住宅ローン

繰り上げ返済のコツを伝授!最適なタイミングは?いくらから出来るの?

 

こんにちは!きのぴーです。

「繰り上げ返済」…してますか?

 

住宅ローンの利用を検討している方の多くは、できるだけ家計に影響のない返済方法を活用したいと考えていることでしょう。

また、将来のライフプランを見越した返済計画は、理想の住まいを手に入れるための大切な要素のひとつと言えます。

今回は、大金である住宅ローンを効率良く返済していく手段として、繰り上げ返済のコツをお伝えします。

「繰り上げ返済ってなに?」という方はもちろん、どのくらいの金額を借りるのかといった具体的なプランをお持ちの方にも、役立つ情報を紹介します。

しばいぬ
繰り上げ返済はお金に余裕があるときにな!無理にすることじゃあないぜ。

 

いくらからできる?繰り上げ返済の基本的なルールとは

3,000万円といった大きな金額の融資を受ける住宅ローンですが、普段返済する約束となっているお金とは別に、前倒しで元金とその元金にかかる利息を返済する仕組みが繰り上げ返済です。

「元金」とは?

「元金」とは、住宅ローンの借入金のこと。例えば3,000万円を35年ローンで借りた場合、総返済額は3,000万円ではないですよね。当然利息がかかりますので、総返済額は3,000万円 + 利息 ということになります。元金とはこの例で言うところの3,000万円のことで、利息とは関係ない元々の借入額のことを「元金」と言います。

 

ボーナス時期に合わせた繰り上げ返済を活用する計画を立て、毎年10万円といった金額を返済することで、返済期間を減らせる、返済額そのものを減額できるといったメリットを見込むことができます。

ただし、利用する住宅ローンによって、繰り上げ返済を行うための手続きやいくらからできるかといった条件に違いがあるため、申し込みをする前の段階でしっかりとチェックしておく必要があります。

住宅ローンの返済をしはじめたころは、100万円以上しか繰り上げられない決まりを設けていても、数年後には1万円から受け付けられるように条件を変えていることも珍しくありません。

また、フラット35を利用する場合には、1ヵ月前までに金融機関に申し出をし、決められた期日までに支払うといった段取りが設けられている点にも注意が必要です。

はむすたあ
ちなみに「フラット35」は繰り上げ返済に関する手数料が無料なんだ。

▼フラット35とは?

関連記事
フラット35とは?超低金利の今のうちに全期間固定金利ローンを組め!

続きを見る

 

繰り上げ返済を上手に活用するコツとタイミング

ここまで解説してきたように、繰り上げ返済には返済期間を短くするといったメリットを見込むことができます。

ただし、とにかく早く、まとまったお金を支払えば良いというわけではなく、繰り上げ返済を上手に活用するためにはそのコツとタイミングを理解しておくことが大切です。

「年に数回10万円単位で支払う」「ボーナスの大半は繰り上げ返済に回す」といった無理のある計画では、せっかく手に入れた理想の住まいでの生活が、味気ないものになってしまいかねません。

しばいぬ
豊かな暮らしをするための住まいが、逆に豊かさを奪ってしまわないようにな!

 

繰り上げ返済をすべきタイミングは家庭ごとに異なる

繰り上げ返済を上手に活用するために考えるべきひとつ目のポイントが、なぜ繰り上げ返済を活用するのかという目的です。

もちろん、返済期間を短くすることができる繰り上げ返済には、返済期間を減らせる、返済額そのものを減額できるといったメリットがあるため、多くの方が活用すべき返済方法と言えます。

ただし、なぜ繰り上げ返済を活用するのかといった目的が定かでなければ、これから解説する2つの繰り上げ返済の方法から、ライフプランに合わせたタイプを選択することが難しくなってしまいます。

とにかく元金を減らすという大雑把な計画ではなく、期間を短縮すべきなのか、それとも直近の返済額を減らすべきなのかを冷静に分析することが大切です。

はむすたあ
繰り上げ返済には2種類ある!アナタが「なぜ繰り上げ返済をしたいのか」によって選ぶべきタイプが違うんだ。

 

効率良く返済するために知っておくべき2つの繰り上げ返済

元金を効率良く減らせるというメリットのある繰り上げ返済ですが、実は2つの種類が存在し、それぞれに次のような特徴があります。

  • 返済期間を短縮できる期間短縮型…毎月の返済額を変えず、まとまったお金を年に1度繰り上げることで返済期間の短縮を見込めるタイプ
  • 毎月の返済額を減らせる返済額軽減型…返済期間を変えずに、まとまったお金を年に1度繰り上げることで毎月の返済額を押さえるタイプ

どちらのタイプも適切なタイミングで、まとまったお金を繰り上げ返済に回すことで、返済額そのものを減らすことができます。

では、期間短縮型と返済額軽減型では、どちらのほうがおトクになるのでしょうか?

