住宅ローン

ボーナス返済に向いている人と向いていない人の特徴!あなたはどっち?

 

こんにちは!きのぴーです。

 

今回は住宅ローンの「ボーナス返済」について解説!

住宅ローンの具体的な計画を立てている方のなかには、ボーナス払いを検討してる方も多いのではないでしょうか?

月々の支払いを抑えられるものの年間の返済額は変わらないというメリットから、一般的にはおトクに返済できるとされている返済プランの1つです。

ただし、ボーナス払いは少し特徴のある返済計画であることを事前に把握しておくことをおすすめします。

今回はボーナス払いのどのような点に特徴があるのか、また、本当は向いている人と向いていない人がいるなど、一般的なイメージとの違いを詳しく解説します。

はむすたあ
メリットのあるボーナス返済だけど、しない方がいい人もいるんだ!あなたはどっち?

 

そもそもボーナス払いってどんなもの?メリットとデメリットとは

ボーナス払いとはその名の通り、毎月の返済とは別にボーナスから支払う返済部分をあらかじめ決めておく返済プランを指します。

3,000万円の住宅ローンを利用し、金利1.0%の利息で返済した場合のシミュレーションは以下の通りです。

  • ボーナス返済なし…毎月の返済額84,685円
  • ボーナス払いあり…毎月の返済額59,731円+ボーナス月の返済額149,984円

ボーナスと毎月の返済を別々に計画することができ、会社勤めの方が利用しやすい返済プランとして親しまれています。

しばいぬ
ボーナスの月は多く払うことになるよ。

 

ボーナス払いのメリット

ボーナス払いを活用した返済計画の1番のメリットは、なんといっても月々の負担を減らすことができることでしょう。

先ほどシミュレーションした通り、ボーナス払いを利用しなかった場合の住宅ローン返済は、借入額によって変わりますが80,000円〜の返済になることがほとんどです。

同じくらいの額を賃貸住宅に支払っている家庭であれば負担が大きなるという感覚はありませんが、社宅を利用していた方やもう少し安い賃貸に住んでいた方にとっては30,000万円ほどの負担増になるケースも少なくありません。

そのため、現実味のなかった自分の住まいに現実味を持たせられるという観点では、ボーナス払いの返済プランは非常に魅力的と言えます。

はむすたあ
ボーナス月にドカッと返済する分、毎月の返済額を抑えることができるんだね。

 

ボーナス払いのデメリット

毎月の返済額を減らせるというメリットがある反面、ボーナス払いを利用する方はリスクが高まるというデメリットにも向き合う必要があります。

先ほどのシミュレーションでは、毎年150,000円ほどの金額をボーナスから支払うことにしています。

そして、会社勤めの方はボーナスが支払われなくなったケースについても、事前にシミュレーションをしておかなければなりません。

会社勤めの方のなかには、ボーナスが支給されることが当たり前と感じている方も少なくありませんが、厚生労働省の調査ではすでに3割の会社がボーナスの支給を廃止しています。

2000年頃に9割の会社が支給していたボーナスも20年弱の期間で、2割もの会社が廃止することを決めたことが分かります。

住宅ローンのボーナス払いは、時代背景を含めたリスクヘッジを行わなければならないという点に特徴があり、デメリットであると言えるでしょう。

しばいぬ
会社からボーナス支給がなくなってしまった場合、ボーナス払いは家計を大きく圧迫することになってしまうんだ。

 

向いている人と向いてない人がいる?ボーナス払いを使うときの3つのステップ

ここまで紹介してきたボーナスのメリットとデメリットを確認した上で、自分の会社の将来性が分からない以上は利用できない?と考えている方も多いでしょう。

しかし、毎月の返済額を軽減できる反面、リスクが大きくなることは事実ですが、将来性が見通せる方だけの返済プランではありません。

そして、そんな方はぜひ、次のボーナス払いを使うときの3つのステップを実践してみましょう。

3つのステップ

  • 【ステップ1】おトクに返済できるプランではないことを理解する
  • 【ステップ2】営業マンと銀行マン以外の専門家に相談する
  • 【ステップ3】ボーナス払いを利用することを決めたら考えすぎない

