予算・費用 家づくり基本の「キ」

注文住宅の資金計画の立て方5ステップ!資金計画を立てないと破産確実?

 

こんにちは!きのぴーです。

 

家の購入は人生で一番高価と言われ、数千万円もの金額が必要となる買い物です。

リアルに生活のイメージをするほどワクワクし、その反面でどのくらいのお金が必要なのかとドキドキしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、家のなかでも買う人によって金額に違いがあるとされている注文住宅も、正しい資金計画の立て方をしっかりと実践していれば、心配する必要はありません。

この記事では注文住宅を検討している方が実践すべき5つのステップを詳しく解説します。

理想を追い求めると限りがない注文住宅だからこそ、豊かな生活を手にするために必要な資金計画を、事前に立てておくことが大切です。

しばいぬ
注文住宅を建てるなら資金計画を立てることは必須だぜ。

 

【5つのステップを実践しよう】注文住宅の正しい資金計画の立て方とは

資金計画の立て方にはさまざまな考え方がありますが、この記事では以下の5つのステップを解説します。

  • 【ステップ1】20年〜30年くらいのライフプランを見通す
  • 【ステップ2】安心して返せる金額を決める
  • 【ステップ3】完済するまでの期間を計算する
  • 【ステップ4】返済可能額を確認する
  • 【ステップ5】理想の住まいをイメージする

注文住宅を検討している多くの方が、「どのくらいの金額で建てられるのか?」という疑問を解消するために奔走してしまいがちですが、実は「自分がいくらなら支払えるか?」を明確にすることのほうが重要です。

建売住宅であれば、土地代+建物代=3,000万円といったような明確な答えが出ますが、注文住宅の場合は土地も間取りも設備も決まっていません。

そのため、理想の住まいと支払える金額に折り合いをつけることが一番の課題となります。

 

【ステップ1】20年〜30年くらいのライフプランを見通す

注文住宅の資金計画はどのくらいの予算が必要なのかから逆算するのではなく、20年〜30年くらいのライフプランを見通すことから始まります。

ライフプランとは人生設計とも言われ、具体的には以下のイベントのタイミングを指します。

  • 結婚
  • 出産
  • 子ども進学
  • 退職

多くの方が結婚を機に住宅の購入を検討するため、稼ぎと子どもに投資する金額を見通しておくことがライフプランを想定する第一歩です。

会社の不安定さが顕著になっている昨今ですが、大まかにでも「◯◯歳に出産」「◯◯歳に子どもが大学進学」といった年表と、そのタイミングで必要になる費用を計画してみましょう。

 

共働きの場合は奥さんが働けない期間も想定しよう

ライフプランを想定するさいには自分だけでなく、奥さんのライフプランも見通しておくようにしましょう。

最近は住宅ローン審査に提示する年収に、奥さんの年収を合わせた金額を用いる夫婦も少なくありません。

その場合は奥さんが出産によって働けない期間、子どもに時間をかけたい期間をあらかじめ決めておかなければ、支払いが滞ってしまう可能性が高くなることになります。

はむすたあ
ライフスタイルの変化を想像してみて!子供が産まれて奥さんが専業主婦になるなら収入は減るよ。

 

【ステップ2】安心して返せる金額を決める

自分のライフプランと奥さんのライフプランを計画したら、次は安心して返せる金額を決めていきます。

安心して返せる金額とは、「[年収−生活費]×年数ーライフイベントに必要なお金」で見通すことができます。

年収500万円で年間の生活費が100万円の場合のシチュエーションは以下のようになります。

  •  【対策すべきライフイベントと想定される金額】5年後に子どもが小学校に通い始める、6年間で200万円
  •  【費用を拠出する予算】500万円−100万円×5年=2,000万円
  •  【想定される予算との差額】2,500万円-200万円=1,800万円
  •  【毎年貯蓄しておくべき金額】1,800万円÷5年間=360万円

子どもが小学校に始まるまでの5年間で360万円の貯蓄が必要になるため、月々3万円の貯蓄が必要になるわけです。

この貯蓄しておくべき金額を余裕をもって積み立てながら、生活に支障なく支払える金額が安心して返せる金額となります。

 

どのくらいのローン返済額が一般的?

