予算・費用

注文住宅の平均総費用は3,312万円!頭金はいくら必要?

更新日:

 

注文住宅はどれくらいのお金があれば実現するのでしょうか。

注文住宅を建てた人たちは実際にいくらくらいのお金を使ったのでしょうか。

気になりますよね~。「平均費用」とか「相場」を知ると目安にすることが出来ますよね。

 

しばいぬ
「みんなそれくらいならワタシもそうしよう~」的な?
はむすたあ
あ~~~安心する感じは分かるっス。

 

今回はそんな疑問や不安を解消すべく、過去の実績やデータを見ながら、注文住宅の総費用について、また準備する頭金についてお話しをしたいと思います。

この記事を最後まで読んでいただければ、都道府県別の注文住宅における平均総費用や、具体的に準備するべき頭金の金額が分かります。

もしあなたが東京で注文住宅を検討しているなら、コチラの記事が参考になるはずです。

関連記事
注文住宅を東京で建てるときの費用は?相場を教えて!

  こんにちは! 「東京で一戸建てに住んでいる人は全員勝ち組だ…!」って僕の友人が声を大にして言っていました。   しばいぬ あ~あ。東京都民に飼われてえなあ~チクショー。 &nb ...

続きを見る

 

出来る限り分かりやすく、簡潔にまとめておりますので、ぜひ勉強していってください!

 

みんなは注文住宅にどれくらいお金をかけているの?

何だか色々な費用がかかる「注文住宅」。

「土地代」「本体工事費」「別途工事費」「設計料」「諸費用」etc…

…それで「結局いくら用意すればいいの!?」って感じですよね。

関連記事
注文住宅で失敗しないために知っておきたい4つの費用とは?

  こんにちは! 今回は「注文住宅の総費用」についてお話ししたいと思います。 あなたはしっかりと「家づくりで必要な費用の全て」を把握していますか? 少しでも不安がある人はぜひ最後まで読んでく ...

続きを見る

 

先に答えを言います。「2016年の平均建設総費用は3,312万円」でした。

正直思っていたより高いと感じる方が多いのではないでしょうか。

あ、もちろん土地代は含まれていませんからね!

 

しばいぬ
そんなにお金あるならさ~~もうちょっと上質なドッグフードにしてよォ~~。

 

ですがこの金額はあくまで全国平均…。首都圏はもっと高いですよ。

逆に首都圏から離れた地域ならもっとお安く実現できるかもしれません。

今回は2016年度版「都道府県別の平均建設総費用」をランキング形式で見ていきます!

 

2016年都道府県別平均総費用ランキング

では早速見ていきましょう。

2016年 都道府県別 平均建設総費用 ランキング

ランキング都道府県平均総費用(万円)
1東京都3,934
2神奈川県3,664
3大阪府3,601
4愛知県3,499
5静岡県3,462
6滋賀県3,443
7埼玉県3,434
8奈良県3,423
9京都府3,394
10兵庫県3,336
11沖縄県3,334
12山形県3,332
13福島県3,279
14広島県3,271
15和歌山県3,265
16福岡県3,262
17福井県3,260
18千葉県3,254
19岐阜県3,228
20山口県3,221
21三重県3,202
22茨城県3,185
23岡山県3,169
24長野県3,163
25宮城県3,151
26佐賀県3,148
27香川県3,133
28新潟県3,131
29富山県3,126
30石川県3,120
31北海道3,119
32栃木県3,112
33長崎県3,099
34山梨県3,087
35大分県3,059
36岩手県3,048
37徳島県3,017
38熊本県3,005
39群馬県2,982
40鳥取県2,972
41高知県2,910
42秋田県2,848
43青森県2,836
44愛媛県2,759
45鹿児島県2,674
46宮崎県2,632
47島根県2,514

※フラット35利用者調査より

 

という感じで、平均3,312万円です。

やはり注文住宅は魅力的な分、決して安くないですね。

 

