予算・費用

注文住宅をオール電化にする4つのメリット!初期費用も抑えられるぞ!

こんにちは、きのぴーです! 今日もみんなにお役立ち情報をお届けしていくぞ!

今回は「オール電化」のメリットやデメリットについて迫っていきます!

一昔前から定着し、エコ・経済的といったメリットに注目が集まっている注文住宅がオール電化住宅です。

しかし、いざ家の購入を検討してみると、どんな点にメリットやデメリットがあり、情報を吟味している方ほど本当にオール電化にすべきなのかを決めきれない状況に立たされてしまうことも少なくありません。

はむすたあ
「オール電化」は聞いたことあるけど、詳しくは知らないな~!

 

今回は、「オール電化住宅ってどんなもの?」といった基礎知識を知りたい方だけでなく、情報を精査したいという方に向けて、以下の内容を解説します。

この記事を読んで学べること

オール電化と普通の住宅の3つの違い
オール電化にする4つのメリット
デメリットがある?オール電化住宅の弱みとは?

 

オール電化住宅にしてから「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、営業担当からの情報を判断できる知識を事前に身につけておきましょう。

はむすたあ
後悔しない家づくりのために、一緒に学んでいこう!

 

オール電化と普通の住宅の3つの違い

「オール電化住宅ってどんなもの?」といった基礎知識を身に付けたい方は、以下のオール電化住宅と一般的な住宅の3つの違いから整理していきましょう。

オール電化の設備について学ぼう!

オール電化住宅に使われるキッチン設備の特徴
オール電化住宅に使われる給湯設備の特徴
オール電化住宅に使われる暖房設備の特徴

オール電化住宅は「家庭内で用いる全てのエネルギーを電気に統一した住宅」と定義され、用いられる設備に違いがあります。

はむすたあ
オール電化だとどんな設備なのかな? ワクワク!

 

オール電化住宅に使われるキッチン設備の特徴

オール電化住宅は電気のみをエネルギーとして活用する様式であるため、キッチン設備にIHクッキングヒーターが用いられます。

はむすたあ
やっぱオール電化といえば「IH」だよね!

IHクッキングヒーターと一般的なガスレンジを比較してみると、表面がフラットであり、火を用いない調理が可能といった特徴があります。

IHクッキングヒーターへの切替時にストレスを感じる女性が多いという点もありますが、調理後の清掃がしやすい、小さな子どもがいても安心といったメリットから、選ばれることが増えているキッチン設備です。

はむすたあ
IHは、本当に掃除がしやすいんだよな~。吹きこぼれても、さっと拭いたらおしまいさ!

 

オール電化住宅に使われる給湯設備の特徴

オール電化住宅では、一般的にエコキュートと呼ばれる給湯設備が用いられます。

最近ではテクノロジーが進歩したことで、ガス給湯器でも一昔前よりも安くお湯を沸かすことができるようになりました。

しかし、エコキュートは空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機と定義され、住宅用の給湯器の中でもっとも効率的にお湯を沸かすことができます。

また、災害時の水の確保も行えるといった、緊急時の対策としても人気を集めています。

はむすたあ
空気の熱でお湯を沸かすなんて、すごすぎる!

 

オール電化住宅に使われる暖房設備の特徴

給湯設備として用いられるエコキュートは、暖房設備として併用されることも少なくありません。

オール電化ではエアコンはもちろん、蓄熱暖房機や床暖房といった暖房設備が用いられることが多く、電気を利用することで灯油を用いた暖房機器を別に用意する必要がないという点にも特徴があります。

はむすたあ
オール電化にしたら、床暖房もつけちゃう人が多いんだね!

 

オール電化にする4つのメリット

オール電化住宅に用いられる設備と一般的な住宅に用いられる設備の違いを把握したあとは、具体的なメリットを確認していきましょう。

はむすたあ
みんなが知りたい、オール電化のメリットを見ていこう!

オール電化住宅には、以下の4つのメリットがあります。

ポイント

基本使用料の一本化とお得な料金プランで経済的
災害時の備えにもおすすめ
熱源をもたない安全な住まいにできる
初期費用を抑える効果も

理想のライフスタイルをイメージしながら、オール電化のメリットを吟味することをおすすめします。

はむすたあ
次の項目から4つのメリットを詳しく見ていこう!

基本使用料の一本化とお得な料金プランで経済的

オール電化住宅の、基本使用料の一本化とお得な料金プランで経済的という点が1つ目のメリットです。

住宅の購入を検討しているエリアによって確認する必要がありますが、湯沸かしコストと基本使用料は以下の通りです。

LPガス(1kWhあたり)221円
LPガスと電気の併用の場合は基本使用料として+1,868円

都市ガス(1kWhあたり)126円
都市ガスと電気の併用の場合は基本使用料として+2,53円

夜間電力(1kWhあたり)127円
オール電化の場合は基本使用料として+1,296円

湯沸かしコストだけを見ると都市ガスが一番お得に感じられますが、基本使用料を含めたひと月の光熱費という観点ではオール電化住宅がもっともお得です。

災害時の備えにもおすすめ

災害時の備えに関してはさまざまな意見がありますが、復旧するまでの期間を考えるとオール電化住宅がもっとも優れています。

電気・ガス・水道といったライフラインの中で電気に復旧が一番早く、エコキュートを使用していれば300Lほどの水を確保しておくことも可能です。

はむすたあ
災害時はライフラインが混乱するから、これは安心できるな~!

