間取りのアイデア

屋外の気持ちよさを満喫できる間取りのアイデア5選

 

こんにちは!季節の変わり目に肌着1枚だけで寝たら風邪を引きました。

 

今回は「屋外の気持ちよさを感じられる家」にするための間取りアイデアをまとめました。

東京23区のような大都市圏では1戸あたりの土地が小さく、住宅が密集しています。

そんな住宅密集地でも、青空の下で食事をしたり、デッキでひなたぼっこやプール遊びができたら素敵ですよね!

屋内と屋外の上手な空間の使い方、そんな間取りのアイデアがこの記事にはあります。

室内の延長として思い切り使える屋外空間を、手に入れましょう!

しばいぬ
犬ってやつはお外で走り回るのが大好きなんだぜ。

 

斬新な間取りアイデアを山ほど詰め込んだまとめ記事はコチラ!

アイデア!
斬新な間取りアイデア山盛り!プランニングの前に絶対読むべき記事11選

続きを見る

 

ウッドデッキとテラスで外空間を有効活用

土地には建ぺい率というものがあり、どんなに土地が広くても、その土地の中で家を建ててもよい面積は限られています。

そのため、どんな土地に家を建てたとしても、必ず敷地には空いたスペースが生じます。

この空いたスペースを「積極的に楽しむ屋外空間」としてとらえるだけで、屋外の気持ちよさを満喫する間取りにぐっと近づきます。

最近ではこの考えが浸透しつつあり、外空間を有効活用する間取りを採用するご夫婦も増えていますが、「お金をかけた割にはあまり外空間を使っていない」という声も多く聞きます。

はむすたあ
もったいないっす。

 

空いたスペースを有効に活用するためにはどうしたらよいか。

そのためには、土のあるウェットな部分を減らし、ドライな部分を増やすこと。

ドライな部分を用意してくれるのが、ウッドデッキやテラスなんです。

ウッドデッキやテラスは、屋内と屋外を上手くミックスしてくれます。

 

木は雨が降って濡れても太陽の光ですぐに乾きますし、夏場でも表面温度が厚くなりすぎません。

洗濯物を干すデッキなどにも、木を採用するのは賢い判断と言えます。

ウッドデッキやテラスは手入れもそこまで大変ではありません。

掃除は、ほうきで掃いてしまえばそれで済みます。

タイルでは経年劣化し汚れなどが目立つようになりますが、木は経年劣化しても味が出て、その深みを増します。

木にとって、時間の経過は悪いことばかりではありません。

 

ウッドデッキやテラスは日当たりの良い南側に…と考えがちですが、実はおススメしません。

直射日光がそのまま入ってくると、かえって暑くなりすぎて使いにくくなるのです。

あえて北側や東側に配置することで、直射日光が入りにくく、リラックスした屋外空間になるのです。

しばいぬ
テラスで読書、昼寝。たまにワイン。良いなあ。

 

アウトドアスペースをどの部屋に繋げるのか?

ウッドデッキやテラスのようなアウトドアスペースをどの部屋に繋げるのか。

アウトドアスペースは家族のみんなが気軽に、自然に使えるような場所にプランニングすることが大切です。

そこでおススメするのが、リビングやダイニングに繋げるプランです。

 

アウトドアスペースではお菓子や飲み物を楽しむことも多いですから、リビングやダイニングに繋げることでキッチンからの距離が短くなり、お菓子などを運ぶ距離が短くなります。

リビングやダイニングに繋げることで、リビングやダイニングが視覚的に広く感じられるという点も見逃せません。

ゲストを招いた時にもリビング+アウトドアスペースという広い空間でおもてなしができるので、リラックスして過ごしてもらえるでしょう。

リビングやダイニング以外に、子共部屋に繋げるのも魅力的です。

子供部屋から繋げると子供がすぐにアウトドアスペースに出られるようになり、子供にとっての良い遊び場になります。

アウトドアスペースは複数の部屋と繋げることでもメリットがあります。

複数の部屋と繋げることで回遊できる動線になるので、家事がしやすくなり、ママも喜びます。

しばいぬ
洗濯物を干すスペースとしても良いね。

 

屋内に屋外のようなスペースを設ける

ウッドデッキやテラスのようなアウトドアスペースはある程度の空間を必要とします。

狭小住宅では「どうしてもスペースが取れない!」なんてこともあるでしょう。

そういう場合には、屋内だけど屋外のような空間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

例えばコンサバトリーのような空間。

コンサバトリーとは?

ガラスで囲まれたガーデンルームのこと。フランス語のConserve(保存)に由来。

もともとはフルーツなどを常温保存したり、冬場に植物をとりこむための温室として利用されるコンサバトリー。

コンサバトリーは家の外壁に使われるようなタイルや石などで造られることが多いので、屋内でも屋外にいるようなおおらかな雰囲気を演出することができます。

趣味に打ち込むアトリエにしたり、大好きなインテリアを飾るオシャレスペースにするといいでしょう。

屋内の柔らかい雰囲気の壁に一部タイルや石で造られたスペースがあることで、とてもいいアクセントになります。

 

独立したコンサバトリーを造れるだけの広さがなければ、一部の壁や床に外壁のような素材を採用するのもひとつのアイデア。

一部に採用するだけでも屋外の雰囲気を感じられるようになります。

 

屋外に屋内のようなスペースを作るテクニックもある

先ほどとは逆に、「屋外に屋内のようなスペース」を作ることもできます。

屋外と屋内で最も大きな違いは、プライバシーが守られているかどうかです。

屋外で屋内のようにリラックスして過ごすためには、何よりプライバシーを守ることが大事。

特に住宅密集地では、周囲からの視線を遮るような目隠し壁を必ず採用しましょう。

あまり高すぎる壁だと圧迫感があるので、なるべく低くしつつも周囲からの目線をカットできるくらいの高さが理想です。

目隠し壁によって外から見られないようになるので、リラックスして過ごせる屋外空間を手に入れることができます。

 