 

返済期間を短縮できる期間短縮型はどのくらいおトク?

住宅ローンとして3000万円を借り入れ、35年間の返済期間の金利2.0%で返済することを約束した場合に、返済期間を短縮できる期間短縮型を選択したケースをシミュレーションしてみましょう。

このケースでは、元利均等返済を選択していれば、毎月99,378円の返済を行わなければなりません。

仮に返済を開始した翌年に100万円を繰り上げ返済すれば、元金とその元金にかかる利息を91万円減らすことができます。

毎月の返済額から逆算してみると、おおよそ9ヶ月もの期間を短縮できることになります。

また、住宅ローンの返済額の内訳は、時間が経つほどに利息の割合が小さくなるという特徴があるため、繰り上げ返済を行うタイミングも重要です。

5年後に100万円を繰り上げる場合と、10年後に100万円を繰り上げる場合を比較してみると、約20万円ほど5年後に繰り上げ返済をしたほうがおトクです。

このように期間短縮型の繰り上げ返済には、数年間に1度、100万円といったまとまったお金を繰り上げ返済に回すことで、老後の生活を見通せるなどのメリットを見込むことができます。

しばいぬ
繰り上げ返済は早ければ早いほどおトクなんだね。

 

毎月の返済額を減らせる返済額軽減型はどのくらいおトク?

期間短縮型で行ったシミュレーションで、返済額軽減型を選択した場合にはどのくらいおトクになるでしょうか?

返済額軽減型は、返済を開始した翌年に100万円の繰り上げ返済をすることで、元金とその元金にかかる利息を37万円減らすことができます。

期間短縮型とは違い返済期間は変わらず、軽減できる金額も少額に見えますが、その時々の返済額を見直したいという方におすすめの繰り上げ返済方法と言えます。

 

要注意!住宅ローン減税を受けるかどうかは必ずチェックしよう

一般的に期間短縮型には返済期間を短縮する、返済額軽減型には毎月の返済額を小さくするというメリットがあり、期間短縮型のほうが軽減できる金額が大きいとされています。

しかし、住宅ローン減税を利用している方は、期間短縮型の繰り上げ返済を選択してしまうと、かえって損になってしまうことがあるため、控除を受けるかどうかを決めてから、どちらのタイプを選択するかを決めましょう。

住宅ローン減税とは、住宅ローン残高の1%を税金と相殺する形で、入居してから10年間の利用者の経済的負担を軽減してくれる措置です。

繰り上げ返済に回す金額にもよりますが、残高がを減らすことで税金の相殺額が減ってしまうことがあることも知っておきましょう。

▼住宅ローン減税についてはコチラで詳しく解説しています

関連記事
住宅ローン減税とは?どこでどんな手続きが必要なの?

続きを見る

関連記事
注文住宅に関する補助金・給付金制度まとめ【2018年度最新版】

続きを見る

 

まとめ

住宅ローンを効率良く返済するための手段が繰り上げ返済です。

一般的には繰り上げ返済を行うことで、元金とその元金にかかる利息分を早めに支払えると理解されていますが、メリットを実感するためには、自分のライフプランに合わせるという視点が必要になります。

大きく分けると、将来の返済に対する不安を解消したいという方は期間短縮型の繰り上げ返済、今の生活にゆとりが欲しいという方は返済額軽減型の繰り上げ返済を選択すべきです。

また、住宅ローン控除との関係についても、融資を検討するさいや申し込みを行うタイミングで決めておくことをおすすめします。

繰り上げ返済と聞くと、とにかく早い段階で、まとまったお金を返済しておけばおトクになるというイメージを持つ方が少なくありません。

いくらくらいの金額を、どのタイミングで繰り上げ返済に回すのか、またどのくらいのおトクになるのかをじっくりとシミュレーションすることが本当に豊かな生活を手に入れるポイントとなります。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約900社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

きのぴー
これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

きのぴー妻
すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

きのぴー
憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

きのぴー妻
こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ株式会社

-住宅ローン

© 2022 チューモンズー