家づくり基本の「キ」

ベタ基礎と布基礎の違いを徹底解説!最近はベタ基礎が主流に!

 

こんにちは!きのぴーです。

 

家が存在し続ける間、その土台となり、重量を支え続け、地震などのときにはその力を地面に逃がす役割を担ってくれるのが「基礎」です。

家づくりを計画しはじめた方の中には、基礎の違いを調べている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、基礎の違いについてもしっかりと把握しておきたいという方に向けて、ベタ基礎と布基礎の違いやそれぞれのメリットとデメリットなど幅広い基礎についての知識を紹介します。

一般的にベタ基礎のほうが強いといった特徴だけで片付けられてしまいがちですが、同じ基礎でも、ベタ基礎と布基礎の違いを正しく把握しておくことが大切です。

はむすたあ
ベタ基礎が主流なのは間違いないね。でも「みんながベタ基礎だから」という理由だけでよく理解しないままベタ基礎を採用するのはリスクがあるよ!さあ学ぼう。

 

家の安全を左右するベタ基礎と布基礎の違いとは?

基礎は30年以上の長い間、建物の重量を地盤に伝え続け、ときには地震などの大きな力を地面に逃がす役割を担う、非常に重要なポイントです。

木造住宅でも鉄筋コンクリートの住宅でも基礎は鉄筋コンクリートで構成され、引っ張りに弱い鉄筋と圧縮に弱い鉄筋の短所を補い合うことで、強固な基礎が作り上げられています。

そして、注文住宅を検討しはじめた方の多くは、同じ役割を担う基礎にも、ベタ基礎と布基礎の2つの種類があることを知っているのではないでしょうか?

同じ役割を担う基礎ですが、それぞれの違いを把握することで、本当に安心できる住まいづくりがはじまるとも言われています。

 

ベタ基礎の特徴

最近の注文住宅のほとんどがベタ基礎で作られ、布基礎に比べると多くのメリットがあるとされています。

ベタ基礎とは柱や壁の土台だけではなく、壁が囲っている部分すべてに鉄筋コンクリートを流し込み、覆う工法を指します。

住宅の重みを面で受け止めることができるため、多くのハウスメーカーや工務店、設計事務所で勧められている工法でもあります。

しばいぬ
面で支える分、しっかりと建物を支えられるんだね。でもその分重くなるからしっかりした地盤でないといけないよ。

 

布基礎の特徴

ベタ基礎とは違い、柱の下や壁の下などの強度を保つために必要な箇所だけに鉄筋コンクリートを流し込む工法を布基礎と言います。

コストダウンや工期の短縮といった、ベタ基礎にはないメリットが布基礎には隠されています。

 

メリットとデメリットがある?ベタ基礎と布基礎のシチュエーションごとの違い

強度があるという理由から最近の住宅のほとんどにベタ基礎が用いられていますが、基礎は強度だけで選ぶべきではありません。

地盤の強度によっては、ベタ基礎よりも布基礎を用いるべき住まいもあるため、強度以外の理由をハウスメーカーや工務店、設計事務所の営業担当に確認するようにしましょう。

ベタ基礎と布基礎のメリットはシチュエーションによって異なり、自分の住まいの場合はどちらを選択すべきなのかを自分で判断できるような準備をしておきましょう。

ここからは次の3つの項目から、ベタ基礎と布基礎のメリットとデメリットを解説します。

  • 湿度対策を兼ねた基礎が必要な場合
  • シロアリなどの害虫対策も兼ねた基礎が必要な場合
  • 基礎でコストダウンする必要がある場合

強度の観点以外でもさまざまな提案をしてくれるハウスメーカーや工務店に依頼したいという方にとっては、多くの方が気にしないポイントだからこそ、なぜその基礎が良いのかという質問は信頼できる営業を絞り込む質問になるかもしれません。

はむすたあ
これくらいの質問にはサラッと答えてほしいものだよね。

 

湿度対策を兼ねた基礎が必要な場合

先ほども解説したようにベタ基礎は柱や壁の土台だけではなく、壁が囲っているすべての面を鉄筋コンクリートで覆う工法ですが、鉄筋コンクリートの下には防湿シートが敷かれているため、地中から上がってくる湿気を防ぐことができます。

