以外のまとまった金額を用意する必要があり、2,000万円〜3,000万円もの金額を用意しなければならず、110万円を分割し続けることを考えると最低でも20年の時間を要します。

このように、非課税になるというメリットがあるものの、注文住宅の取得という目的には不向きと言えるわけです。

はむすたあ
難しくない…難しくない。
しばいぬ
zzZ…zzZ…。

 

相続時精算課税と住宅取得等資金贈与の特例を比較した場合

非課税で贈与を受けようと考えている方のなかには、2,500万円もの金額を非課税にしてくれる相続時精算課税の利用を検討している方も多いのではないでしょうか?

この相続時精算課税と住宅取得等資金贈与の特例を比較してみると課税額が異なり、住宅取得等資金贈与の特例のほうが圧倒的に相続人の負担が小さくなります。

相続時精算課税はよく非課税金額が2,500万円だから暦年贈与よりもおトクと結論付けられる制度ですが、実は被贈与人が亡くなった際にすべての財産に課税される仕組みになっています。

例えば、親や祖父母が1億円の財産をもっており、その一部の2,500万円を相続時精算課税を利用して相続した時点では、非課税となるため相続人の負担はありません。

しかし、親や祖父母が亡くなり、1億円の財産を相続する際には、2,500万円を別々に相続したものとは考えず、1億円分の相続税が発生します。

また、暦年課税と併用できないという点も住宅取得等資金贈与の特例と大きく異なる点です。

しばいぬ
家を買う場合においては「住宅取得等資金贈与の特例」にまさる非課税制度は無いってことです。

 

住宅取得等資金贈与の特例を利用して相続税を非課税にするための手続き

住宅取得等資金贈与の特例は親や祖父母からの資金援助を計画している方にとっては、その負担を減らしてくれる理想的な制度と言えます。

ただし、贈与を受けた翌年の確定申告において、特例を利用する条件を満たしていることを証明する必要があることもしっかりと把握しておきましょう。

はむすたあ
「住宅取得等資金贈与の特例に該当していますよ」ということを確定申告を通して証明しなければ、非課税にすることはできませんよ。

 

特に共働きでなかなか税務署に行けないという家庭では、確定申告に間に合わない状況に追い込まれてしまうことも珍しくありません。

確定申告を行うタイミングですでに新居での生活を開始しているか、または建築途中であるかによって必要となる書類も異なるため、少なくとも1度は税務署へ足を運ぶ、予定のある段取りを立てておくことをおすすめします。

 

住宅取得等資金贈与の特例を利用する際に必要な書類とは

住宅取得等資金贈与の特例を利用するために必要となる書類は、次の8つです。

必要書類8点一覧

  • マイナンバーカードまたは通知書
  • 身分証明書
  • 認印
  • 申告書第一表、申告書第一表の二
  • 贈与を受けた人の戸籍謄本
  • 前年分の源泉徴収票
  • 対象となる居住用不動産の登記事項証明書
  • 新築にかかる工事の請負契約書の写し又は売買契約書の写し

住宅取得等資金贈与の特例では、贈与された金額を住宅の取得に充てているかを明確にするための書類の提出が必要となります。

確定申告に必要な書類のほかに、取得した不動産の登記事項証明書と取引金額が記載されている請負証明書や売買契約書が必要と理解しておきましょう。

 

事前に備えておくべき起こりがちなトラブル

住宅取得等資金贈与の特例に限ったことではありませんが、贈与税の非課税制度を利用する方々の理解度によってトラブルに発展することも少なくありません。

繰り返しとなりますが、住宅取得等資金贈与の特例は3月15日までの入居と期限が決められている制度であるため、1つのトラブルによって、非課税制度が使えなくなることも考えられ、事前の対策が必要です。

そして、よくあるトラブルが非課税になるため手続きはいらないと考えていた、またはバレないと思っていたために確定申告を行わなったというものです。

しばいぬ
バッ…バレちまった…。

 

残念ながら、確定申告で提出する不動産の登記事項証明書には抵当権の詳細も記載されているため、住宅ローンを利用している場合にはその保証会社名が明記されることになっており、バレないということはありえません。

非課税になるため手続きはいらないと考えていた、またはバレないと思っていたといういずれの場合でも、贈与分に課税されてしまうため、翌年に数百万円という単位の税金を支払う必要が生じてしまいます。

 

まとめ

注文住宅を取得するために親や祖父母から資金援助を受ける方は、住宅取得等資金贈与の特例の詳細を把握しておくことをおすすめします。

相続税を非課税にする制度には、暦年贈与や相続時精算課税といったものがありますが、注文住宅の取得においてはこの特例がもっともメリットの大きい制度です。

適用を受けるための条件や手続きを行うためには正しいし理解が求められるため、1度は税務署に足を運ぶようなスケジュールを設けておきましょう。

確かな理解があることで、ほかの非課税制度よりも数百万円という単位で負担を軽くしてくれるのが、住宅取得等資金贈与の特例です。

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら、全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 便利すぎてビックリ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

 

提携企業のほんの一部

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです。

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

 

あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

色んなハウスメーカーの間取り・見積もりを見比べるのって、ほんとに楽しい!

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを!

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-家づくり基本の「キ」

© 2021 チューモンズー