ネガティブな情報から自分には向いていないと判断してしまう方もいますが、ボーナス払いが向いている方もいます。

理想の住まいを無理のない形で手に入れる手段として活用するためにも、ボーナス払いに隠されている本当の仕組みをしっかりと理解しておきましょう。

 

【ステップ1】おトクに返済できるプランではないことを理解する

ボーナス払いに向いている人も向いていない人も、お得に返済できるプランではないことを受け入れましょう。

先ほど紹介したように、一般的なイメージでは毎月の返済を抑えられるというメリットがボーナス払いにはあるとされていますが、返済総額という長期的な視点からは負担が大きくなります。

3,000万円の住宅ローンを利用し、金利1.0%の利息で返済した場合の返済総額の概算は以下の通りです。

  • ボーナス返済なし…返済総額3,556万7,804円
  • 毎年15万円のボーナス払いあり…返済総額3,558万5,986円

住宅ローン以外の金融商品に触れたことがある方であればお分かりだと思いますが、融資の元金に利息がかかり、その総額を返済しなければなりません。

毎年の返済額はボーナス払いなしの場合もボーナス払いありの場合もほぼ変わらないものの、利息によって若干総返済額は大きくなるわけです。

しばいぬ
ボーナス払いをすることで毎月の返済額を減らしているわけだから、毎年の総返済額はボーナス払いをしていない人とそう変わらない。決してお得になるしくみではないんだ、「ボーナス返済」って。

 

【ステップ2】営業マンと銀行マン以外の専門家に相談する

1つ目のステップを理解しておくことのメリットは多く、ボーナスに頼った支払い計画にしてしまうことをなくせる、営業マンや銀行マンからのという勧めを冷静に断ることができるようになります。

そして、おトクな返済プランであるわけではないことを理解しつつ、ボーナス払いの利用を検討している方は事前に専門家に相談するようにしましょう。

ここで言う専門家とは、注文住宅の購入に関わっていない第三者であり、ファイナンシャルプランナーなどのお金の知識をもっている人を指します。

そして、数千円の支払いで相談できるのであれば、ライフプランを相談する投資として支払ってしまうことをおすすめします。

専門家に相談することのメリットは、会社の先行きや今の年齢からこなしていかなければならないライフイベントを冷静に分析してくれることです。

一般的に、ボーナス払いには公務員や会社員のなかでもボーナスが安定している方を向いている人と定義づけていますが、これからの時代はなにが起こるか分かりません。

また、これから出産や育児が控えているとなれば、どのくらいのお金を貯金しておかなればいけないかも分からないでしょう。

そんな、モヤモヤした部分をファイナンシャルプランナーなどの専門家に打ち明けることで、自分がボーナス払いに向いている人か向いていない人かをはっきりさせることができます。

 

【ステップ3】ボーナス払いを利用することを決めたら考えすぎない

ファイナンシャルプランナーなどの専門家に背中を押される形で、ボーナス払いを利用すると決めたら考えすぎないようにしましょう。

もちろん、金融機関への事前確認が必要となりますが、途中で返済プランからボーナス払いを廃止することは可能です。

返済額は毎月数万円アップすることになりますが、それまで抑えられていた毎月の返済額の一部を貯金しておくことで対処できるはずです。

はむすたあ
月々の返済額が数万円上がってしまうけど、途中からボーナス払いを廃止することができるんだね。

 

まとめ

一般的なイメージや簡単な試算で、おトクな返済プランと考えられることの多い住宅ローンのボーナス払いですが、メリットとデメリットがあることを念頭においておく必要があります。

特に現代はボーナスを廃止する会社の割合が増加しているという背景もあり、そのリスクに向き合う姿勢が必要です。

ただし、ボーナス払いは月々の支払額を軽減する代わりに、総支払額が若干大きくなることを把握しつつ、専門家の意見を聞いていればネガティブに考えすぎる必要はありません。

ボーナス払いには向いている人と向いていない人がいますが、その条件に合致しているかを自分で考えるのではなく、先行きを見通せる専門家の力を借りるという点がポイントです。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約900社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

きのぴー
これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

きのぴー妻
すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

きのぴー
憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

きのぴー妻
こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ株式会社

-住宅ローン

© 2022 チューモンズー