また、通気口を空気が循環するように設計すれば、一時的に発生してしまった水気を留めてしまうことがないため、カビの発生防止やコンクリートの劣化を防ぐことも可能です。

ただし、ほとんどの布基礎で施工された住まいにも、防湿シートやコンクリートが用いられ、湿度対策においても大きな違いはないとされているため、この1つの条件だけでベタ基礎でなければいけないと思い込まないように注意しましょう。

 

シロアリなどの害虫対策も兼ねた基礎が必要な場合

基礎には家の重量を支える以外にも、シロアリなどの害虫対策という大切な役割を担っています。

住まいの建築を検討しているエリアにもよりますが、増殖力の強いシロアリが巣を作ってしまった場合には30年間は大丈夫とされている木造住宅が、たったの1年間で倒壊の危機に陥るとも言われています。

このような害虫対策になるという理由からも、家を面で支えるベタ基礎が選ばれています。

ただし、湿度対策と同様に、布基礎で用いられる防湿シートやコンクリートによって、害虫対策を行うことができるため、ベタ基礎でなければいけないという理由にはなりません。

しばいぬ
シロアリ対策という観点ならベタ基礎が優秀なんだね。

▼シロアリ対策を学びたい方はコチラ

関連記事
新築木造住宅をシロアリから守れ!3つの対策と2つの誤解とは…?

続きを見る

 

基礎でコストダウンする必要がある場合

基礎を決定する大きな要因になるのが「コスト」です。

一般的な基準とはなりますが、ベタ基礎が130万円〜150万円ほど、布基礎が100万円〜120万円ほどで施工することができると言われています。

この基準とされている値段には手間賃とコンクリートや鉄筋などの必要な材料費も含まれているため、施工する面積によって変動します。

ただし、鉄筋コンクリートを使用する面積を押さえることができる布基礎のほうが、コストを抑えられることは間違いないといって良いでしょう。

はむすたあ
布基礎の方が安いんだね。

 

ベタ基礎と布基礎はどうやって選ぶの?

ここまで解説してきたように、ベタ基礎のほうが湿気対策や害虫対策などの果たしてくれる役割は多いと言えます。

ただし、コストを抑えられるのであれば、布基礎に防湿コンクリートを用いたいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、建築基準法で定められている数値をしっかりと把握しておきましょう。

もともと土地がもっている地盤の硬さや地盤改良後の硬さによっては、ベタ基礎と布基礎から選択することも可能となります。

 

建築基準法で定められた数値をクリアしていればベタ基礎でも布基礎でも良い?

できれば布基礎にしたいという方は、地耐力という地盤が建物などの荷重に耐えられる力を表す単位だけを把握しておきましょう。

実は絶対にベタ基礎を用いなければならない基準は、地耐力が30kN/㎡以下の土地である場合だけです。

注文住宅を建築する過程には、必ず地盤調査や地盤改良という地耐力を計る、または地耐力をあげる作業が行われるため、どのくらいの重さに耐えられるかは、基礎を決定する前に把握することができます。

地盤調査や地盤改良の結果、地耐力が30kN/㎡以上あると分かれば、建築基準法によってベタ基礎でも布基礎でも構わないと決められているため、コストに応じた工法を選べることになります。

しばいぬ
地盤の強度が一定の値を下回ってしまった場合はベタ基礎しか選べないんだね。

 

まとめ

一般的にベタ基礎のほうが強いという特徴だけで片付けられてしまいがちですが、実は建築基準法による定めによって、地耐力が30kN/㎡以上の土地であれば、布基礎を選択することもできます。

また、ベタ基礎のほうが湿度対策が害虫対策などの役割を果たすため割安と言われることもありますが、防湿シートやコンクリートを用いた布基礎でも、同等の効果のある住まいを建てることが可能です。

最近建てられている住まいのほとんどがベタ基礎であることは間違いありませんが、他の家がそうだからという理由だけでベタ基礎を選択するという判断は危険です。

最終的にベタ基礎を選択することになったとしても、地耐力が30kN/㎡以下だから、防湿シートやコンクリートによる湿度対策や害虫対策が必要といった明確な根拠をもつ必要があります。

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約900社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

きのぴー
これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

きのぴー妻
すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

きのぴー
憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

きのぴー妻
こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ株式会社

-家づくり基本の「キ」

© 2022 チューモンズー