そもそも目隠し壁が必要ない空間なら、頭上を覆うパーゴラやオーニングを採用してはいかがでしょうか。

何もないテラスよりも、パーゴラやオーニングのようなちょっとした屋根がある方が、室内の延長のように感じられます。

大きなアウトドアスペースを1か所に作るより、小さなアウトドアスペースを2か所につくる方がメリットが多いです。

2か所にアウトドアスペースがあると室内の風通しが良くなりますし、季節によって使い分けもできます。

片方を喫煙に、もう片方を禁煙にすれば、分煙にもなります。

片方は木製、片方はタイルというように仕上げ方を変えるのも楽しいですね。

はむすたあ
適度に囲まれた屋外空間は室内にも似た落ち着き感があるっスね。

 

眺めて楽しめる屋外空間も気持ちいい

屋外に出られなくても、屋内から眺めることで屋外の気持ちよさを満喫することができます。

おススメするのは坪庭。坪庭も立派なアウトドアスペースです。

坪庭はちょっとしたスペースがあれば十分ですので、敷地が狭くても実現しやすいです。

坪庭は塀と窓の間に植物を植えて、その空間を小窓で切り取ることで楽しみます。

特に和室やバスルームなどの落ち着いた空間との相性は抜群で、リラックスしながら美しいグリーンを堪能できます。

廊下に採用するのもおススメで、美しい坪庭を眺めながら採光を確保することができます。

坪庭では植物が主役となりますが、いくら植物が美しくても周りの風景が汚れていては良い印象を与えられません。

綺麗に手入れされた坪庭に美しい植物が合わさって、初めて良い印象を与えます。

日頃から綺麗に保つように心がけましょう。

しばいぬ
マメでなければいけませんな。

 

外の風景を美しく切り取る、窓。

窓の使い方ひとつで家はもっと魅力的になります。

関連記事
オシャレかつ機能的に窓を配置するためのたった7つのコツ

続きを見る

 

屋外空間を有効活用して気持ちのいい暮らしをしよう

屋外の気持ちよさを満喫するためには

  • ウッドデッキやテラスを採用しよう
  • アウトドアスペースはリビングや子供部屋に繋ぐ
  • 屋内に屋外のような空間を演出しよう
  • 屋外もプライバシーを確保すればもはや屋内
  • 屋外に用意した美しい風景を眺める

自分の家にいながら、アウトドア気分を楽しむことができたら気持ちいいですよね。

今回はそんな願いをかなえるためのアイデア提案でした。

特に住宅密集地で使いたくなるテクニックが多かったですね。

是非、あなたの注文住宅に役立ててください。

 

斬新な間取りアイデアを山ほど詰め込んだまとめ記事はコチラ!

アイデア!
斬新な間取りアイデア山盛り!プランニングの前に絶対読むべき記事11選

続きを見る

ハウスメーカー・工務店がイマイチ決まらないあなたへ

 

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

 

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業される割に、大した収穫もなく土日が潰れるから。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、予算オーバーになるから。
  3. 営業マンのトークに乗せられ、マイペースに検討できなくなるから。

 

いきなり行っても大した収穫が無いのが住宅展示場。

そこまで興味が無い会社からものすごい勢いで営業をかけられても、疲れてしまいますよね…。

 

令和の時代、なんでも便利になりました。

自宅にいながら全国のハウスメーカー・工務店から「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せることができることをご存知ですか?

 

家づくりの第1歩、「タウンライフ家づくり」を使ってみましょう!

\ 便利すぎてビックリ!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

タウンライフ家づくりを使えば、あなたが気になるハウスメーカー・工務店が作成する「あなたオリジナルの間取りプラン・見積もり」がお手もとに届きます!無料で利用できます。

 

\カンタン2STEPで完了!/

 

たったこれだけ!

0円で間取り・見積もりを作成してくれるサイトはタウンライフ家づくりだけです。

 

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

 

★提携社数は全国600社以上!

有名なハウスメーカーは、ほぼすべて提携しています。

ローコストメーカー・工務店もたくさん!

 

★利用満足度1位!

毎月5,000人以上が利用する定番の大手サイトなので、安心です。

 

★土地探しからサポート!

利用される方の約7割が「土地なし」です。

 

\さあ家づくりを始めよう/

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

私は、タウンライフ家づくりで出会った素敵なハウスメーカーと契約しました!

 

★届いた間取りの一例

\ これはスゴイ!/

わたしの体験談を読む

 

自分のために作ってくれた各社の間取りプランを見比べるだけでも、すごく楽しいんです!

見積もりでは、月々の返済額などもイメージできました。

 

安さだけでなく、間取りの提案力や誠実な対応なども比較できるので、信頼できるローコストメーカーを見つけるにはピッタリです!

直接会社に足を運ぶのは、その後でも良いでしょう。

 

★よくある質問

 

わざわざ住宅会社へ足を運ばなくても、自宅でスマホからかんたんに間取りプランも見積もりも取り寄せられる時代になりました。忙しい子育て家庭にもピッタリです。

 

あなたの憧れのハウスメーカーが、あなたの要望を詰め込んだ、あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もりを作ってくれます。すごいですよね!

 

無料で利用できるものは利用して、賢く素敵な注文住宅ライフを。

 

\さあ、今すぐ家づくりを始めよう!/

無料で間取り・見積もりをGET

 

 

-間取りのアイデア

© 2020 チューモンズー