予算・費用

注文住宅に関する補助金・給付金制度まとめ【2018年度最新版】

更新日:

 

こんにちは!暑くて寝苦しい夏の夜はクーラーをつけっぱなしにしてしまいます…。

 

今回は注文住宅に関する「補助金」や「給付金」についてまとめてみました!

補助金や給付金の制度を知っていたら大きなお金をもらうことができたのに、知らなかったから1円ももらえなかった。

なーーんてアホらしいですよね!ホント知らなきゃ損!もらえるものは全てもらって1円でもお得に注文住宅を建てましょう!

 

ですが、もちろん何の条件もなしに補助金や給付金がもらえるということはありません。

これから色々な補助金制度をご紹介していきますが、それら全ての制度にもらうための条件が存在します。

ひとつひとつ整理してあなたが受け取ることのできる補助金や給付金を確認しましょう!

 

はむすたあ
チューモンズーにある記事の中でおそらく最も「知らなきゃ損」な記事っスね。
しばいぬ
読んでて良かったチューモンズー!

 

①すまい給付金

 

最も有名なのがこの「すまい給付金」!

年収が少ない人ほど多くの給付金をもらうことができる制度です!なんて優しい制度なんだ!

消費税が5%から8%に引き上げられた際に誕生した制度で、消費税による住宅購入者の負担を減らしてくれます。

 

すまい給付金をもらえる人の条件は以下の3点。

▶ 年収が510万円以下であること

▶ 購入した住宅の床面積が50㎡以上であること

▶ 第三者機関の検査を受けた住宅であること(住宅瑕疵担保責任保険に加入、住宅性能表示を利用する 等…)

 

これらの条件を満たしたら、あとは申請するだけで最大30万円の給付金を受け取ることができます!

給付金額(消費税8%の場合)

収入額の目安425万円以下425万円超475万円以下475万円超510万円以下
給付基礎額30万円20万円10万円

 

絶対に忘れないよう、引き渡し直後すぐに申請するのが安心ですが、引き渡しから1年3ヶ月以内なら申請が間に合います。

申請は「すまい給付金事務局」におこない、申請後は1ヶ月半~2ヶ月ほどで給付金を受け取ることができるぞ!

ちなみに注文住宅ではなく中古戸建てもマンションも給付対象になりますので、注文住宅で建てずに戸建て購入した人でも知っているだけでオトク!知らなきゃ数十万円の大損!

そして、このあとに解説する「住宅ローン減税」と併用することもできます!

 

2019年の10月には消費税が現在の8%から10%へ引き上げられる予定となっていますが、

消費税が増税になれば、すまい給付金でもらえる金額も増加します。

増税前に焦って契約して失敗しないでください!増税後には給付金額も上がるんですもの!落ち着いてゆっくりじっくり検討してね!

 

しばいぬ
年収が少ない人にほど優しいってのがCOOLだよなぁ。

 

②住宅ローン減税(住宅ローン控除)

 

こちらも有名!住宅ローン減税!住宅ローン控除と言われることもあります。

住宅ローンを借りてから10年間、年末の住宅ローン残高の1%が所得税から控除され、確定申告をおこなうことによって戻ってくるという制度です。その額なんと10年間で最大400万円

補助金や給付金という表現とは少し違いますが、この制度は絶対に知っておいてもらいたかったのでズバッと紹介。

会社員などは給与からあらかじめ所得税が引かれているので、払い過ぎた所得税が確定申告をすることによって還付されます。

ちなみに、所得税で控除しきれない分は一部住民税からも控除されます。

💡住民税からの控除
所得税額では控除しきれない場合、住民税からも控除されます。ただし、所得税の課税対象額の7%または13万6500円のうち小さいほうの額が控除額の上限となります。

 

1年間で最大40万円もの大金が確定申告をすることによって戻ってきますが、住宅購入から10年間の住宅ローン年末残高が毎年4,000万円以上なければ毎年40万円ももらえません。

あくまで年間40万円は最大額。年末残高が3,000万円なら30万円が上限額、2,000万円なら20万円が上限額です。とはいえデカい。この控除はデカすぎる。

 

はむすたあ
住宅ローンでたくさんお金を借りた人ほどありがたい制度っスね!