あくまで参考程度にとどめておきましょう

建設費用は様々な要因によって左右されます。

軟弱な地盤に家を建てる場合には、地盤の補強工事が必要になりますし、防火地域に家を建てる場合には、定められた防火基準を満たさなければなりません。

例えば東京23区の中でも法令が厳しい区もあれば、そこまで厳しくない区もあります。

厳しい基準を課せられている区や地域では、その基準を満たすだけのスペックの家を建てる必要があるため、その分お金がかかるのです。

そもそも、こだわりをいっぱい詰め込めば詰め込むほど、細かな注文を付けるほど高くなります。

▼地盤補強の費用について

関連記事
地盤調査&地盤改良工事の費用についてサルでも分かるようにまとめた

  こんにちは!横断歩道は白い部分だけを踏んで渡ると良いことがあるみたいです。   今回は、地盤調査&地盤改良工事に関する費用について書きました。   地盤調査って?地盤 ...

続きを見る

▼土地の法規制について

関連記事
土地の法規制を理解していないと家づくり失敗しちゃうよ!ホント!

  こんにちは!コンビニ弁当なら断然セブンイレブンですよね。   さて今回は「土地の法規制や法律について」まとめています。 どんな土地にでも家を建てられると思っていませんか?家を建 ...

続きを見る

 

このように、建てる地域やその工法、間取りプランによっても総費用は増減しますので、あくまで上記の金額は参考程度にとどめておきましょう。

「とある会社から見積りをとったら平均総費用を超えていたので、この会社は比較的高い会社だ。」という判断は時期尚早です。

「なぜこの見積り金額になったのか」をしっかりと質問しながら確認し、納得しながら進めましょう。

 

はむすたあ
結局は「どこで建てるのか」よりも「どんな家を建てるのか」で総額は決まるっス。

 

結局自己資金(頭金)はいくら必要なの?

平均総費用はランキング表を見て分かりましたね!

僕の実家は神奈川県なのですが、平均総費用は表を見ると3,664万円。

ここにさらに土地代が乗っかってくると考えると、大金を払って家を持ってくれた両親のおかげで僕は健やかに育ったのだなあ…やっぱり両親は偉大です…。

 

はむすたあ
アーメン。

 

そんなこんなで全国平均総費用は3,312万円でしたが、実際に用意するべき自己資金はいくらくらいなのでしょうか?

最近では「自己資金0円」で注文住宅を建てる人がいるそうです。

費用を全て銀行から住宅ローンで借りて、そのお金で注文住宅を取得する。

「そんなことが出来るの?」と初めて聞いたとき僕はとても驚きました。

 

これは「可能」です。ですが、住宅ローンには審査がありますので、その厳しい審査を通過出来ればという条件付きで、自己資金0円の注文住宅取得は可能です。

 

しかし、その後は結局毎月住宅ローンの支払いが始まりますのでその備えと、その他、住宅会社との契約の最中にお金の支払いが発生するケースもありますので、自己資金0円での住宅取得は少し無理をしている感が否めません。

関連記事
住宅ローンを分かりやすくやさしく解説します!

  こんにちは! 今回は「住宅ローンの基礎知識」についてです。 住宅ローンに関する様々な疑問に関して、色々とインターネットで検索してみたあなた。 何だか難しい言葉が多かったり、イマイチ分かり ...

続きを見る

 

総費用の2~3割は自己資金で

最低でも総費用の2〜3割は自己資金を準備しておいた方が良いと言われています。

2016年の平均総費用は3,312万円でしたので、その2~3割だと662万~993万円です。

 

でも実際にこれだけの金額貯金できている人ってなかなかいないのではないでしょうか?

子供の養育費や毎月の保険料、食費、光熱費など。

子育てをしながら貯金をするのって本当に大変ですよね。

 

しばいぬ
犬飼ってたらさらに大変だよね?

 

頭金が多いとどんなメリットがあるの?