ちなみに総務省が行っている平成29年家計調査で、住宅ローン返済額が90,723円であることが分かっています。

この返済額を先ほど解説した、年収500万円で年間の生活費が100万円の子どもが小学校に通い始めるまでの期間に当てはめてみると、毎月のローンの返済額90,723円+3万円=12万円があらたに生まれる支出です。

今の生活から12万円が差し引かれたときの生活をイメージしてみましょう。

しばいぬ
もう少し安いドッグフードにしないといけなくなるのかなあ…。

 

【ステップ3】完済するまでの期間を計算する

基本的に住宅ローンの返済は定年までに完了しておかなければなりません。

もちろん、注文住宅も今すぐ買わなければならないということはありませんが、支払いの期間を長く設けられる分、生活にもゆとりが生まれます。

40歳で注文住宅を購入しようと考えた場合でも、住宅ローン以外に支払うべきお金がなければ、生活のゆとりを手に入れられるでしょう。

65歳までの年数から注文住宅を購入すべきタイミングを想定することができます。

 

【ステップ4】返済可能額を確認する

ライフプランから安心して返済できる金額を算出し、返済期間を確認した段階で返済可能額を計算していきます。

返済可能額とは、収入に対するローンの返済金額の負担割合であり、フラット35や金融機関の審査基準の返済比率が25%~30%と定められています。

年収500万円の場合には125万〜150万円が返済可能額となり、月収では10万円前後の支払いまでであれば借りられることが許可されるイメージです。

 

一般的な返済可能額とは?

フラット35や金融機関の審査基準が定める返済比率では、年収の25%~30%が返済可能額として算出されることになります。

しかし、一般的な統計では年収の20%ほどが適当な返済可能額とされており、年収500万円の場合には毎年100万円まで、月収では83,000円ほどの返済が適当という統計があります。

このように金融機関が定める返済比率と適当とされている返済可能額には差があるため、審査から明らかになった全額を借りてしまわないように注意が必要です。

はむすたあ
無理な返済計画ではローンが組めないということなんだね。

 

【ステップ5】理想の住まいをイメージする

そして、注文住宅の資金計画においては、理想の住まいをイメージするという作業が最後になります。

ここまで実践してきた4つのステップがあることで、予算内で建てられる最大限の理想を形にすることができます。

また、その後のハウスメーカーや工務店、設計事務所などの選び方や土地の選び方も、予算があることでリアリティをもって進めていくことができます。

 

注文住宅に必要なおおまかな予算とは?

最後に注文住宅を建築するさいに必要となる、おおまかな項目と予算を解説します。

基本的に注文住宅では以下の4つの費用が発生します。

  1. 本体工事費…家の構造や設備などの費用(メーカーなどに支払う費用の7割ほど)
  2. 別途工事費…地盤補強やガスの引き込みなどの費用(メーカーなどに支払う費用の2割ほど)
  3. 諸経費…登記に必要な手数料、税金などの費用(メーカーなどに支払う費用の1割ほど)
  4. 土地取得費…土地を購入にかかる費用

注文住宅の検討しているエリアや依頼するメーカーによって、数字で予算を解説することはできませんが、支払うべき項目と割合が決まっています。

支払える総資金から、建物にどのくらいの金額を支払えるのかも見通すことができます。

しばいぬ
基本的なことだからよく勉強しよう。

 

豊かに注文住宅を手に入れるためには正しい資金計画の立て方が必須

ここまで解説してきたような正しい資金計画の立て方をしっかりと実践することは、スムーズな家づくりを実践するためにも有効です。

多くの方が「どのくらいの金額で建てられるのか?」という疑問を解消するためにハウスメーカーや工務店、設計事務所に相談してしまいがちですが、「金融機関が算出する支払える上限額」しか導き出すことができません。

金融機関が定める返済可能とそれぞれの家庭のライフプランはまったく無関係であるため、自分のライフプランを見通したうえで立てる資金計画が重要になるわけです。

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら、全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 便利すぎてビックリ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

 

提携企業のほんの一部

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです。

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

 

あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

色んなハウスメーカーの間取り・見積もりを見比べるのって、ほんとに楽しい!

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを!

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-予算・費用, 家づくり基本の「キ」

© 2021 チューモンズー