 

ここで例題。

例えば、年収500万円(うち所得税の課税対象額が250万円)、年末のローン残高が3,000万円、所得税額が10万円、住民税額が15万円のAさんがいたとしましょう。

Aさん
こんにちは。
年収500万円
所得税の課税対象額250万円
年末のローン残高3,000万円
所得税額10万円
住民税額20万円

 

Aさんの年末ローン残高は3,000万円なので、最大控除額は30万円(3,000万円の1%が控除額の上限であるため)。

所得税額が10万円、30万円の控除上限額を下回っているので10万円全額が控除されます。

しかし、このままでは30万円の控除上限額に対して10万円しか控除されておらず、20万円が控除しきれていません。

控除しきれていないため、住民税から控除されます。

所得税の課税対象額の7%である17万5000円(250万円の7%)が控除の対象額ですが、所得税の課税対象額の7%または13万6500円のうち小さいほうの額が控除額の上限となるので、この場合は13万6500円が控除されます。

よってAさんの場合、10万円+13万6500円で計23万6500円が確定申告をすることで還付されました!

Aさん
知ってて良かった住宅ローン減税!HAPPY!

 

すまい給付金制度と併用すれば、数十万円もの大金を得ることができます!海外旅行くらいならスッと行けちゃいます!

知っている人と知らない人でこんなにも差が出てしまうなんて恐ろしいですよね…。

関連記事
住宅ローン減税とは?どこでどんな手続きが必要なの?

  こんにちは!きのぴーです。   「できるだけおトクに家を建てたい」と考えている方の多くは、住宅ローン減税の利用を検討していることでしょう。 新築の住まいに住み始めるために必要な ...

続きを見る

 

③地域型住宅グリーン化事業補助金

 

平成26年度から始まった比較的新しい補助金制度です。名前が長いです。

環境への負荷を軽減するため、省エネルギー性の高い木造住宅を建てた人に給付される補助金事業です。

 

以下の4つのうち、いずれかに該当すれば補助金を受け取ることができます。(以下平成30年度の補助金額)

▶ 長寿命型(長期優良住宅) → 110万円/戸(上限額)

▶ 高度省エネ型(認定低炭素住宅及び性能向上計画認定住宅) → 110万円/戸(上限額)

▶ 高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅) → 140万円/戸(上限額)

▶ 優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物) → 1万円/㎡(上限額)

 

さらに、柱や梁などの主要構造体の過半数に地域材を用いると20万円を、キッチン・浴室・トイレ又は玄関のうち、いずれか2つ以上を住宅内に複数箇所設置する場合30万円を上限に、予算の範囲内で補助金が加算される!

❔地域材とは
その土地で育った木を加工した木材のこと。地域材を活用することで地元の林業が潤い、経済が活性化します。運搬コストがほとんどかからないため、CO2などの排気ガスを抑えることができ、地球温暖化の防止や省エネにも繋がります。

 

④ZEH補助金

 

これも比較的新しい制度です。

ZEHとはゼロエネルギーハウス(Zero Enery House)のこと。究極の省エネ住宅です。

家庭で使うエネルギー以上のエネルギーを家庭で創り出すことによって、エネルギー消費をゼロ以下にする住宅のことです。

 

しばいぬ
ちょっと何言ってるのか分からないです。

という方は過去に僕が書いたZEHについての記事も良かったらどうぞ!ZEHが分かるようになります。

関連記事
ZEHとは?笑っちゃうくらい分かりやすく解説!

  こんにちは!最近のマイブームはブラックコーヒーです!記事の内容とは一切関係ありません! 「ZEH」とは何でしょうか…?見慣れないアルファベット3文字に戸惑いを隠せません。   ...

続きを見る

関連記事
ZEH補助金の条件を満たして最大100万円もらうためのガイド

  こんにちは!書きたい記事が泉のように溢れてきて困っています。 今ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)が熱い!みーーーんなZEHに興味津々! お隣さんも、お向かいさんも、はす向かいさんも、気 ...

続きを見る

 

ZEHの基準を満たす住宅を建てることによって最大100万円の補助金を受け取ることができます!