熱源をもたない安全な住まいにできる

オール電化住宅の熱源をもたない安全な住まいにできるという点が3つ目のメリットであり、小さな子どものいる家庭には特におすすめです。

先ほど紹介したようにキッチン設備として用いられることの多いIHクッキングヒーターは、電熱式の加熱様式であるため火を使うことがありません。

また、給湯設備であるエコキュートも二酸化炭素から熱源を作り出すことができるため、基本的に火事になる要因を持たない住まいを作ることができます。

はむすたあ
火事は本当に怖いから、火を使用しなくて良いのは安心だ!

初期費用を抑える効果も

災害時の備えという点と同様に、オール電化住宅の初期費用に関してもさまざまな情報が飛び交っていますが、10年間のランニングコストを加味すれば初期費用も安く抑えられます。

最近ではキャンペーンを住宅メーカーが促進しているため、格段に安くオール電化住宅を導入できることもありますが、相場としては60万円ほどの金額が初期費用として必要です。

ただし、先ほどの試算の通りLPガスであっても、都市ガスであって「もひと月500円〜1,000円のコストダウン」となり、「年間では6,000円〜12,000円の光熱費をカット」できるため、長くとも10年あれば初期費用分の支払いが終わることになります。

はむすたあ
初期費用は10年使ってれば、回収できちゃうってことね!

 

デメリットがある?オール電化住宅の弱みとは?

オール電化に用いられる設備やオール電化住宅のメリットを確認し、「断然お得なのでは?」と感じた方も多いでしょう。

はむすたあ
うんうん、完全にオール電化推しになったけど、なにか裏でもあるの?

しかし、そんなメリットの多いオール電化にも日中の電気の単価が割高に設定されてるというデメリットがあり、ライフスタイルによってはうまく初期費用分の支払いが行えないことがあります。

特に給湯を夜間電力で行えるかどうかが重要となるため、床暖房を設置する場合や家族が多い場合には、エコキュートのお湯切れを起こさないことがもっとも重要です。

仮にお湯切れを起こしてしまった場合には日中の割高な単価で都度焚き増しを行わなければならず、必然的に光熱費が高くなってしまいます。

はむすたあ
オール電化の弱点は、日中の電気単価が高いことか!メモメモ…

 

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「オール電化住宅ってどんなもの?」といった基礎知識を身に付けたい方も、「どんな点がお得なのか?」といった情報を精査したい方もこの記事で取り上げた以下のポイントを押さえることをおすすめします。

今日の抑えておきたいポイント

  1. オール電化と普通の住宅の3つの違い
  2. オール電化にする4つのメリット
  3. デメリットがある?オール電化住宅の弱みとは?

「災害時への備え」や「熱源をもたない安全性」といったメリットはオール電化住宅ならではと言えますが、経済的なメリットだけはそれぞれのライフスタイルを加味する必要がありましたね。

特に日中に多くの電気量を使用するかどうかではなく、夜間料金で日中の給湯を賄えるかどうかが経済的な観点からオール電化住宅を導入すべきかどうかを決めるポイントとなります。

相場とされる60万円ほどの初期費用をどのくらいで返せるのかを計算するためにも、夜間料金を効果的に活用できるかをしっかりと確認しておきましょう。

はむすたあ
エコキュートの設定を工夫することで節電対策もできるらしいよ! デメリットの対策ができれば導入をおススメするぞ!

お金がなくて理想のハウスメーカーを諦めようとしていませんか?

 

我が家は低年収です。

平均以下だと思います…。

「注文住宅なんて建てられないかも」

そう思っていました。

それなのに、とあるハウスメーカーに対して強い憧れがあったんです。

 

「話を聞くだけならタダだから」と、憧れのハウスメーカーと打合せをすることに。

そして提案された見積もり金額を見て、本当にショックだったのを今でも鮮明に覚えています。

 

「理想のハウスメーカーで、注文住宅を建てるお金は無い。」

見積もりを出してもらった翌日には、お断りの連絡を入れました。

 

それでも未練タラタラで、建てられもしないのにそのハウスメーカーの評判や費用を調べてしまう毎日…。

「お金さえあれば…なんとか安く建てられないか…。」憧れを捨てきれずにいました。

 

そんな私に、転機が訪れます。

希望のハウスメーカー・工務店から、オリジナルの間取りプランと見積もりをネットオーダーで受け取れるサービスがあることを知ったんです。

 

それが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりは、全国約900社の住宅メーカーの中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり作成」をネットオーダーすることができるサービスです。

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

きのぴー
これがネットオーダーでもらえる!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

 

 

 

そして我が家は、憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

実際の我が家

 

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーした私たちは…

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができた!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができた!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができた!

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

結果、我が家は憧れのハウスメーカーで注文住宅を建てることができました!

 

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

 

タウンライフ提携企業

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

きのぴー妻
すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

きのぴー
憧れのハウスメーカーに無料ネットオーダーしてみよう!

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

きのぴー妻
こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国約900社!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

忙しくてなかなか住宅展示場に行けない方でも、自宅でスマホからかんたんに、間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

「あの時…相見積もりを取っておけばもっと安く建てられたのかなあ…」と後悔しないように、いま行動しましょう。

 

\ 無料・3分・ネット完結 /

ネットオーダーはこちら(無料)

>>我が家はネットオーダーで建てました!

 

 

【PR】タウンライフ株式会社

-予算・費用

© 2022 チューモンズー