ですが、自己資金を用意することのメリットは非常に大きいのです。

自己資金(頭金)が多いほど借入額と利息が減り、総支払額を減らすことができます。

銀行からお金を借りる金額が大きくなればなるほど、利息ももちろん大きくなるため、借入額は少ない方が良いに決まっています。

 

また、建築費用の100%を融資してくれる(貸してくれる)住宅ローンの場合でも、総費用の90%を超える借入の場合は、審査のハードルが上がることもあります。

審査に通らなければ、もちろんお金を貸してもらうことは出来ず、住宅取得の計画はそこでストップしてしまいます。

 

頭金が少ない場合は?

「正直そんなに自己資金は無い!でも注文住宅を諦めたくない!」

この場合はどうするか…。シンプルです。ご両親に資金援助をお願いするのです。

 

住宅購入の際には、両親から資金援助を受けている方が実際に多いのです。

それは何故か?キーワードは「贈与税」です。

贈与税とは個人から財産をもらった時にかかる税金のことです。

親子間であっても、1年間で110万円以上の贈与があった場合、贈与税がかかります。

 

しかし、住宅取得資金を贈与する場合には、なんと110万円を超えても贈与税が発生しないのです!「住宅を取得する」という建前が重要なのです。

一般住宅は700万円まで。省エネ性、耐震性、バリアフリー性のいずれかを満たす住宅なら1,200万円までなら非課税なのです。

だから、ご両親からの資金援助を受ける人が多いんですね。

 

ちなみにこの贈与税、実は結構なお金を持っていかれます。

例えば1,000万円を贈与されると、もらった人は231万円もの課税義務が生じます。

せっかくの資金援助を有効に活用するためにも、

贈与税が非課税になるこの制度は忘れずに利用したいですよね。

 

しばいぬ
お金ください!!ご主人様!!!

 

注文住宅の大体の総費用と、必要な自己資金額(頭金)が分かりましたね。

お金が関わることなので、じっくりと計画を進めましょう。

理想の注文住宅を1円でも安く建てる方法

家づくりって難しいし、すっごく大変ですよね…!

でも一度きりで人生最大の買い物…妥協しない理想のマイホームを建てたい!

そう思いませんか?

 

理想の注文住宅を1円でも安く建てるために絶対に外せない重要なポイントが2つあります。

  • 出来るだけたくさんの間取りプランを見て素敵な間取りアイデアを盗むこと。
  • 必ず複数の住宅会社の見積もりを比較して、1円でも安い費用を追求すること。

何から始めれば良いのか分からず、家づくりに行き詰まった私が利用したのは
「タウンライフ家づくり」でした。

「タウンライフ家づくり」ってなに?

あなたの希望する複数のハウスメーカー・工務店から、あなたオリジナルの「間取りプラン&見積り」を無料で送ってもらうことができるサービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用することで…

  • あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!
  • 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!
  • 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる!(土地を持っていない場合)
  • 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる!

 

実際に私は複数社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。

こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。

 

しばいぬ
こんな素敵な間取りアイデアが!知らなかった!

はむすたあ
似たようなプランなのにハウスメーカーが違うだけで約400万円も差が出るの!?

 

などなど…たくさんの気付きがあったし、家づくりが一気に進みました。

そして利用していなければ、数百万円近く損していたかもしれませんでした。

 

全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する会社に一括で間取り&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。

 

「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

 

私の体験談を読む

 

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

 

たった3分!無料で間取り&見積りを送ってもらう

 

  • この記事を書いた人
きのぴー

きのぴー

注文住宅にかかわる仕事に就いて7年。わたしは思います。「注文住宅に関するアレコレは難しく書きすぎ…もっとわかりやすく説明できるでしょうが!」と!当サイト「チューモンズー」は、注文住宅に関するあらゆることを動物たちと一緒に楽しく学べるお役立ち情報サイトです。記事の中にはかわいい動物たちがたくさん登場していて、分かりやすく楽しく読んでいただけます!ゆっくりしていってくださいね♪

-予算・費用

Copyright© チューモンズー , 2019 All Rights Reserved.