ZEH基準の家はこんな人におススメ↓

▶ 毎月の光熱費を少しでも抑えたい人

▶ 夏涼しく冬暖かい家に住みたい人

▶ 停電などの災害に強い家に住みたい人

 

国は2020年までに標準的な新築住宅でZEHの実現を目指しています。

ZEHの推進は国を挙げておこなっているんですね。

ZEH補助金の制度はいつなくなってもおかしくないと言われているので、住宅性能の良い家が好きな人は早めにZEHを検討しよう!

 

はむすたあ
ZEHなら寒がりさんも暑がりさんも仲良く一緒に住めるっス(きっと)。

 

⑤各市区町村ごとの補助・助成金制度

 

市区町村によっては、新築住宅の取得をおこなう際に補助金・助成金が出る地域もあります。

 

しばいぬ
そんなに多くはないけどね。トホホ。

 

あなたが住む市区町村は?住みたい市区町村は?補助金が出るのでしょうか。

調べるときにはものすごく便利なサイトがあるので紹介します。【goo住宅・不動産】です!

全国すべての市区町村に関する様々なデータが一覧でバァーーっと並んでいます。

あなたの住みたい街に関する情報も一瞬でサッと集まることでしょう!

 

仮にあなたが住みたい街が補助金を出してくれる市区町村だったとしても、条件をクリアしなければ補助金をもらうことは出来ません。

地元の工務店に依頼しなければいけないとか、あなたがその市区町村に住んでいる人でなければいけないとか、細かな条件を挙げればキリがありませんが、サラサラと見てみると中々厳しい条件が並んでいたりします…。

 

補助金をもらえる条件を満たしているにも関わらず、知らなかったために補助金をもらい損ねたなんていうことが無いよう、情報収集はしっかりと!情報は金なり!

 

まとめ

 

マイホーム取得を応援してくれる制度って結構あるものなんですね!

すまい給付金や住宅ローン減税は誰にでも当てはまりやすので、特に忘れずに覚えておきましょう!

この記事を読んだことで数十万円分損をせずに済んだと思ってもらえたら最高です。

 

素敵な注文住宅を建ててくださいね~~!絶対ですよ~~!それもオトクにね~~!

はむすたあ
絶対っスよ~~~~~!

知っていました?毎月5,000人以上が利用する「新・賢い選択」

注文住宅業界歴6年の私からハッキリ言わせてもらうと、

「住宅展示場には行かない方が良いです。」

理由は3つあります。

 

  1. ガンガン営業をかけられる割に、大した収穫が無いから。
  2. せっかくの休日が潰れてしまい、もったいないから。
  3. 今の便利な時代、「住宅展示場に行く必要がなくなった」から。

 

「住宅展示場に行く必要がなくなってしまった」のは、毎月5,000人以上が利用している、こんな最先端のサービスが無料で提供されているからなんです。「タウンライフ家づくり」というサービスです。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

いまはなんでもネットで手に入る時代になりました。

希望する住宅会社の「間取りプラン」と「見積もり」くらい無料一括請求でパパッと手に入る時代になっているのです。

わざわざ住宅展示場に行く必要なんて無いですよね。

新しい時代の賢い選択、それが「タウンライフ家づくり」です。

 

実際に私は希望する住宅会社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

無料で届いたモノたち

賃貸物件の間取りを見るのってすっごく面白いじゃないですか。

あれと同じで自分のために作成してくれた間取りプランを複数比較するのはとっても楽しいですよ!

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する住宅会社に一括で間取りプラン&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「タウンライフ家づくり」の評判は口コミで広がり続けていて、

「利用満足度」「知人に薦めたいサイト」「使いやすさ」で、No.1に輝いています!

「タウンライフ家づくり」は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスなんです!

 

利用する前は「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

  • この記事を書いた人
きのぴー

きのぴー

注文住宅にかかわる仕事に就いて7年。わたしは思います。「注文住宅に関するアレコレは難しく書きすぎ…もっとわかりやすく説明できるでしょうが!」と!当サイト「チューモンズー」は、注文住宅に関するあらゆることを動物たちと一緒に楽しく学べるお役立ち情報サイトです。記事の中にはかわいい動物たちがたくさん登場していて、分かりやすく楽しく読んでいただけます!ゆっくりしていってくださいね♪

-予算・費用

Copyright© チューモンズー , 2019 All Rights Reserved.