住宅ローン

フラット35とは?超低金利の今のうちに全期間固定金利ローンを組め!

 

こんにちは!きのぴーです。

 

今回は「フラット35」について!

耳にしたことがあるという人は多いでしょう。

しばいぬ
耳にしたことがあるだけで実はよく分かっていません!

住宅を購入した方の8割が住宅ローンを利用していると言われています。

多くの方が利用する住宅ローンですが、どういった種類があるのか、何が自分たちにとって最適な借入方式なのか、どこまでご存知ですか?

住宅ローンの借入方式にも大きく2つあり、「変動金利型」「全期間固定金利型」と分けられます。

フラット35は全期間固定金利型の代表的な商品なんです。

『フラット35』とは一体どういったものなのか、どんなメリットがあるのかをご説明致します。

 

フラット35とは??

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した、全期間固定金利型の住宅ローンです。

フラット35の35とは借入期間を表します。

借入期間の35年間金利が変わらないため、金利の上昇による返済金額の増加の心配がありません。

はむすたあ
安心感がやばいぞ!

 

民間の金融機関が独自で提供する全期間固定金利型の商品と違い、フラット35では、民間金融機関が融資した住宅ローンを住宅金融支援機構が譲り受け、そのローンを担保に債権を発行します。

投資家がこの債権を買い取ることで、長期的に資金調達ができ、借入期間中の固定した住宅ローンの提供ができるのです。

他にも、住宅金融支援機構が保険を付け、返済中の方が返済できなくなった場合に、金融機関に対して保険金を支払う保証型もあります。

フラット35のしくみ(住宅金融支援機構HPより)

 

フラット35を利用するメリット

このフラット35の利用を選択することで、どういったメリットがあるのでしょうか。

その特徴から考えます。

 

(1)借入期間中の金利が変動しない

金融機関からお金を借りるということは、必ず利息が付きます。

それは住宅ローンに限らず、マイカーローンやブライダルローンも同じです。

しかし、住宅ローンの返済期間は数十年単位で、フラット35の場合は35年間の長い期間をかけて返済します。

 

日本は35年という期間の中で、高度経済成長期やバブル期といった景気の良い時期からリーマンショックといった不景気の時代も経験しています。

金利は景気の影響を受け変動するため、借入時の金利と35年後の完済時の金利が大きく変動している可能性があります。

実際に、現在は年1.410%~年2.070% (平成30年10月現在の金利:フラット35 団信付)の金利が、高度経済成長期には8%近くの利息でした。

今の時代であれば、マイカーローンでも高すぎる金利です。

 

フラット35というのは、今後35年間に起こる金利変動のリスクを、借り入れた本人ではなく、金融機関や住宅金融支援機構が背負ってくれる商品です。

金利は毎月見直されますから、35年間、計420回の金利変動を気にすることなく過ごすことができるのです。

 

(2)保証料や繰り上げ返済の手数料が無料

住宅ローンを借りる際、意外と知られていないのが保証料や手数料の金額です。

特に保証料に関しては借入額によっては50万円以上必要となる場合もあり、借入時に準備できなければ金利に上乗せする形式を選ぶしかなく、結果的に当初の金利よりも少し高い金利で借り入れることになる場合もあります。(金融機関により規定は異なる)

 

予想外の出費!?保証料について

保証料とは、一般の金融機関から借り入れる際、万が一住宅ローンが返せなくなったら住宅ローンを肩代わりしてくれるために保証会社に払うものです。

金融機関目線で、確実にローンを回収する保険です。

支払方式は大きく2つで、一括前払い(借入時に全額支払う)か、分割後払い(借入金利に上乗せ)する方法です。

基本的には、一括前払いの方が支払う金額は抑えられます。

 

具体的な保証料を例にあげると…

平成30年10月現在(三菱UFJ銀行住宅ローン)

借入期間35年 元利均等返済 3,000万円借り入れの場合

一括前払い方式 618,300円

分割後払い方式 金利+0.2%

 

このケースでは、これから住宅ローンの支払いが始まるにも関わらず、60万円以上の出費が必要となります。

一括前払いでは手持ちの資金が一気に60万円無くなってしまい、分割後払い方式では今後ずっと支払っていく月々の返済額が上昇してしまうことに不安を覚える方も少なくないでしょう。

フラット35では保証料が不要なため、借入時の出費を大きく抑えることができます。

 

35年という期間で返済を考えていた方が、借入期間中にまとまった金額を返済することで、借入期間の短縮や毎月の支払い金額を軽減することができます。

これを繰り上げ返済と言いますが、フラット35では繰り上げ返済を行う際も手数料が無料です。

金融機関によっては、1回あたり1万円ほど必要な場合もあります。

せっかく早く返済したいと考えてまとまった金額を支払うのですから、無駄な手数料は払いたくないですね。

しばいぬ
フラット35は無料とか不要とかそんなんばっかりで嬉しいな!

 

フラット35の利用条件

質の高い住宅の普及のため、長期間を一定の金利で提供しようというのがフラット35という商品です。

そのため、利用にはいくつか条件があります。その代表的な例を3つにまとめます。

 

(1)住宅取得に必要な金額の9割が限度

仮に住宅取得に必要な資金が3,000万円だった場合、その金額の9割である2,700万円をフラット35として利用できます。

残りの1割である300万円に関しては、自己資金として現金で支払うか、併用ローンと呼ばれる1割を補填してくれるローンがあります。

しかし、フラット35の金利よりも高くなることが多いことや、300万円分に関しては金利を固定するプランを選べない場合があります。

 

(2)住宅金融支援機構の定める住宅の性能に適合していること

質の高い住宅を求められるため、検査を受け「適合証明書」という書類を発行される性能の住宅でなければ、利用する事ができません。

現在の住宅会社の技術では、ほとんどが標準で取得できることが多いため、特段気を付ける必要はありませんが、万が一のことを考えて、購入時に確認しておきましょう。

 

(3)返済期間・融資金額

15~35年 80歳完済(親子リレーを除く)

100万円以上8000万円以下

これらを超える融資は利用できません。

 

フラット35Sでさらに金利引き下げ

フラット35に適合した住宅の中でも、より性能の高い住宅には、金利を一定期間引き下げられるという制度があります。

(1)4つの条件

  • 省エネルギー性
  • 耐震性
  • バリアフリー性
  • 耐久性、可変性

(画像:住宅金融支援機構HP

フラット35sでは以上の4つの条件のいずれか1つをクリアすることで、一定期間金利の引き下げを受けることができます。

 

また、金利Aプランの性能に該当すれば当初10年間の金利が-0.25%、

金利Bプランの性能に該当すれば当初5年間の金利が-0.25%引き下げられます。

金利Aプラン条件

省エネルギー性 1.    認定低炭素住宅

2.    一次エネルギー消費量等級5の住宅

3.    性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)

耐震性 4.    耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
バリアフリー性 5.    高齢者等配慮対策等級4以上の住宅
(共同建て住宅の専用部分は等級3でも可)
耐久性・可変性 6.    長期優良住宅

金利Bプラン条件

省エネルギー性 1.    断熱等性能等級4の住宅

2.    一次エネルギー消費量等級4以上の住宅

耐震性 3.    耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上の住宅

4.    免震建築物

バリアフリー性 5.    高齢者等配慮対策等級3以上の住宅
耐久性・可変性 6.    劣化対策等級3の住宅で、かつ、維持管理対策等級2以上の住宅(共同建て住宅などについては、一定の更新対策が必要)

今では、長期優良住宅などが標準で取得できる性能の住宅会社も多く、フラット35をお考えの方は、よりメリットのあるフラット35sを利用したいですね。

 

まとめ

住宅ローンの商品の1つであるフラット35についてお話ししました。

最後に、これまで詳しくお話しした特徴と代表的な特徴もあわせてまとめると以下のようになります。

 

  • 民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した全期間固定金利の住宅ローン
  • 保証料や繰りげ返済手数料が無料
  • 利用するには上限金額や住宅性能に基準が設けられている
  • 保証人が不要で審査が通りやすい
  • 団体信用生命保険(死亡や高度障害で返済できなくなった場合の保険)は任意加入

 

何より、平成30年10月時点の金利は年1.410%~年2.070%と高度経済成長期の8%代であった時代と比較すると大きく下がっています。

金利は0%になることは考えられません。

今は「超低金利時代」とも言われており、フラット35で金利を固定することにより、比較的低い金利で35年間安心して返済できる絶好のタイミングです。

もちろん、変動金利と比較すると固定金利は金利が高くなるのが一般的ですが「超低金利時代」の今だからこそ、フラット35についてよく知り、利用するかどうかを検討してはいかがでしょうか。

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら、全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 営業マンと会う必要ナシ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の注文住宅会社の中から好きなハウスメーカー・工務店を選んで、「間取り・見積もり作成」を依頼することができるサービスです。

 

提携企業のほんの一部

 

この中に、あなたが気になる住宅会社はありますか?

すべて「タウンライフ家づくり」と提携しているハウスメーカーです。

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…

 

私が実際にもらった間取り・見積もり

 

 

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

 

あなたの憧れのあのハウスメーカーも、あなたのために0円で間取り・見積もりを作ってくれますよ。

 

\ これはスゴイ!/

わたしのレビューを読む

 

 

▼依頼はカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心ですよね。子育て世帯でも、スキマ時間に利用できちゃう!

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

もちろん、上記の他にも提携ハウスメーカー・工務店は非常に多いです。

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

 

自分だけのために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、レベルの高いハウスメーカー・工務店を見つけるにはピッタリです!

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなた要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを!

 

\ かんたん・3分・ネット完結 /

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-住宅ローン

© 2021 チューモンズー